ニュース
» 2016年11月19日 16時51分 公開

架空の重機会社・出雲重機がスケールモデルをクラウドファンディング中! AI搭載の偵察型重機をイメージ

アニメの世界が現実に……?

[大場巧揮,ねとらぼ]

 重機会社・出雲重機がスケールモデル「1/12 Prove 20WT」の完成を記念し、CAMPFIREにてクラウドファンディング中です。


1/12 Prove 20WT 1/12 Prove 20WT

 出雲重機は架空の重機会社で、デザイナーの大久保淳二さんが「近未来の都市部に働くロボット」というコンセプトのもと2000年に開始したアートプロジェクト。2014年にスケールモデルを商品化する企画がスタートしました。現在1/12スケールモデルのProbe 20WTが完成段階に入っており、CAMPFIREと同時にKickstarterでもクラウドファンディング中です。


1/12 Prove 20WT 20WTのコンセプトは十数年後のリアリティー

 スケールモデルのもとになった架空の重機「20WT」は「都市空間の行動に特化したAI搭載の偵察型重機」という設定で、十数年後のリアリティーをコンセプトにしています。大久保さんによれば、デザインは海外のSF映画や実際の重機からの影響を受けたといいます。


パーツ組み換えも可能 パーツ組み換えも可能

 販売されているスケールモデル「1/12 Prove 20WT」はコアフレームを中心にパーツ組み換えも可能で、今後発売される「1/12出雲重機」シリーズとの互換性もあります。


ジオラマ作家情景師アラーキーカスタム ジオラマ作家情景師アラーキーカスタム

 CAMPFIREで用意されているモデルは全てクラウドファンディング特別仕様で、白、黒、銀、金の他に、オリジナルラッピング、ジオラマ作家情景師のアラーキーこと荒木さとしさんカスタムも数量限定で用意されています。価格は1体9600円からで、金・銀メッキ仕様の場合は2万5000円(税込)。



 目標金額は500万円ですが、記事執筆時点の残り36日で約71万円が集まっています。プロジェクトはAll-In方式のため、目標金額に達さない場合でもプロジェクト成功となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」