【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」

健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり

» 2017年02月01日 17時10分 公開
[橘 慧,Kikka,加藤亘ねとらぼ]

 米ミネソタ大学の研究チームが「ウコンの主成分であるクルクミンの薬効成分には懐疑的」という見解を発表したのを受け、ウコンの主成分に効果はないと紹介しました。

 しかしこれは論文の趣旨とは異なるもので、あくまでも主成分のクルクミンが研究対象であり、そのクルクミンの薬効に懐疑的というだけで天然ウコンの健康への有益性に関しては否定できないというものでした。そのため、修正追記しました(2月2日)。



 世界のあらゆる場所で民間療法に利用されており、カレーのスパイスとしても活躍。日本では「二日酔いに効く」とドリンクや薬なども販売され、お酒の席では「頼むぞ!」と困ったときの救世主とも呼べる存在だった香辛料・ウコン(ターメリック)ですが、米ミネソタ大学の研究チームが最新の論文で「主成分のクルクミンに薬効成分は確認できていない」という見解を発表しました。な、なんてこった……。


 ウコン(ターメリック)の主成分である「クルクミン」には「健康によい作用を及ぼす物質である」という期待がなされていたのですが、今回発表された研究論文では、「そもそも体内に吸収されにくいので、薬効はあまり期待できない」と述べられています。

画像 論文より

 皆さまは「プラシーボ効果」という言葉をご存じでしょうか。簡単に言えば、思い込みが身体に対してよい影響を与えることを指します。日本語では「偽薬効果」と呼ばれることもあるので、読んで字のごとく。取りあえず身体によいと聞けば、イコールで薬効および何らかの効能が期待できるのでは? と信じ、取り入れた結果、病気の治癒が早まったり、元気になることがあります。今回のウコンもその「プラシーボ効果」に等しいのでしょうか? だとしたらなんとなくガッカリ。

 論文ではクルクミンに、「実際には何の効果もないけれど、研究の上では何か影響を与えているような偽の観測データを生み出す特殊な性質」とされるものが含まれていたのではないかと推測しています。何らかの効能が期待されていたクルクミンですが、実際は何の作用も及ぼさないかもよ、というのが今回の研究の趣旨です。


画像 「うぃー、ウコン、頼むぞ!」がウコン側にスルーされていた?(無料写真素材 写真ACより)

 なんにせよ、お酒の飲み過ぎには十分注意したいところです。最終的に頼れるのは己の判断力のみ。もし薬効がなかったとしても、ウコンくんにはこれからも色づけ担当や、カレーなどをおいしくする役目を果たしていってほしい。私たち人間もウコンも、存在理由はきっとある。「無意味」な存在なんてこの世にないはずだから……(落涙)。


「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない(2月2日更新)

 今回の論文ではウコン(ターメリック)の主成分である「クルクミン」に薬効がないかもしれないと懐疑的な見解が示されました。効果があるように見せかけるような物質が研究データに支障を与えているのではと指摘しており、今回の研究によって「貴重な研究リソースを最も効率的に使うようにするべき」と、新たな研究の方向の可能性を示唆する内容でした。

 ウコンの抽出エキスは肝機能によいとされ、日本では主にアルコールの友として親しまれています。この抽出エキスの主成分がクルクミンです。ウコンには鎮痛作用やコレステロール分解作用などさまざまな効能が期待されており、海外でもさまざまな研究が行われています。

 ではウコンの主成分であるクルクミンの薬効成分に懐疑的とする見解について専門家はどう思っているのでしょうか。医学博士で横浜薬科大学教授の渡邉泰雄氏にねとらぼ編集部が取材しました。

―― 今回の論文の見解について

渡邉教授 記事を掲載している雑誌はとてもいい研究を載せている雑誌で、インパクトファクター(IF)もしっかりしているため、信ぴょう性の高い論文を載せています。ただし、今回の論文の内容を詳細に読んでいないので分かりませんが、クルクミンに効能効果がないというのは言い過ぎではないでしょうか。なぜかと言うと、これまでに、IFの高い論文で細胞を用いたり、臨床試験であったり、動物実験であったりで、多くの効能が報告されているからです。

―― 体内に吸収されないので、効果は薄いということでは?

