ニュース
» 2016年11月26日 20時11分 公開

「悪趣味」と炎上 スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク演出、展示意図を聞いた

(追記)魚の多くは商品にならない「規格外」品だったとのことです。

[Kikka,ねとらぼ]

 11月12日からテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)で行われている、5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク上でスケートができるという演出が炎上しています(関連記事)。編集部は同施設に取材し、演出の意図や批判の声についてどう感じているかを聞きました。


スペースワールド 氷漬けにされた魚たち(現在は投稿を削除済み)

 問題となっているのは、同施設がアイススケートアトラクションの中で行っている「氷の水族館」という演出。スケートリンクの中に5000匹もの魚が氷漬けにされており、公式サイトでは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし」と宣伝されています。


スペースワールド 公式サイトでの説明

 この演出を受けてネット上では「悪趣味」「生命への冒涜(ぼうとく)」「狂気しか感じない」などと倫理観についてのコメントが多数並び、炎上状態となりました。本件について問い合わせたところ、同施設の広報担当者が取材に応じました。

 広報担当者に聞いたスケートリンク「5000匹の魚氷漬け」の演出

――「氷の水族館」の演出がネット上で生命軽視ではないかと炎上していますが、把握していますか

広報:はい。Twitterなどでは多数のご意見を頂いており、直接のお問い合わせも数件受けています。

――展示されている魚は生きたものを利用したのでしょうか

広報:いいえ、違います。本物の魚は公設市場の鮮魚店から卸してもらったもので、鮮魚店には今回の企画意図もきちんと把握していただいています。なお、卸してもらった魚の多くは商品にならない「規格外」のものです。またジンベイザメやサメ、エイなどの大きな魚は写真を等身大に引き延ばして氷の下に埋め込んだものであり、本物の魚ではありません。


スペースワールド 実は写真を引き伸ばしたものだったというジンベイザメの展示(現在は投稿を削除済み)

――今回の展示意図とは具体的にどういうものですか

広報:海の生き物に触れてほしいという意図から今回の展示を行っています。展示スペースは「深海ゾーン」など複数のゾーンに分かれていて、どういう魚が展示されているのかという説明文も添えられています。

――来場者の反響はどうでしょうか

広報:お越しいただいた方からはご好評を頂いています。特にお子さまが喜んでくださっているようです。

――一部の来場者によると、「氷に血がにじんでいた」「魚の体が氷面から露出していた」という報告もありますが

広報:それは展示当初に氷が溶けてしまったことが原因だと思います。溶けた魚に関してはバックヤードに引き下げており、現在魚が氷面から露出しているということはありません。また、露出していた魚に関してもスケートをしているときにエッジ(スケート靴の歯)がかすって損傷したということではなく、故意に氷を削ったり魚を蹴ったりしないと損傷するということはなかったのではないだろうかと思います。しかし私たちも初めての演出なものですから、未熟な点があったと思います。

――公式Facebookには「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・」というコメントもありましたが、表現には問題がないと思われますか

広報:私とは別の担当者が面白く思ってもらえたらと考えて投稿した記述だと思います。ただ、注意が足りない投稿であったと感じています。申し訳ありません。

――展示を取り下げるという考えはありませんか

広報:現状は予定しておりません。私としては現地に来ていただければ展示の意図もご理解いただけるのではないかと考えているので、機会があればぜひ実際にリンクにお越しいただきたいと思っています。

――展示された魚たちは処分されるのでしょうか

広報:展示を終えた魚たちに関しての対応については検討中です。魚たちの命も含めて、海の世界を感じていただくという演出趣旨ですので、展示終了後は頑張ってくれた魚たちを供養しようという案も出ています。


スペースワールド 「氷の水族館」の紹介画像(公式サイトより


 取材に応対した担当者は、編集部の質問全てに誠実に対応し、「現地に来てもらえば演出の意図も分かってもらえると思う。私たちも初めての展示なので未熟なところはあったが、展示の趣旨については正しく理解してもらえたら……」と繰り返しました。

 一方でFacebookなどに過激な記述があったことも事実です。展示が本格的な演出と捉えられるのか、それとも悪趣味な演出とみられるのか、今後も意見が分かれそうです。

11月27日追記:スペースワールドは11月27日、公式Facebook内で「氷の水族館に関する不適切な表現で不快に思われた皆様にお詫び申し上げます。この度、該当する部分の記事を削除させて頂きます」と謝罪しました。



11月27日追記

 公式サイトで「氷の水族館」の企画中止が発表されました。


スペースワールド サイトに掲載された謝罪と企画中止のお知らせ(公式サイトより


スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

スペースワールド 現在は削除済みのFacebook投稿

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた