ニュース
» 2016年05月28日 11時00分 公開

人と宇宙の不思議な関係を暴き出す 今夏六本木で開催される「宇宙と芸術展」の見どころはここだ!

みんな〜! 宇宙の時間だよ〜!

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 今年7月30日(土)から来年1月9日(月・祝)にかけて森美術館(東京・六本木)で行われる企画展「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」より、展示の見どころが発表されました。


森美術館宇宙と芸術展 チームラボ|《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》|2016年|インタラクティブ・デジタル・インスタレーション|4分20秒(ループ)|サウンド:高橋英明

 ジャンルを超えたおよそ200点の展示品が「人は宇宙をどう見てきたか?」「宇宙という時空間」「新しい生命観ー宇宙人はいるのか?」「宇宙飛行と人間の未来」の4セクションに分けて公開されます。

 今回目玉の1つとして注目されるのが、国内外の現代アーティストによる体感型インスタレーション作品です。テクノロジーとアートの境界を探るチームラボによるこの展覧会のための新規作品「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく-Light in Space」は、宇宙を自由に飛びかう光のカラスたちによってほとばしる太陽エネルギーを具現化したもの。観客は光の中へ実際に入っていくことができます。

 また、セミコンダクター「ブリリアント・ノイズ」は、3つの巨大スクリーンに映し出された熱核融合する太陽に合わせ、太陽光の強度を表現した音が変動するという迫力の作品。最先端の現代美術に生で触れあえる、すてきな機会になりそうです。


森美術館宇宙と芸術展 セミコンダクター|《ブリリアント・ノイズ》|2006年|マルチチャンネル・ビデオ・インスタレーション|10分(ループ)

 第1セクション「人は宇宙をどう見てきたか?」では、大きな絹に描かれた室町時代の曼荼羅をはじめとして、歴史の中で宇宙がどのように認識されていたかを物語る史料が一堂に会します。江戸時代に作られた「竹取物語絵巻」など、中には普段はお目にかかれない貴重なものも。

 明治時代に富山県に流れ落ちた隕石から作られたという日本刀「流星刀」など、人間が宇宙に抱き続けてきた関心をしのばせる展示物は必見です。


森美術館宇宙と芸術展 《両界曼荼羅》|鎌倉時代(14世紀)|双幅、絹本着色|各235.5×197.2センチ|所蔵:三室都寺、京都

森美術館宇宙と芸術展 岡吉国宗|《流星刀》|1898年|隕鉄|刃長68.6センチ 反り1.5センチ|所蔵:東京農業大学図書館|撮影:木奥恵三

 第2セクション「宇宙という時空間」では、現代美術の分野から宇宙空間へアプローチ。超高感度の天体望遠鏡によって捉えられたヴォルフガング・ティルマンスによる惑星写真など、技術の進歩に伴うアートの進化を感じることができる内容です。


森美術館宇宙と芸術展 ヴォルフガング・ティルマンス|《金星の日面通過》|2012年|紙にインクジェットプリント|約44×33センチ|所蔵:ワコウ・ワークス・オブ・アート

 そして皆さんお待ちかねの宇宙人については、続く第3セクション「新しい生命観ー宇宙人はいるのか?」で見ることができます。空山基「セクシーロボット」から荒俣宏のSF雑誌コレクションまで、古今東西の未確認生命体が集合する模様です。マニアにはたまらないラインアップです!


森美術館宇宙と芸術展 パトリシア・ピッチニーニ|《ザ・ルーキー》|2015年|ファイバーグラス、シリコン、毛|48×65×46センチ|作家蔵|画像提供:トラルノ・ギャラリー、メルボルン、ロズリン・オクスレイ9・ギャラリー、シドニー、ホスフェルト・ギャラリー、サンフランシスコ

 そして最後を飾る第4セクション「宇宙旅行と人間の未来」では、宇宙によって人間の生き方がどう変わっていくのか、アートから投げかけられたまなざしを追っていきます。宇宙航空学のパイオニアであるコンスタンティン・ツィオルコフスキーの描いたスケッチの複製や、NASAの火星住居設計コンペティションで一位に輝いた《マーズ・アイス・ハウス》の日本初公開など、新しい可能性を感じさせる展示品がたっぷり見られそうですね。


森美術館宇宙と芸術展 コンスタンチン・ツィオルコフスキー|手稿(『宇宙旅行アルバム』より)|1933年|鉛筆、紙|31.1×22.7センチ|所蔵:ロシア科学アカデミー・アーカイブ(ARAS)|ARAS. F. 555. File 84. Sheet 15.

森美術館宇宙と芸術展 スペース・エクスプロレーション・アーキテクチャ・アンド・クラウズ・アーキテクチャ・オフィス|《マーズ・アイス・ハウス》|2015年|3Dプリント模型、台座に内照ライト、映像|45×44×48.3センチ|作家蔵|画像提供:Clouds AO/SEArch

 入場料は一般1600円、学生1100円、中学生までは600円となっています。アーティストトークやシンポジウムなどのイベントも同時に多数開催されるので、公式サイトを要チェックです。

 人間が宇宙をどのように見ていたか、そして宇宙との関わりの中で人間はどんな未来を選ぶのか。現在進行形のアートや貴重な史料が集まるこの機会をお見逃しなく!

正しい倫理子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい