ニュース
» 2016年12月11日 11時30分 公開

なぜアニメの放送は“落ちる”のか 放送が落ちる理由や待遇問題について現役アニメーター・制作進行に聞いた(2/2 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

アニメ制作の手法、アナログからデジタルへ

――石井さんはなぜアニメーターを志されたのでしょうか

石井僕はもともと絵を描くのが好きでした。模写もやっていましたし、漫画を描いたりもしていました。そうしたなかで僕が小学校から中学校ぐらいにかけて、宇宙戦艦ヤマトからガンダムに続くという第2次アニメブームがあったんですね。その頃にアニメージュという雑誌が創刊されて、アニメーターという仕事があるということを知りました。あと僕は安彦良和さんが描かれるガンダムの絵がすごく好きで、安彦さんみたいになりたいなと思ったのもきっかけの1つですね。

――アニメーターになりたい、と思っても当時はネットなどの情報がないわけですよね。どうやってアニメーターになられたんですか

石井アニメージュの付録で、たくさんのアニメスタジオが載っているミニブックみたいなものがあったんですよ。それでそこに載っている会社に電話をしてみたら、「専門学校に行かないと厳しい」と言われたので、アニメの専門学校に入りました。専門学校に入ってからは卒業を前に制作会社への就職が決まったので、アニメーターとして就職しました。

――失礼なお話ですが、初任給はどれぐらいでしたか

石井初月は当時1万円にも満たない位だったんじゃないかと思います。しばらくは、バイトをしてためていた貯金を回して何とか生活していましたが、途中からは実家に仕送りをお願いしていましたね。ちゃんとご飯が食べられるようになるまでに、2年近くかかったのではないかと思います。

――アニメーターになって、最初にやったお仕事は何ですか

石井作品としては初期の聖闘士星矢ですね。セル部分のトレス、いわゆるクリーンナップ(原画などのラフな描線から整えた描線を新たな用紙へ描き起こす清書のこと)、あとは簡単な動画(中割り作業)などが新人の主な仕事でした。この仕事は研修を兼ねている場合があるので、お給料から差し引かれている場合もあります。

――お仕事を始められた当初と今とで大きく変わったなと思うことはなんですか

石井僕は今フリーランスで活動していますが、最近はスタッフ間でコミュニケーションを取らなくなってきたなと感じますね。昔は先輩が熱心に仕事を教えてくれたり、締め切りが迫っているのに夜な夜なアニメ論を語るような先輩が居て、ある程度コミュニケーションが取れていたんだと思うんです。でも今はスタジオに居てもほとんど質問されることがありません。質問してくれたらちゃんと答えるんですが、ひょっとしたら質問してはいけないのではないかと思っているのかもしれませんね。

進行僕はアニメーターが増えたということがあるのではないかと思います。以前は徒弟制度などもありましたが、今は作品数が増えていることもあって、アニメーターを名乗れる人が増えてしまったということですね。

石井確かに。以前に比べると作画監督やキャラクターデザイナーもたくさんいますよね。

進行昔はアニメーターと呼ばれる職業に就けばそこそこ食べていけたと思います。しかしアニメ作品の急増でアニメーターという職の裾野が広がってしまったため、本当なら中堅と呼ばれる方々が、新人と中堅の間を、ベテランの方はベテランと中堅の間を行き来している感じですね。

石井うーん、なるほど。

進行「力量から考えるとまだこのポジションじゃない」という人でも上に行けてしまう代わりに、その上の人が何らかのカバーをしなくてはいけない状況になっていたりもします。

石井でもそれも1つの教育法やチャンスと捉えていかないといけないかもしれないですね。最近はアニメーターを初めて2、3年で作画監督をやる人も珍しくなくなってきていますから。

進行石井さんがそう仰ってくださると心強いですね。

――技術面で変わったことはありますか

石井技術面でいうと、アナログからデジタルに変わったというところが大きく変化した部分です。

進行画面の中で動かせることが増えたというか、絵素材の作り方自体が変わりました。

石井デジタルだとセル重ねが無限にできるというところが一番の強みです。昔は撮影さんがセルロイドを重ねて撮影して、また重ねてということを繰り返していた作業ですが、今はデジタルなので厚みも当然ないですし、仕上げや撮影の工程は大きく変わっていると思います。

進行デジタルとアナログの違いでいうと、デジタルではかすれたような、線を途切れさせたような表現というのが難しくなりましたね。くっきりした線で出てしまうというか。もちろんデジタルでもかすれた表現は可能ですが、自然なかすれはやはりアナログの醍醐味です。

石井デジタル技術の発展とともに、3Dレイアウトが使えるようになったというのも大きいですね。これは建物の内観や外観を3Dでモデリングして、人物を入れたときにはこういう感じになるという指示書です。かなり便利になりました。

