ニュース
» 2017年01月29日 19時02分 公開

寒い季節に食べたくなる! シチュー・チャウダー・ポタージュ

この3つの違いって分かる?

[tenki.jp(,日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気 シチュー 「定食」が存在するほど、日本の食文化に定着しているシチュー

 1月もまもなく終わり。暦の上ではもうすぐ「立春」ですが、まだまだ寒い日々が続きそうですね。こんな寒い季節に食べたくなるのが、シチューなどの温かい汁もの料理。冬に美味しくなる牡蠣が入ったチャウダーや、かぼちゃのポタージュなど……皆さんそれぞれにお気に入りのメニューがあるのではないでしょうか? 日本の食生活にすっかりなじんだ、これらの料理の来歴をひも解きます。

シチューはいつから日本で食べられている?

 シチュー(stew)とは英語で、肉や魚介、または野菜をソースで煮込んだ料理の総称。日本には明治維新の前後に伝わったようで、明治初期の洋食店のメニューに「シチウ」が登場しています。

 大正時代に創刊された主婦向け雑誌には、早くもシチューのレシピが掲載されていました。大正〜昭和初期の食卓というと「和食中心では?」と想像しがちですが、実際はかなりの家庭に洋食が普及しており、多くの人びとがカレーやシチュー、魚のフライなどに親しんでいたようです。

 その後、イギリスやアメリカとの戦争により、洋風の文化が禁じられた時代に。そんな時代を経て、1950年代に始まったのが現在も続くNHKの番組「きょうの料理」です。この番組でも、開始から間もない時期にビーフシチューが紹介されています。

シチューの普及にさらに影響を与えたのは、「牛乳」の流通事情です。かつては缶入りや瓶入りの牛乳を配達してもらうのが一般的でしたが、1960年代ごろになると、スーパーマーケットなどで牛乳が1リットル単位で買えるようになりました。クリーム仕立てのシチューやグラタンなどを手軽に作れる環境が整ったというわけです。

チャウダーの発祥はアメリカ!

天気 シチュー 殻つきのあさりがたくさん入ったクラムチャウダー

 一方、チャウダーとは「とろみのついた濃いスープ」を指すアメリカ発祥の言葉。「chow(食事)」を意味するアメリカの俗語からきているとも、フランス語の「chaudiere」から転じたものとも言われています。

 「移民の国」アメリカでは、その土地に住む人びとの出身地や、入手できる具材によって、さまざまなチャウダーが作られました。たら(鱈)の入ったコッドチャウダー、とうもろこしを使ったコーンチャウダー、クラム(二枚貝)を入れたクラムチャウダー……。

 同じクラムチャウダーでも、イギリス系の移民が多かったボストンでは、クリーム仕立ての「ニューイングランド風チャウダー」が作られるように。そして、イタリア系の意味が多かったニューヨークでは、トマト仕立ての「マンハッタン風チャウダー」が一般的になったのです。

ポタージュは、実はスープ?

天気 シチュー うまみたっぷり、マッシュルームのポタージュ

 日本の食生活では、ポタージュといえば「コーン」、それに「かぼちゃ」。そこから、ポタージュと聞いて「とろみのある濃厚なスープ」と連想する人が多いかもしれません。

 しかし、「ポタージュ」とは実はフランス語で「スープ類」を表す言葉。フランス語で「鍋」を意味する「pot」で煮込んで作ることから、その名がついたと言われています。

 ロシアの「ボルシチ」や「シチー」、ハンガリーの「グーラッシュ」……世界じゅうに、その土地ならではの特色あるスープ料理が伝わっています。もともとは外来の料理である、シチューやチャウダー、ポタージュ。とはいえ、今や家庭料理として日本の食生活に定着していることは疑いの余地もありません。ことこと煮込んだシチューを食べて、この冬の寒さを乗り切っていきましょう!

参考:岡田哲「明治洋食事始め とんかつの誕生」(講談社学術文庫)、阿古真理「昭和の洋食 平成のカフェ飯 家庭料理の80年」

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」