ニュース
» 2017年02月04日 11時00分 公開

“攻めてる”CMはどうやって生まれた? 五ヶ瀬ハイランドスキー場CM担当者に聞いてみた

毎年話題になる五ヶ瀬ハイランドスキー場のユニークなCM。制作者に裏側を聞きました。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 “攻めてる”CMを連発していることで毎年話題になっている日本最南端のスキー場・宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場。その裏側を探りました。

五ヶ瀬ハイランドスキー場のポスター

 五ヶ瀬ハイランドスキー場のCMが最初に話題になったのは2013年シーズン。ふわふわのパウダースノーを女性の胸元で表現したちょっとエッチなCMでしたが、テレビ局から放送規制がかけられる結果に。翌年は「その節は、すみませんでした!」と反省し、主人公テッちゃんとヒロイン「南ちゃん」(藤田可菜さん)の恋愛ドラマ仕立てのCMを投入しました。

2013年シーズン
反省した結果の2014年シーズン

 2015年シーズンには「新・南ちゃん」を投入し二股をにおわせ、翌シーズンはゲス浮気がバレて振られたテッちゃんが元祖・南ちゃんと再会。最新CMではその路線を踏襲しながら地元を巻き込んだほっこりCMに仕上げつつも、「もしかして俺たち……入れ替わってない?」と流行のネタをぶち込んでくるなど飛ばしています(関連記事)。

二股テッちゃんな2015年シーズン
そして集大成、2016年シーズン
地元参加でほっこり、でもネタは忘れない2017年シーズン

 これらのユニークなCMをどのようにして作っているのか、制作秘話を電通九州のCMプランナー、左俊幸さんに聞きました。

―― インパクトの強過ぎるCMですが、内容はどなたが考えているのでしょうか?

左さん 制作会社「ランニング」のメンバーと一緒に、何度も打ち合わせを重ねてギリギリまで考えています。プレゼンした後も、撮影中も、ずっとみんなで話し合いながら、セリフ、コピー、ナレーション、音楽もギリギリまで考えて変え続けています。メンバーそれぞれ笑いのツボも女性の好みも違うので、それが結果的にCMの各タイプのバリエーションになっているような気がします。

一連のCMのヒロイン「南ちゃん」

―― 一連のCMの発端になった2013年シーズンのCMはどういうきっかけで作ったのでしょうか?

左さん 当時の五ヶ瀬ハイランドスキー場は、九州内でもあまり認知度が高くありませんでした。しかし、「宮崎にある天然雪のスキー場」という事実があるので、認知さえしてもらえればお客さんに来てもらえるのではないかと、「天然」をフックにしたインパクトの強いCMを作ろうと思いました。ただ、2013年シーズンのCMに関して振り返ってみると、採用されたクライアントさんの勇気がめちゃくちゃすごいと思います。

―― 2013年シーズンのCMは、深夜のみのオンエアになったとも聞きました。

左さん はい、ほかにも各方面でいろんな問題がありまして、「続編禁止」「下ネタじゃないCM」という条件のもと、2014年は再度企画することになりました。前年のCMは確かにさまざまな問題があったのですが、とにかく話題にはなったので、ここで真面目なCMを作ると、それこそ前年のCMが「ただの悪ふざけ」みたいになってしまうので、「前年のCMに乗っかっりつつも爽やかなCM」を目指しました。そして「南ちゃん」というキャラクターで「日本で一番南にあるスキー場」を訴求していきたいと考えたんです。

―― ネットでの反応についてはどう思っていますか?

左さん ありがたいことに、ネットでの反応は悪くないみたいです。ただ、ネットの反応だけを意識せず、あくまで「来たくなってもらうこと」「好きになってもらうこと」を目的にCMを制作しています。

―― CMに対する地元の反応はどうですか?

