レビュー
» 2016年08月07日 11時00分 公開

「取ってしまえばどうということはない」 魚屋さんがまとめた寄生虫データが食卓に安心を届けてくれそう司書メイドの同人誌レビューノート

「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」をご紹介。フルカラーで寄生虫の画像が載っているので、苦手な人は注意。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 やっと梅雨明けして暑い夏が到来! 海が呼んでいますね。泳ぐも良し、魚を釣るも良し。釣ったお魚は、今夜のおいしい晩ごはんに……とうきうきしますが、実はそのお魚さんのなかには「彼ら」がいるかもしれないことを、私は知ってしまったのです……。

 今回レビューする同人誌は、タイトルからお察しいただける通りの内容です。レビューするときはいつも「こんなに面白い同人誌だから、もっとたくさんの人に読んでいただきたい!」と思っており、今回ももちろん、いえ、ますます強くそう思っているのですが、今度ばかりは「読むかどうかは自己責任で」と言わざるを得ない、なかなかのショッキングな内容となっています。

 しかし、前書きで作者さんも述べているように「知って、最終的にお魚をおいしく食べること」がこの本の目的です。知っても知らなくても「彼ら」が身近にいるのなら、私は知る方を選びました!

今回紹介する同人誌

「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」 A4 20ページ 表紙・本文カラー

著者:泉翔


同人誌「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」 イベント“博物ふぇすてぃばる”で完売した人気本

リアル魚屋さんが教えるリアル寄生虫事例が満載

 うわあああ! 本のタイトルから想像はしていましたが、フルカラーの誌面にピチピチの寄生虫さんたちの写真が満載。覚悟したつもりでしたが、それでもびくっとしてしまいます。トップバッターはアニサキスは聞いたことがあります。ちょうどこの間読んだ伊集院静氏の工ッセイの中で「阿川佐和子氏もアニサキスにニ回やられている」というのを読んだばかり。アニサキスはこんなお姿だったんですね。

 ほかにもニべリニアやテンタクラリアなど、初耳ですが、その姿はいずれも「あっ、これは取り除いた方がいいですね」と瞬間的に察知できるビジュアル。そんな、見つけちゃったら手が止まりそうな寄生虫の彼らが、どの魚にいるのか、出現頻度、迷惑度、人体への影響などの項目で分かりやすく紹介されています。作者さんは魚屋さんにお勤めとのことで、「ブリ糸状線虫は丸まっていると発見しにくい」など、日々働いているからこそのリアルな説明も。

同人誌「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」 迷惑度MAX!

寄生虫と戦う魚屋さんの奮闘ぶりが光る

 ページをめくってもめくっても魚介と寄生虫が続きます。あ、アサリに入っていた小さなカニのページはちょっとほっとしました。そうか、これも寄生の一種ですね。魚に、貝に……こんなに寄生されているものなんですね、としみじみとさえします。ん? でもいままでの日常生活でお魚のなかの寄生虫なんて出会ったことがないなあ……と思っていたのですが、それってお魚屋さんが一匹いっぴきを頑張って取り除いてくれていたからなんですね。

 釣りをする方などには常識なのでしようが、基本的に切り身を購入する方法でしかお魚と出会っていないと、こんなに魚屋さんの力が大きいなんて思ってもみませんでした。時に自分の目を信じ、時に最新マシンを導入して、日々、コツコツと寄生虫を取り除いて「安心しておいしい魚を食べてほしい」と奮闘する様子が、4コマまんがを交えて書かれます。ありがとうお魚屋さん!

同人誌「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」 カニになんだかほっとしてしまいましたが、これも寄生生物!

取ってしまえばどうということはない

 あまりにもナチュラルに寄生虫が存在することを知り、私も本の途中までは「うわあ……知らなければよかったかも」と思っていました。けれど、読み進めるうちに「寄生虫はそんなにレアなものじゃない」「取り除けばいい」「適切な処置をすれば彼らは滅び、おいしく食べられる」と繰り返し書かれていることに気付きました。

 作者さんは「魚に虫ついてた! 気持ち悪いしお腹壊したくないから捨てよう」から「魚に虫ついてた! でも、取ってしまえばどうということはない」になるように……と願いをこめて語っていらっしゃいます。普段、触れていないだけにその存在にびっくりしてしまいましたが、いずれ巡り会ってしまうのなら、目をつぶらずにせっかくのお魚をおいしくいただきたい、むしろ見つけ次第、スムーズに除去できる方法を知れてよかった! と思うまでに至りました。

 寄生虫について知ろうとしたら、専門書は存在しています。でも、キッチンで彼らと出会う瞬間を想定して書かれた本はなかなかありません。そんななかで、食卓に近い魚屋さんという立場から、明日すぐに役立つ目線で書かれたこの本は、とっても親しみやすかったです。

 ちなみに、本を読み終えて、早速お魚を買ってきてまじまじと眺めたのですが、今回は「彼ら」には出会えず、切り身はおいしい晩ごはんになったのでした。

同人誌「魚屋が出会う身近な魚の寄生虫」 目次には寄生虫の名前がこんなに……。熱い作者さんの前書きも必見です

サークル情報

サークル名:二次元魚市場 瀞鮪物産店

Twitter:@syo_izumi

ブログ:http://toro-magurobussanten.blog.so-net.ne.jp/


今週のシャッツキステ

シャッツキステ けもの耳をつけてお給仕していた催しも終わり、そっと取り外すとなんだか愛着が。もふもふ。さて、来週の今ごろは夏コミまっただ中ですね。あなたも私もみんな参加者。体調をしっかり整えて、めいっぱい楽しみましょー!

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい