レビュー
» 2016年07月24日 11時00分 公開

欅坂46も挑戦した「ポエトリーリーディング」って? 世界大会まである奥深き詩の世界司書メイドの同人誌レビューノート

ただ読むだけじゃないんです。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 先日、詩にまつわる同人誌に触れてみたいと思い立ち、「ポエケット」というイベントに行ってみました。ポエケットは、詩人さんが自著を販売したり朗読を聞くこともできる、“書く人も、書かない人も、読む人も、読まない人も、まとめて一緒に「詩を遊ぼう」という場”とのことです。

 どんな感じかしらと、そーっとのぞいてみると……あら、思っていたよりもにぎやかで入りやすい。文字に思いを込める研ぎ澄まされた感性をお持ちの方々だから、会場はきっと息をひそめるような静けさなのだろうと思っていたのですが、サークルさんや一般参加の方でにぎわい、和気あいあいとした雰囲気。ほっとして、普段はほとんど詩に触れない生活をしている私も、肩の力を抜いてサークルさんを見て回ることができました。

 詩の同人誌も、写真集のようだったり、カード型になっていたりと多種多様。あらためて会場を見渡せば、こんなにたくさんの人たちが詩をテーマに集っていることに驚きます。奥深いんだなあ……としみじみしていた私に、この1冊がさらなる新しい扉を開いてくれました。

今回紹介する同人誌

「スポークンワーズ・マガジンどんと、こい!Vol.4」 70ページ 表紙カラー・本文モノクロ


同人誌「スポークンワーズ・マガジンどんと、こい!Vol.4」 どんとこいというタイトルがたのもしい

ポエトリーリーディングってなに?

 こちらの同人誌は、詩のなかでも特に「ポエトリーリーディング」を取り上げてらっしゃいます。ポエトリーリーディングとはざっくりというと、詩の朗読のこと。でも、ただの朗読ではなく、リズムなどの音楽的要素や、演劇のような表現が入ることもあるそう。調べてみたところ、雑誌「週刊東洋経済」では7年前の2009年3月28号で、「カフェで読みあげろ!ポエトリーリーディング」として、カフェに集まって詩を読み合う人々の様子が記事になっていて、昨日今日のぽっと出のブームではないことがうかがえます。

 また、アイドルグループ欅坂46さんが2016年8月に出す新曲「世界には愛しかない」には、「ポエトリーリーディングに挑戦」との説明も。おお! もしや、いまポエトリーリーディングが盛り上がってる!? とわくわくしていたら、知らぬは自分ばかりで、実はとっくに世界大会が開かれるくらいにメジャーなジャンルだったのです。

世界が舞台! 出場者のリアル体験談

 巻頭特集は、2015年にベルギーで行われた国際ポエトリーリーディングの大会の参加者3人による座談会。大会は3人一組で行われたこと、日本語の詩をフランス語に訳すのが大変だったこと、それぞれ自作の詩を読む3人ですが、ステージで個性を生かすのが難しいことなど、大会の様子が生生しい言葉で伝わってきます。参加会場はカフェで、審査員は現場のお客さんの中から募るというスタイルなのだそう。いまいちだとブーイングされることも。うう……異国で詩を読むってだけでもプレッシャーがかかることが想像できるのに、観客が審査員って容赦なさすぎでは……!

同人誌「スポークンワーズ・マガジンどんと、こい!Vol.4」 各々の個性について語られています

 さらに、フランスで行われた別の大会の参加者へのインタビューも掲載されています。こんなにいろんな大会があるんですねえ、国際的です。異国で詩を披露する事から、過去に「詩のボクシング」で戦った時のことなど、ボリュームたっぷりに語られる一言ひとことから、リアルタイムな感情が読みとれ、「詩人は教科書に載っている過去の職業ではないんだ! この人たちはいまを生きる詩人さんなんだ!」と引き込まれます。行ったことも聞いたこともないポエトリーリーディングの世界大会なのに、なんだかいつの間にか「すごい!」と褒めたたえる気持ちでいっぱいになっていました。

同人誌から詩が拡張していく

 さらに世界大会に参加した人の作品も載っているので、「あ、これがインタビューで話題になっていた『イカ百選』ですかー」と、気になる作品をすぐに読むことができます。その他、ポエトリーリーディングに取り組む方々のコラムなども掲載されています。

同人誌「スポークンワーズ・マガジンどんと、こい!Vol.4」 この方が「イカ百選」の作者さんです

 考えてみれば、人の心から生まれた詩を紙に書きつけ、誰かが声に出して読み、それをまたいま私が読んでいるというのは不思議な構造ですね。どんどん入れ子になるマトリョーシカみたい? いえ、きっと逆ですね。大事な詩を核に内包して、声に出したりさまざまな方法で、作品を伝えようと広がっていく、拡張するマトリョーシカみたいな同人誌です。

サークル情報

サークル名:日本スポークンワーズ協会

参加予定イベント:TOKYOポエケット(例年7月予定)、渋谷RUBY ROOMで開催される「ポエトリーリーディングオープンマイクSPIRIT」(毎月第1水曜日開催)

取り扱い:http://d.hatena.ne.jp/uraocb/touch/20150705/1436277601

vol.5も発売中!


今週のシャッツキステ

シャッツキステ ただいまシャッツキステでは、スマホゲーム「けものフレンズ」さまのイラスト展示などを行う「JAPARI CAFE」を開催中です。メイドの皆にもケモノ耳が!? ノバラちゃんの朗読が、ますます良く聞こえるかしら?

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」