渡邉教授 「クルクミンは吸収率が悪い」というのは事実としてよく知られています。そこで私はクルクミンを微粉化するなどして吸収率を高める研究を行っています。つまり消化器官に吸収されやすくなるようにクルクミンを溶けやすくし、結果的に多数の効果が発見されています。さらに、吸収効果が低くても、腸内には免疫機能を有するパイエル板という機構も存在するので、吸収だけで判断するのは早計です。

―― ウコンがアルコールに効果があるというのは?

渡邉教授 そもそも日本では「ウコン=アルコールに効果がある」と思われがちですが、海外ではアンチエイジングやガン、心筋梗塞、脳こうそくなどに関する研究が盛んで、そちらがメインの研究と思われます。アルコールに関しては、胆汁排泄や胆汁促進機能をクルクミンは有するので、ウソではありません。

―― 論文もそうした趣旨で発表されたとありました

渡邉教授 今回の論文でも、詳細に読んでいないので批判は困難ですが、「クルクミンがどこから、どういう過程で採取されたものなのか」「どのような溶解性のクルクミンを対象に」したのか……。大きく研究結果が変わることがあります。溶けにくいクルクミンで研究をしたのなら何の効果か分かりませんが、見いだせなくても仕方がないと思います。

―― ウコンについても分からないことが多いということでしょうか

渡邉教授 ウコンはいわゆる生薬に分類されます。その中に含まれるは、鉄分が含まれているウコンもあるので肝炎を生じている方は肝を痛めます。クルクミンも、飲み過ぎると胃腸の障害を起こす可能性がありますし、適量ならばいい効果があるといわれています。私としては「ウコンに効果がない」と思うのであれば飲まなくてもいいと思いますし、絶対にウコンを飲んだ方がいいということもない、飲まないと何かが起きるわけでもないですから。

 教授によると、論文はあくまでも研究結果の一つであって、もしクルクミンに薬効がなかったとしてもウコンに含まれる別の成分に薬効があればウコン自体の薬効は否定されないという考え方もできるので記事は訂正すべきとの見解でした。

 また、ウコンといえば最初に思い浮かぶであろう「ウコンの力」を販売しているハウス食品の担当者にも話を聞くと、「論文中にも触れられている通り、可能性はあるが全容解明はされていない。結論が出ている話ではないので、正しいか間違っているかは証明されていない状況」とあくまでも今回の発表はクルクミンに関する研究成果の一つだと捉えているとのことでした。ハウス食品はウコンおよびクルクミンの研究を続けており、論文として掲載されているものも多数あります。

 さらに同志社大学 生命医科学部の市川寛教授にも聞いたところ、「(論文が掲載されているのは)IFが5点を越す雑誌なので、文句のつけようがありませんが 前述のごとく、あくまでもクルクミンに対する著者らの考え方であり、この論文が出たからと言って、薬効を否定するものとも思われません」との見解。「クルクミン同様、一般的なポリフェノール類なども消化管からの吸収は非常に悪いものがありますが、最近の考え方は食品因子は吸収される必要はなく、細胞の受容体や、腸内細菌との相互作用で有用な作用を生体に与えていると考えられています」とのこと。「吸収が悪いといって、クルクミンが薬効を持たないと断言するのはいかがなものかと思います。クルクミン自身、吸収されるとさまざまな物質に代謝されることも分かっており、クルクミン自身の薬効がないとは個人的には思っていません」と取材にコメントしています。

 ねとらぼでは記事中で「ウコンの主成分に薬効はない」と断定していた部分を以上の理由で訂正しました。また、論文がウコンの主成分であるクルクミンが対象であり、その薬効に懐疑的だというだけでウコンの健康への有益性を否定しておらず、誤解を与えるとして当該部分を修正しました。

関連キーワード

論文 | カレー | 大学 | 化学物質 | 健康


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」