――石井さんは監督や演出になりたいとは思われないのでしょうか

石井僕は絵に描いていることが好きな人間なので、演出に行こうとは思わないですね。アニメーターは机に座っているだけである種仕事が完結してしまうところがありますが、監督は船でいえば船長ですから、打ち合わせに指示などたくさんのことをこなさないといけません。そんな責任のあることをできるかといわれると、できない気がするんですよね……まぁでも何事も経験かなとも思いますけれども(笑)。


石井明治 石井さんちの愛猫・ハジくん

アニメ制作はもうからないのか

――そもそもアニメを1話作るためには大体いくらぐらいの予算が必要になるのでしょうか

進行作品にもよりますが3500万前後ではないかと思います。

※1話あたりの予算については、制作進行さんがこれまでに関わった作品(主に一般向けアニメ)の平均値です。全ての作品がこの限りではないとの指摘がありました。例えば深夜アニメでは1話あたりの予算は平均1000万円台とのことです。

――アニメ制作会社はもうかっていないというお話もよく聞きますが、実際のところはどうでしょうか

進行あくまでウワサとしてですが、もうかっていない、ほとんど赤字だという話はよく聞きます。

――アニメ作品の場合、グッズやDVD・BDなどでの収益も上がると思うのですが、そういったものを含めてもアニメ業界は厳しいという状況なのでしょうか

進行製作委員会方式の場合は出資項目が細分化されています。ですから、DVDに出資していればDVDが売れた場合の収益は出資した会社に入りますし、グッズに出資していればグッズの利益が入るということになりますので、各自が出資したものに対して利益が上がればもうかるという感じですね。

※正確には、出資者(製作委員会)はその出資比率に応じて作品の利用権(DVDやグッズの販売の権利、コンサートの実施をする権利など)を得ることができ、その権利によって利益を生み出すことができます。こうしてDVDやグッズなどを販売して得た利益は、販売を直接担当した出資者だけでなく、一部は製作委員会にも配分され、全員で利益を分け合う形になります。

――DVD・BDの場合、どの程度売り上げることができれば利益を上げられるのでしょうか

進行1万枚売れれば良いですね。

石井それだけ売れれば安泰ですけれども、1万枚はなかなか売れないですね。

進行2000〜3000枚売れればギリギリ採算に乗るというラインだと思います。

石井視聴者の皆さんにはぜひDVD・BDを買って応援していただきたいですね。

※損益分岐の具体的な枚数については、作品の規模や制作費により異なります。7000枚〜1万枚程度が分岐点になる作品もあるとの指摘がありました。


石井明治 ハジくんはイケメン猫さん

これからのアニメ制作

――現在のアニメ業界で何が一番問題だと思われますか

石井一番の問題は教育の部分、「育てる」というところではないかと感じるんですよね。いくら専門学校で勉強してもやはり学校で学べることには限りがありますし。

進行技術的な部分だけを見たとしても、今は専門学校を出ていてもトレスの作業ができないというケースが実は多いんですよね。鉛筆でそれを習得するのに大体半年ぐらいかかる場合もあります。

石井どの会社もアニメーター教育や新人教育は予算に入っていないわけですから、会社が投資してでも育てようとしないといけない訳ですよ。

進行制作会社自体が自転車操業の状態の中、新人さんを育てるということですからね。会社側の負担は大きいと思います。

石井僕も新人教育をやったことがあるんですが、自分の仕事+教育になるので教える側にも負担がかかるんですよね。教育したからといって会社からたくさんの手当てがもらえるわけではないので、ほとんどボランティアのような形です。さらには指導をしても辞めてしまったり、うまく育ったと思っても他の会社さんから引き抜かれることもあって、本当に難しいです。

――最近アニメーターがSNSなどで、原画などの制作過程を明かしている方もおられますが、そのことについてはどう思われますか

石井権利関係を持っている会社が了解しているのであれば、節度を持って自分の絵を発表する分には良いのではないかと思います。

進行僕もマイナス面のプロモーションにならないのであれば、よいと思います。

――先日個人的にアニメの絵コンテや脚本についてのワークショップに行ってみたのですが、来場者の半数以上がプロのアニメーターで驚きました。プロになってからも「これで絵コンテの読み方は合っているのだろうか」というような不安はやっぱりあるのでしょうか

石井僕も教えてもらえるところがあれば、教えてもらいたいですよ(笑)。アニメ業界ではあんまり教えてもらうというシステムが確立されていないというか、「やって覚えろ」という感じなんですよ。なぜそうなるかといえば、クリエイティブな仕事全般にいえるのことかもしれませんが、「正解があるのか」という話につながるからなんですね。アニメの動きって一通りではなくて、いろんなものがありますよね。するとAの作品ではこの動きでOKでも、Bではそうではないとなってしまうので、みんな不安というか悩むと思います。

