ニュース
» 2016年11月18日 14時55分 公開

「総務省指定」をあえて拡大表記したiPhone 7専用ケース 指定なしの製品に記して良いのか総務省に聞いてみた

賛否両論を呼んだ「総務省指定」の文字をわざと大きく表記してみた、というiPhone 7専用ケースが11月に発売。おもしろがる声もある一方で、違法性を疑う声も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「総務省指定」の文字をあえて拡大表記したiPhone 7専用ケースが11月に発売され、ネットでちょっとした注目を集めています(関連記事)。「ダサい」など非難も受けた文字をわざと目立たせる逆転の発想に「ナイス」「おもしろい」と肯定した反応もあがる一方、「ケースそのものは総務省から指定を受けていないのに表記するのはアウトなのでは」と適法性を疑う声も相次いでいるのです。

総務省指定 iPhone 7 ケース こちらがその「総務省指定表記拡大専用iPhone7ケース」

 商品名は「総務省指定表記拡大専用iPhone7ケース」。本来はiPhone 7の背面に小さく刻印されている「総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」の文字を、大きくプリントしたクリアケースです。iPhoneにはめこむと、リンゴマークの下あたりにこの文字がでかでかと表示されるデザインになっています。

総務省指定 iPhone 7 ケース 文字の色も3種あります

 もともとこの「総務省指定」は、iPhone 7がICカードの情報を読み書きする機能をもつため、省令「電波法施行規則」に従って総務省から「形式指定」を受けていることを示す表記。この製品には10KHz以上の高周波電流を利用する設備があるけど、周囲の無線設備を妨害しないことを総務省から認められていますよ、と示すものになります(関連記事)。

総務省指定 iPhone 7 ケース iPhone 7背面で実際に刻印されている表記

 この刻印は発売当初、iPhoneシリーズのデザインを損なうものだと批判する声もあがりましたが、今回のiPhoneケースはその経緯を踏まえた上で「総務省指定」をあえて拡大表記させてみたもの。ネットでは「そうそう、これでいいんですよ!」「かっこいいな」と好意的な反応や、「エヴァシリーズみたい」「アップルのロゴがNERVっぽくみえる」など庵野秀明作品らしさを楽しむ声が多くあがりました。

 一方で、「あたかもケースが政府機関からなんらかの認定を受けてるように認識されかねない」「総務省から怒られないのだろうか」と、表記の使用に疑問をもつ人もいました。逆に「ケースが電波を出すわけはないから混同する理由はないし、規格を取った製品の専用品なので、目くじらを立てるものでもないといえばない?」といった意見も。

 制度として問題はあるのか総務省電波環境課に取材したところ、「この『総務省指定』の表記の趣旨は、『設備そのものが総務省から形式指定を受けていることを所有者・使用者に知らせるもの』です。この趣旨に対して、iPhoneケースの表記が反しているかどうかが判断の基準になってきます」と回答。どうも形式指定を受けていない製品に印字したからといって、即アウトになるわけではないそうです。

 例えばこのケースが、iPhone 6など形式指定を受けていないスマートフォンにもはめこんで使えるようだったらNG。はめこんでもiPhone 7とあまり一体化せずに独立した製品に見えるような場合でも難しいとのこと。つまりケースの表記がちゃんと「iPhone 7が総務省から形式指定を受けていることを所有者・使用者に知らせる」ものであれば、特に問題ない可能性があるとの話でした。

 実際に開発側に何か働きかけをするかについては、「実物を確認していないので回答するのは難しいです。表記の趣旨に反するようだったら、あらためて総務省側から何かしらの措置をとるかもしれません」と回答しました。

 ケースを開発・発売したITC Ltd.にネットの疑問の声について問い合わせたところ、「本商品はあくまでiPhone7の背面に印字されている『総務省指定』表記を単に拡大表示する意図で製作したもので、商品自体が電波法による認可を受けたものであるという誤認を消費者に与えようと作ったものではないことを、ご理解頂けますと幸いです」と、商品の趣旨を説明。

 「現状での販売はAmazon.co.jpのみですが、商品名や商品説明文にもその旨を明記し、ご購入頂くお客様とはそのようなコンテクストを強く共有させて頂いていることを想定しております。とはいえ、本商品は総務省からの指定を受けていないにも関わらずそのような旨の物理的印字がされている状態ではありますので、何らかの法的な問題があり総務省からの具体的な行政指導があった場合、真摯にそれに従わせて頂きたく思います」とコメントしました。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」