ニュース
» 2016年05月16日 07時30分 公開

壊れたおもちゃに“移植手術” 親子で臓器移植を考える「Second Life Toys」キャンペーン

思い出のおもちゃが、ドナーの力でよみがえる。

[Kikka,ねとらぼ]

 移植医療の啓発を行うグリーンリボンキャンペーン事務局が、壊れてしまったおもちゃにドナーとなるおもちゃを“移植”して救う「Second Life Toys〜おもちゃの移植手術〜」プロジェクトを実施しています。


おもちゃの移植プロジェクト 「Second Life Toys〜おもちゃの移植手術〜」プロジェクト

 同プロジェクトはおもちゃの“移植手術”を通じて、親子で臓器移植について考える機会をもつきっかけを、との目的で始まりました。現在、特設サイトで「壊れてしまったけれど、また一緒に遊びたいおもちゃ(移植希望のおもちゃ)」と「新たな命を吹き込むお手伝いをするおもちゃ(ドナーとなるおもちゃ)」を募集しています。


おもちゃの移植プロジェクト 脚が取れてしまったキリンのぬいぐるみも復活!

おもちゃの移植プロジェクト トサカが無くなったニワトリもカエルのおかげで“よみガエル”!

 これまでに、トサカがなくなったニワトリのぬいぐるみに、カエルのぬいぐるみの手を移植するなど幾つもの移植手術が行われています。

 キャンペーンに参加するには、おもちゃの写真を撮影してから郵送するだけです。移植手術が完了後に、修復を希望した人にはおもちゃが返却されます(ドナー側のおもちゃは返却されません)。


おもちゃの移植プロジェクト お礼の手紙も届く

おもちゃの移植プロジェクト キリンが元気に帰ってきてうれしそう

 ドナーとなったおもちゃを提供してくれた人には後日、おもちゃ修復してもらった人から写真付きの感謝の手紙が郵送されるので、ドナーとなった喜びを感じることができそうです。

 臓器移植法成立から今年で19年が立ちましたが、実際に移植手術を受けることができるのは希望者の2パーセント。Second Life Toysは1人でも多くの人が臓器移植についての理解を深めることを目指しています。

Second Life Toys のコンセプト動画

(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響