ニュース
» 2016年11月16日 19時35分 公開

おつまみ「やみつきホルモン」が「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてネットでじわじわ人気 実際のお味は?

SF作品みたいな謎の口コミが広がっている「やみつきホルモン」。実際に食べたり、アサヒグループ食品もこの状況をどう思っているか取材してみた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 豚ホルモンを素揚げしたおつまみ商品「やみつきホルモン」が、ネットユーザーの間で「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてじわじわ人気を集めている。なにそのSF作品みたいな表現、むしろ口にしたくなるよ。

やみつきホルモン 人類文明 高級食 こちらがその「やみつきホルモン」

 「やみつきホルモン」は9月26日にアサヒグループ食品から発売。豚ガツ・豚ハツを独自の旨塩ダレに漬け込んだ後、手作業でじっくりフライして旨味を肉の中に閉じ込めたおつまみで、かめばかむほど旨味が広がっていくのを特長としている。パッケージに描かれたかわいい豚のイラストが「噛んだらやめられない」とつぶやいているのがシュール。

 説明だけだとビーフジャーキーの豚の臓物版といった感じだが、発売からちょっと遅れた10月後半あたりから、変わった口コミがTwitterを中心に広がっている。どんなものかというと、

 などなど。よくSF作品で、人類文明が滅んだ後に生き残った人々が昔の食べ物を懐かしんでその味に近い何かを食べる、というシーンを見かける。そのお肉版があるのならこの「やみつきホルモン」みたいな味だろうといった感想が、まだ食べていない人の好奇心を煽り、口にした人からは共感を集めているのだ。

やみつきホルモン 人類文明 高級食 というわけで購入

 ぼくもまんまと好奇心をつかまれたので買ってみた。袋から取り出すと、なるほど。ビーフジャーキーの赤々とした色味と違って、豚の臓物が干からびたような褐色が「肉に近い何か」感を醸し出している。肉が1つ1つコマ切れでコロコロしているのも同じく。ディストピアの雰囲気にわくわく。

やみつきホルモン 人類文明 高級食 皿に出してみた。写っているのは2袋分

 食したところ、宇宙食みたいにあらゆる状況下でも食べられるようにした豚ホルモンという感じ。ガツは、モキュモキュかんでいくうちに油と旨味が口の中に広がり、唾液がどんどんでてくる。ハツは、繊維がパサパサと舌の上で転がって肉々しい。旨塩ダレの味も強く、「ビールほしい」「飲めないけどおやつとしていける」と編集部でもおおむね好評だった。

やみつきホルモン 人類文明 高級食 左の黒いのが豚ハツ、右の褐色の方が豚ガツ

 例の表現については「確かに世界が荒廃した後、あの懐かしい動物性タンパク質を欲するときに食べたくなるかも」「わかる」とうなずきが。一口目の硬い食感やビジュアルが「肉じゃない感」を放つものの、しばらくかんだあとの旨味や食感は肉らしさがある。この絶妙なバランスをネットユーザーがおもしろおかしく表現したのが「世界が滅んだ後の高級食品みたいな味」だったのだろう。ディストピアを仮想体験できるおつまみと考えながら食べるのは確かに楽しい。

 アサヒグループ食品に取材したところ、商品の売れ行きは「9月の発売以降、大きな反響を頂戴しています。11月上旬時点で当初の2016年内見込み売上数量を超えており、当社の予想を大きく上回る結果となっております」と好評のもよう。

 ネットにおける独特な口コミについては初耳だったらしく、「私が世界が滅んだ後に食事をした経験が無いので何とも言えませんが、お客様が当商品を楽しんでいただいている結果としての味の表現の一つであるのかなと、ポジティブにとらえております」と肯定的だった。

 「やみつきホルモン」は全国コンビニエンスストア向けに展開しているそう。見つけたら口コミに納得できるかどうかモキュモキュ試してみよう。世界が荒廃したときは、どうぞアサヒグループ食品さんよろしくお願いします(違う)。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」