進行そうですよね。

石井そうした要因もあって、結局リテイク(やり直し)をもらって覚えていくということになってしまうんですよ。何度もリテイクを重ねるうちに「やるべきことを覚える」というよりは「やってはいけないことを覚えていく」。すると、なんとなく「正解らしきもの」をつかむことができるようになります。監督さんによって求めるものが全く違うということもあるので、不安を抱えているアニメーターがたくさん居るというのは理解できます。

――この他にもアニメーターならではの悩みはあるのでしょうか

石井将来性に関しては不安に感じる人が多いかもしれません。必ずしも努力すれば報われるという世界ではないので、どうしようもない部分ではありますよね。

進行僕は(アニメーターは)他の絵を描く職業の方より、認められる範囲が狭い職業だと思います。絵のクセを個性として認められない職業ですから。

石井確かに自分の個性が邪魔になる場合が多々ありますね。

進行「絵描きさんは個性を磨いていく仕事だけれども、アニメーターは個性を殺していく職業だ」とあるキャラクターデザイナーさんが仰っていましたが、その通りだと思います。

石井僕も最近になってアニメのキャラクターってやっぱり商品なんだな、と思うことが増えてきました。このキャラクターはこういう表情はしないとか、こういう格好はしないとか、キャラクターイメージを損ねないように確立されているというか。そういう制限はやっぱりありますからね。

進行そうです。あとは視聴者からの声が届きやすくなってきていますね。

石井それが一番大きいのかもしれませんね。僕がアニメーターを始めたときはたまに感想のお手紙が届くか届かないかという感じでしたけれど、今はダイレクトに伝わってきますから怖い部分がありますね。ネットの掲示板で名指しで批判されるということもありますし、そういうのを見るとやっぱり落ち込みます。

――アニメーターを目指す人に一番必要な資質は何だと思いますか

石井集中できること、でしょうか。絵を描かない人にとっては苦痛でしかない仕事みたいなものですからね。僕もスタジオに入ったら、寝るとき以外は机に向かっている日もあります。アニメの制作というのは、締め切りがあればそのギリギリまで作業をしてクオリティーをあげようとする人がほとんどなんです。言い換えればデッドラインがなければ作品が完成しないともいえます。

進行なぜそうしたこだわりが生まれるのかというと、今携わっている仕事が未来の仕事への評価につながるからなんですね。

石井時間があれば、あれも直したいこれも直したいというところはあって、放送されたものを観ても年中気になる部分というのはあります。でも結局気になるところを直していたら終わらないので、自分の中で妥協していくことも仕事の1つです。

――今後のアニメ業界に必要なことは何でしょうか

石井今回お話したのは全て僕の個人的な意見ですけれども、やはり先に挙げたコミュニケーション不足の解消、後進を育成するための環境づくりでしょうか。昔、声優さんたちが結束して地位向上を呼び掛けたことがあって、現在の声優さんの地位が確立されたという話を聞いたことがあります。アニメーターの場合、アニメーター同士がコミュニケーションを取るということが少ないのでなかなか難しいのかもしれませんが、そういうことも待遇を良くするための一つの手段なのかなと思います。どのセクションの方も心に余裕を持って作品作りに挑めるようになると良いなと思います。

――最後に、これからアニメーターを目指す方や、今新人として頑張っている方へメッセージを頂けますか

石井ここ数年で、新人アニメーターの待遇がよくなるとは思いにくいご時世ではありますが、例えば自分の3年先を想像してみて、「何とかやっていけそうなスキルが自分にある」と思えるのなら、苦しくても続けるべきだと思います。当たり前のことですが、アニメーターとして頑張っている人の共通点は、「やめなかったこと」。続けることも才能だと思います。アニメのタイトルが増えるということは、それだけチャンスも増えるということです。現時点の問題点については当然改善されるよう業界全体で努力すべきですが、自分自身の何年か先を想像して、今何をすべきか? を考えてみることも必要ではないかと思います。


石井明治 石井さんのご自宅の作業スペース。かわいいぬいぐるみなども飾ってありました


 今回の取材を通して、「アニメの放送を落とす」ということ自体が必ずしもマイナスの原因から生まれる訳ではない、ということが分かりました。

 いわゆる作画崩壊を起こした状態であっても放映日を守って作品を放送することを選ぶか、放送を落としてでもクオリティーを上げるのかについては評価が分かれるところですが、物理的原因以外に「視聴者が満足できるクオリティー」を目指して努力した結果、放送が落ちるケースがある、ということです。

 近年SNSやネットの発達などにより、以前に比べるとアニメーターという仕事を知る機会が増えました。しかしそれらの情報はアニメーターの仕事全てではなく、あくまで断片的なものと理解するべきでしょう。

 時代の移り変わりとともに人と人との関わりや仕事の方法、仕事に対する評価が変わりつつあります。私たち視聴者は「視聴者の立場でできる応援を地道に続けていくこと」、転換期に立たされているともいえるアニメ業界は、「スタッフとのコミュニケーションの機会を増やして後進の育成に尽力すること」が、アニメの放送を落とさないための近道なのかもしれません。

(Kikka) 

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」