ニュース
» 2016年10月19日 23時09分 公開

任天堂の職種紹介ページが遊び心たっぷりで話題 制作チームの役割をクッパやドンキーに見立てて説明

クッパはゲームプロデューサー。

[ねとらぼ]

 Twitterをきっかけに、任天堂公式サイトの職種紹介ページが注目を集めています。任天堂で働く人たちの多様な役割を説明し、当事者の声を載せながら仕事内容を説明するもので、中でも注目を集めているのは制作企画系の「制作チームでの役割」です。

 「制作チームの役割」では「社内でゲームを作る場合」(内作)と「外部の会社と協力して作る場合」(外作)の2パターンを、クッパやドンキーコングなどの人気キャラクター使った図で分かりやすく説明。内作の場合はプロデューサーがゲームのコンセプトを考え、ディレクターと相談しつつ自社のプログラマーやデザイナーと協力して作って行くのに対し、外作の場合はプロデューサーが他社と直接やりとりをする場合もある他、情報伝達に特化したコーディネーターを挟むことでやりとりを円滑にする場合もあるようです。


任天堂 制作チームの役割 なるほど分かりやすい(任天堂公式サイトの職種紹介より

 また図の中にも登場した制作企画系の代表的な役割として、ゲームのコンセプトを考える「ゲームプロデューサー」、開発チームを動かす現場監督「ディレクター」、細かなジッ作業を請け負う「プランナー」、チーム外の人との連絡窓口となる「コーディネーター」の4つをキャラクターを使用しながら個別に説明。ドンキーがプロデューサーでディディーがコーディネーターなど、イメージしやすい。


任天堂 制作チームの役割 やはりクッパはプロデューサー(任天堂公式サイトの職種紹介より

 また、職種紹介では制作企画系の他にもデザイン系や理工系ハードウェアなどさまざまな分野を紹介。「制作チームの役割」以外にもさまざまな興味深い話があがっています。


任天堂 制作チームの役割 Wii U GamePadの開発も一筋縄ではいかなかった様子(任天堂公式サイトの職種紹介より

関連キーワード

任天堂 | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響