左さん 最初のころは、宮崎出身の後輩に「僕の地元で何をしてるんですか!」と怒られたこともありました(笑)。ただ、5年間も続いているので、最近では地元でも結構浸透していて、好感度も高いようです。好感度に関して言うと、CMの企画や内容ではなく、南ちゃん(藤田可菜さん)のキャラクターに負うところが大きいのではないかと思います。

前シーズンCMで結婚した南ちゃんには娘「雪ちゃん」が誕生

―― では、今後も南ちゃんシリーズを続ける予定でしょうか?

左さん 今は正直ノーアイデアですが、「南ちゃん以上の好感度を持つアイデア」が見つからない限りはずっと続けると思います。しかし、今シーズンの来場者数によっては、CMはもちろん、スキー場自体が存続の危機に陥ってしまう可能性もあります。行こうかどうか迷われている皆さんには、来シーズンではなく今シーズン、五ヶ瀬ハイランドスキー場に遊びに来ていただけるとありがたいです。また、近くにお住まいの皆さんには、何度も遊びにきていただけると、さらにありがたいです。

最新CMには町長も登場し町ぐるみで宣伝

―― 「制作メンバーそれぞれ笑いのツボや好みの女性が違うからこそ、CMのバリエーションにもつながった」とのことですが、ここまでたくさんのバージョンを詰め込むと、撮影期間もかかりそうですよね。

左さん 2015年シーズンまでは、1日で全タイプを撮影していました。2016年、2017年シーズンは2泊3日で五ヶ瀬に行って撮影しています。短期間でたくさんのバリエーションを撮影できるのは、クライアントさんの手厚いご協力とスタッフの皆さんの頑張りのおかげです。本当にありがたいと思っています。

―― 2017年シーズンのCMには五ヶ瀬中学校の生徒も出てきて、地元の人の温かさを感じました。地元出演者のみなさんはオーディションなどを行って募集したのですか? 撮影秘話などがありましたら教えてください。

左さん 地元出演者のみなさんは、五ヶ瀬ハイランドの方を通じてご紹介いただきました。ロケハン時に、何人かの地元出演者と会わせていただいたのですが、みなさんとても良い感じの方々でしたのでオーディション等は行っていません。撮影時、五ヶ瀬中学校のみなさんに「五ヶ瀬町の良いところを教えてください」と聞いた際、「美人が多いです!」とものすごい勢いで言われたのは印象深かったですね(笑)。

スキー場スタッフもCMに出演
五ヶ瀬中学校の生徒たち
どこかで見た「もしかして俺たち……入れ替わってない?」ネタも

―― 昨年は客足が落ちてしまったことを2017年シーズンのCMの中でも描いていますが、今年の客足はどんな状況ですか?

左さん 目標は4万人ですが、今年はオープンが例年よりも遅く、オープン後になかなか雪が降らなかったこともあり、まだ目標の半分も達成できていないという、非常に厳しい状況です……(※1月末現在)。でも、最近の五ヶ瀬は雪もバンバン降っているので、今この記事を読んでくださっている皆さんには、ぜひぜひ五ヶ瀬ハイランドスキー場に遊びに来ていただきたいです。

2017年シーズンの目標は4万人

 ユニークさが注目されている五ヶ瀬ハイランドスキー場のCMですが、一番の目的は集客。スキー場存続のためにも、多くの人に足を運んでもらえることを願っています。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/15/news042.jpg 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  5. /nl/articles/2208/10/news178.jpg 「この世で一番憎んでる」 画面左上に“謎の入力フォーム”が現れる現象に「ホンマにいらん」「何のためにあるのか分からない」の声
  6. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2002/02/news008.jpg 「ガムは75円。ガムはクッキーより40円安いそうです。チョコは何円?」 小2向けドリルの難問が誰にも解けない
  9. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  10. /nl/articles/2208/15/news037.jpg 全力イヤイヤ中の黒柴犬、突然背後を気にしだし…… “何か見えてる”様子に背筋がゾッとする

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい