レビュー
» 2016年10月30日 13時00分 公開

スポーツの秋だけど運動はちょっと…… だったら「ロボットプロレス」を観戦すればいいじゃない!司書メイドの同人誌レビューノート

今週は、観戦側である著者さんが作られた「ロボットプロレスがよくわかる本」をご紹介。

[シャッツキステねとらぼ]
シャッツキステ

 読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、と言っても、スポーツは……うーん、我が身を振り返ると、ちょっと縁遠くなっています。スポーツに親しむって健康的な感じがするんですが、いかんせんなかなか自分で体を動かす機会はありません……。でもせっかくいいお天気が続く季節ですし、スポーツ観戦ならいいかも。そんな気分でこの同人誌を手にしたのですが、ロボットががんばるプロレスとは……?

今回紹介する同人誌

「ロボットプロレスがよくわかる本」 A5 32ページ 表紙・本文カラー

著者:散財


同人誌「ロボットプロレスがよくわかる本」

意外と有名? ロボットプロレスとは

 私は同人誌即売会でこちらの本を手にし、そこで初めて“ロボットプロレス”を知ったのですが、なんと2008年から活動を続けていらっしゃるんですね。個人の方が制作されたマイロボットを、専用のリング上で無線操縦して戦うのだとか。見ての通り、小さなロボットが組みあう姿はインパクト十分で、テレビなどで取り上げられることも多数。ねとらぼでも2011年に取材していました(関連記事)。

 動画を見ると、ロボットプロレスという言葉からイメージする世界そのまんまの見た目で、驚きです。でも動きはキビキビ、くるくるしていてなんだかかわいいですねえ。プロレスらしからぬ、ほのぼの感も漂いますよー。

同人誌「ロボットプロレスがよくわかる本」 こんなお人形さんっぽいレスラーもいるんですね。ふわふわした愛らしい姿からのぞくメタリックなおみ足のギャップがすごい

「プラレス3四郎」神矢みのる先生もハマる! 自作ロボットの奥深さ

 しかし動画で拝見していてあまりにもさりげなく、当たり前にどのロボットレスラーもこなしていて驚いたのは、倒れたロボットが即座にすくっと立ち上がること。小さな体ながらも、きちんと操縦者の意志に添って腕を振ったり、プロレス技も掛けたりと大活躍。

ロボットプロレス「できんのか!8」(2011年)。「ロボットプロレスがよくわかる本」の表紙にもなっている1戦

 「すごい、こういうロボットって自分で作れる物なんですか!?」という私の驚きに、「週刊少年チャンピオン」で連載され、アニメ化もされた人気まんが「プラレス3四郎」の神矢みのる先生によるゲストまんが「ロボットプロレスはじめちゃいました」が応えてくれます。実は神矢先生はロボットの仕組みについては、いまだに「ゼンゼン理解しとらん」状態だったとか。しかし近年ロボットプロレスをきっかけについに自作に挑戦! 最初は足をさかさまにつけちゃったり、調子に乗って高級モーターを買って次の日に燃やしちゃったりと、苦戦されながらも、ついにマイロボットを完成させるまでの流れがまんがになっており、「ちゃんとみんな、ロボットを自作してるんだ」というのが、実感できます。

同人誌「ロボットプロレスがよくわかる本」 神矢先生とロボットプロレスの出会いとは? 意外と苦戦されてます!

どう楽しむ? ちっちゃなロボットたちの熱戦鑑賞

 この本を作られた著者さんはロボットプロレス出演者ではなく、観戦する側だそう。「ともかく一度でもいい、生でロボットプロレスを見てほしい」という思いでこの本を制作されたそうです。愛するロボットプロレスを広めるために、「ロボットプロレスとはなにか」「どういうところで見ることができるか」と言った基礎情報から、ロボットレスラー紹介、大会観戦レポートに至るまで、「ロボットプロレスがよくわかる本」の名の通り、これを読めば「なるほど!」とよく理解できます。

同人誌「ロボットプロレスがよくわかる本」 ロボットプロレスの概要、ゲストまんがに選手紹介と、盛りだくさんな内容です

 中でも印象的な一言が「素朴な疑問」コーナーにありました。

Q.きちんとプロレスになっているの?
A.思いのほかプロレスです。

 思いのほかプロレス……! なんと率直な感想でしょうか。小さな体でしっかり動くロボットレスラーたちは、精密機械ゆえ、リング上で故障してしまうこともあるんですって。それでも試合を成立させるのが操縦者の腕の見せ所だとか。日進月歩の技術革新の中で、楽しみながらロボットプロレスを行なう方々がおり、それを観客がまるごと受け止める奥深さを感じました。

 この同人誌レビューでもさまざまな本を紹介してきましたが、同人誌は

1.好きなものを絵や文章、写真などの創作物で見せる「表現派」

2.対象をリサーチ、集計、分析する「データ派」

3.情報を集めて明らかにし、隙あらばこちらの沼に招きたい「啓蒙派」


の要素が絡み合っている気がします(※沼:大好きな対象に首までどっぷり浸かっている状態のこと)。この本はまさに啓蒙派!

 プロレスは観客に「魅せる」要素が大きいスポーツで、エンターテインメント性も高いですね。それだけに「観客がどこに注目しているか」の疑問をカバーし、「どう楽しんでいるか」という視点を持ったこちらの本は、ジャンルとコンセプトがぴったり合った啓蒙派同人誌の良作です。ロボットプロレス、直近では11月3日に大会が行われるようです。


サークル情報

サークル名:ロボットプロレスを応援する会

Twitter:@snzai

連絡先:snzai☆nifty.com(☆を@に)

本の入手先:上記メールアドレスまで


今週のシャッツキステ

シャッツキステ ハロウィンは季節に合わせたメニューをお出ししています。今年はとろりと、とろけるピンクのシチュー。スパイスの効いたちょっぴり変わった味で、今夜は不思議な夢が見られそう?

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/04/news076.jpg 君島十和子の長女・君島憂樹、 “母上のお洋服”を拝借したシャネルコーデが超絶美人 「お人形さんかと」「素敵すぎ」
  2. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. /nl/articles/2312/04/news026.jpg 貞子もビビって逃げ出すレベル 驚異のハイスピードで迫るハムスターの姿に度肝を抜かれる人続出「怖いよ」
  4. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  5. /nl/articles/2312/04/news028.jpg 愛猫に「猫鍋」をもらったのに、夢中になったのは予想外の…… 「違う、そうじゃない」とツッコむ展開に笑ってしまう
  6. /nl/articles/2312/04/news022.jpg 秋田犬の子犬、これで生後4カ月!? ベビーデカワンコの抱っこが「“超”大型犬ですよね」「かわいいの塊でたまらん!」と話題
  7. /nl/articles/2312/04/news021.jpg いつも空いているドッグランが大盛況→常連の柴犬が困惑のあまり…… 胸がキュッとする“うろたえっぷり”に応援の声続々
  8. /nl/articles/2312/03/news057.jpg クロちゃん、20歳年下の恋人に旅行持ちかけるも「行かない」 交際1周年のお祝いもなし「1回しっかりしゃべりたい」
  9. /nl/articles/2312/04/news099.jpg 笑福亭鶴瓶、夜中に“超一流俳優”たちの呼び出しでパジャマ出動 豪華メンツの泥酔姿に「凄いメンバー」「映画撮れそう」
  10. /nl/articles/2312/04/news016.jpg 写真家が「もう二度と撮れません」と語るエゾモモンガの水平飛行 貴重な1枚に「感動しました」「最高です!」と絶賛の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」