ニュース
» 2016年11月07日 13時20分 公開

スーパームーン、11月14日に到来 22時52分に輝く今年最大の満月をお見逃しなく

当日の夕方から翌朝まで、大きな満月が見られます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 11月14日に、月が最大の大きさで見られる「スーパームーン」が到来。国立天文台コニカミノルタプラネタリウムのサイトが伝えています。


スーパームーン 2016年最大の満月(11月14日22時52分)と、最小の満月(4月22日14時24分)の比較(画像は国立天文台のサイトより)

 スーパームーンとは、月が地球に最接近し最大限に見える時期のこと。当日は夕方から明朝にかけて、大きな月が見られます。普段の満月よりも最大で14%も大きく見え、明るさも30%増しになるそうです。

 月の視直径(見かけ上の大きさ)が時期ごとに異なる現象は公転軌道によるもの。地球の周囲を楕円の軌道で回るため、地球と近いときは大きく遠いときには小さくと、月の見え方は変化します。ただし軌道は太陽や地球などの重力を受けて微妙に変化するため、月が地球に最接近する時期は周期ごとに異なります。2016年の月は11月14日20時21分に最接近し、22時52分の満月の瞬間に今年で最大の視直径になるとのこと。


周期 月の視直径周期(画像は国立天文台のサイトより)

 なお、スーパームーンは占星術に由来する言葉で、天文学会では用いられていません。しかし2014年では7〜9月に毎月到来(関連記事)、2015年には中秋の名月と重なる(関連記事)など話題を呼び、近年は天文現象として定着しつつあるようです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  3. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  4. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  5. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  6. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  7. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  8. /nl/articles/2007/05/news027.jpg 帰宅してお父さんがいるのを見た女の子は……? 娘さんに仕掛けたドッキリのリアクションが最高にかわいい
  9. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