ニュース
» 2016年05月16日 07時30分 公開

壊れたおもちゃに“移植手術” 親子で臓器移植を考える「Second Life Toys」キャンペーン

思い出のおもちゃが、ドナーの力でよみがえる。

[Kikka,ねとらぼ]

 移植医療の啓発を行うグリーンリボンキャンペーン事務局が、壊れてしまったおもちゃにドナーとなるおもちゃを“移植”して救う「Second Life Toys〜おもちゃの移植手術〜」プロジェクトを実施しています。


おもちゃの移植プロジェクト 「Second Life Toys〜おもちゃの移植手術〜」プロジェクト

 同プロジェクトはおもちゃの“移植手術”を通じて、親子で臓器移植について考える機会をもつきっかけを、との目的で始まりました。現在、特設サイトで「壊れてしまったけれど、また一緒に遊びたいおもちゃ(移植希望のおもちゃ)」と「新たな命を吹き込むお手伝いをするおもちゃ(ドナーとなるおもちゃ)」を募集しています。


おもちゃの移植プロジェクト 脚が取れてしまったキリンのぬいぐるみも復活!

おもちゃの移植プロジェクト トサカが無くなったニワトリもカエルのおかげで“よみガエル”!

 これまでに、トサカがなくなったニワトリのぬいぐるみに、カエルのぬいぐるみの手を移植するなど幾つもの移植手術が行われています。

 キャンペーンに参加するには、おもちゃの写真を撮影してから郵送するだけです。移植手術が完了後に、修復を希望した人にはおもちゃが返却されます(ドナー側のおもちゃは返却されません)。


おもちゃの移植プロジェクト お礼の手紙も届く

おもちゃの移植プロジェクト キリンが元気に帰ってきてうれしそう

 ドナーとなったおもちゃを提供してくれた人には後日、おもちゃ修復してもらった人から写真付きの感謝の手紙が郵送されるので、ドナーとなった喜びを感じることができそうです。

 臓器移植法成立から今年で19年が立ちましたが、実際に移植手術を受けることができるのは希望者の2パーセント。Second Life Toysは1人でも多くの人が臓器移植についての理解を深めることを目指しています。

Second Life Toys のコンセプト動画

(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10