ニュース
» 2016年02月18日 23時41分 公開

国民食カレー! ですが、ルーをかける位置は右? 左? 人によって千差万別な「カレーライス」という存在

決まってるの!?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

画像 一応お断りしておきますが、ルーの位置は好みの問題なので、正解はありません

 ときどき、無性に食べたくなるカレーライス。みなさんにとって学校の給食では不動の人気メニューとして君臨し、家では母の味としてどこかなつかしく落ち着く一品といえるのではないでしょうか。みなさんはそんなカレーライスのルーの位置、右にしていますか? 左にしていますか? 今回は「とくに決まっていないけれど言われてみればそうだな」「なんとなく知っているけれどきちんとは知らない」などといったあまり知られていないカレーライスのちょっとした情報をご紹介します。



カレーライスのルーは右にかける? それとも左?

 「どっちでもいい」と言われてしまえばそれまでなのですが、カレーライスを盛り付けるとき、ルーの位置は右か左か、はたまた手前か奥かで意見がわかれたこと、ありませんか?

 2015年全国の1107人を対象に「カレーを食べるとき、ルーはどっち側に向ける?※」というテーマでアンケートをとりました(※Jタウンネット編集部調べ)。

  • 右 → 45.0%
  • 左 → 37.6%
  • 手前 → 8.4%
  • 奥 → 4.2%
  • 混ぜる→ 2.2%
  • 不定 → 2.6%

 6つの選択肢からひとつを選ぶというものですが、半数の方がルーを右側に、ライスを左側に置くという結果になりました。

結果の偏りが見られたのは、4県のみ。このことから「地域によってカレールーのかけ方が違う」とは言い切れないようです。個人的には不定の2.6%という少なさに驚いています。やはりみなさんルーの位置にはこだわりがあるのですね。

 また、筆者の周囲では「ルーとライスのすくいやすさから右」といった理由や、「利き手が右手でルーが右側にあると裾が汚れるから左」、「スープを飲むとき手前から奥にすくう要領でカレーを食べるから奥」といった理由、「左右や奥手前関係なく、ライスの上全体にかかっていないといやだ」といった意見もみられました。



カレーライスとライスカレーの違い

画像 カレーライス? ライスカレー?

 ところで、カレーライスとライスカレーの違いをご存知ですか? 実はこの2つにこれといって違いはなく、どちらの呼び方が正しいとは決められていません。

 日本にカレーが上陸したころは「カレーライス」ではなく「ライスカレー」と呼ばれており、庶民的なものとして親しまれていました。やがて高度経済成長期を迎え、一般家庭の食卓に並ぶ料理が豊かになり、それにしたがってカレー料理も庶民的なものから、より本格的なものへと進化。そんな食の変化が背景にあり、1964年東京オリンピック開催の前あたりに呼び名が「ライスカレー」から「カレーライス」へと変貌をとげていったのです。

 当時のカレーライスは、ライスとは別の容器にカレールーがはいっており、ハイカラなイメージを持たれていたといわれています。



“ドライカレー”といわれて思い浮かぶ状態は、どんなもの?

 さて、ここまでご紹介してきたのはスープ状のカレーライスでしたが、カレーの種類もいろいろあります。そのひとつとして挙げられるのが、ドライカレーです。みなさんはドライカレーと聞いてどのような状態を思い浮かべますか?

 ひき肉とタマネギなど野菜のみじん切りを汁気のないカレールーで炒め、さらに煮詰めてライスの上にのせたミートソース状のものと、ライス自体にカレーの味がついているピラフ状のもの、2通りに分かれるかと思います。どちらも正真正銘のドライカレーで、ミートソース状のものをウェットタイプ、ピラフ状のものをそのままピラフタイプと呼んでいます。

 呼び名は同じですが見た目も味もまったく違うもの。ドライカレーに関してはウェットタイプをパスタにかけてもいいですし、ピラフタイプをドリアにしても◎! 料理のバリエーションも広がります。

 ──カレーライスと一口にいっても人によってさまざまなこだわりがあり、カレーライス自体にもいろいろな種類があります。今日のごはんは、子どもも大人も大好きなカレーライスはいかがでしょうか。



関連リンク



関連キーワード

カレー | 日本気象協会 | 料理 | トリビア | 天気


Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」