ニュース
» 2016年11月22日 12時09分 公開

非公認となった伊勢の海女萌えキャラ、アニメPV制作の支援募る

2015年に「性的すぎる」「侮辱している」として批判の声が寄せられ公認撤回を申し入れる事態になりました。

[ねとらぼ]

 三重県志摩市が2015年11月に公認を撤回した萌えキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」がアニメPV制作のクラウドファンディングを22日から開始した。

碧志摩メグ アニメ化できるかな?

 「碧志摩メグ」は、三重県志摩市公認の“海女さん”萌えキャラとして2014年に誕生したが、「キャラクターデザインが性的すぎる」「海女を侮辱している」など一部から批判の声があがり、制作側からの公認撤回を志摩市側が受け入れたという経緯がある(関連記事)。

碧志摩メグ碧志摩メグ

碧志摩メグ碧志摩メグ

碧志摩メグ 観光地には看板なども掲出している(画像はMARIBONより提供)

 その後、非公認キャラクターとしてデザインを変更せずに活動を再開、宮崎県えびの市とのコラボなど実施してきた(関連記事)。10月に開催された「萌えキャラグランプリ2016」ではファン投票で、ご当地キャラ部門全国2位という成績を収めている。

 今後の可能性を広げるため、アニメPVを制作して「声」や「動き」を付けることで、キャラクターに命を吹き込みたいとプロジェクトを立ち上げた。伊勢志摩の魅力を紹介する30秒のアニメになる予定で、2017年3月ごろ公開の予定とのこと。なお、碧志摩メグの声優には三重県にゆかりのある声優へ依頼、主題歌も三重県にゆかりのあるミュージシャンとのコラボを予定している。将来的には長編アニメ制作も視野にいれているとのこと。支援者へのリターンとしてグッズやフィギュア、設定資料集などを用意しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた