ニュース
» 2017年01月03日 13時03分 公開

バラエティーか、パワハラか…… TBS正月ドッキリ番組、ニッチェ・江上への演出に「やりすぎ」「かわいそう」と批判の声

バラエティー番組の在り方が問われているのかもしれません。

[Kikka,ねとらぼ]

 1月2日TBS系列で放送された「超人気番組が一挙集結 夢の祭典!番組対抗! ドッキリアワード2017」に対し、「やりすぎ」「かわいそう」「いじめ」などの声が相次いでいます。


ドッキリアワード ドッキリにかけられた江上さん(ニッチェ 江上敬子オフィシャルブログ「おいしいはなし」より)

 話題となっているのは、人気番組「アッコにおまかせ!」出演者らが仕掛け人となり、お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子さんをターゲットにしたドッキリ企画。芸能界のご意見番として知られる和田アキ子さんを、江上さんが怒らせてしまうという定番ドッキリでした。

 「アッコにおまかせ!」初出演となる江上さんに対してのむちゃブリや、江上さんだけが知らない「番組のしきたり(ウソのしきたり)」などを次々と実行された上、最後は和田さんに大声で怒鳴られるなどのドッキリに、江上さんは思わず号泣。

 さらに番組プロデューサーから和田さんへの謝罪を提案された江上さんは、なぜかプロデューサーから「(和田アキ子さんは酔うとキス魔になるため)アッコさんに謝るときはキスをする」という、冷静に考えればおかしいと分かるようなしきたりを伝えられます。しかし、余裕のない江上さんは真剣な表情でそれを受け入れ、和田さんの楽屋へ向かいました。


ドッキリアワード 左がニッチェの江上さん、右は近藤さん(「マセキ芸能社」公式サイトより)

 謝罪に訪れた江上さんに和田さんは、「分かってるのか?」「本当に心から謝ってるの?」「心からじゃないよ、その謝り方は」と矢継ぎ早に言葉を投げかけ、江上さんは顔面蒼白。謝罪の意思を見せようとキスをしに行ったところ、「何しようとしてんねん!」と和田さんに軽く突き飛ばされ、「反省をしております」と涙を流しました。

 ここで、和田さんからドッキリ大成功のプレートを見せられるも涙が止まらず、軽く放心状態の江上さん。「マジでこの番組いかれてるな……」とこぼしました。さらに「ケイちゃんが泣いてるから、かわいそうだなって……」と江上さんの相方・近藤くみこさんも涙しました。

 このドッキリは番組内で最優秀作品賞に選ばれ、人気焼き肉店より100万円相当の弁当がプレゼントされました。また、江上さんは1月2日に「ドッキリアワード!」とブログのエントリーを更新。「まんまとダマされました めっちゃ泣きました 絶対面白いので、ぜひ!!!!」と番組の告知を行いました。



 しかし、ネット上ではこのドッキリについて「単なる恫喝いじめで笑えないな。いじられてなんぼの芸人だが、あれは酷すぎてニッチェの江上さん可哀想すぎる」「ニッチェ江上へのドッキリは、今年初めてキレそうになった」「年始からこんなのはさすがに笑えない・・ただの虐めだよ。江上敬子が可哀想すぎる。面白いと思う?その企画意図がわかりません」などの批判が殺到。一部では和田さんと江上さんの関係性を考えて「パワハラ」とする意見もみられました。

ドッキリアワードへの批判の声

 これについて演出の意図などをTBSに問い合わせましたが、年末年始の休暇の関係で担当者からのコメントは得られませんでした。

 なおTBSは昨年「オール芸人お笑い謝肉祭'16秋」の「内容が下品」だったとして、「ピラミッドダービー」では「出演者をいなかったことにする」などの演出が問題視され、それぞれ放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議入りしていました。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響