ソフトボール選手はドッジボールで無双できるのか! ウインドミル投法のボールが速すぎて捕れる気がしない

ドッジボール界のバランスブレイカー。

» 2017年02月28日 23時00分 公開
[マッハ・キショ松ねとらぼ]

 小学生のとき、誰もが遊んだことのあるドッジボール。投げるときは上から、野球でいうところのオーバースロー投法を使っていた人が多いのではないでしょうか。しかし、YouTube上には腕をグルンと回して下から放るソフトボールの投げ方で豪速球を繰り出している動画が公開されています。


ドッジボールって、ソフトボール経験者にむっちゃ有利な競技だったのか!

 動画には、海外の女性が体育館内でドッジボールの練習をしていると思われる様子が収録されており、ほとんどの人がオーバースローのように肩の上からボールを投げています。フォームもしっかりしており、熟練者の集まりのようですが、1人だけソフトボールで一般的なウインドミル投法(腕を風車のように1回転させ下から投げる)を使う人物が。ほかのプレイヤーを圧倒する球速で、狙った相手に連続して当てています。豪速球すぎて、人間もカメラも反応しきれない無双っぷり。


画像 ボールをわしづかみにして

画像 腕をグルンと回して投げると

画像 カメラも追い付けない球速

画像 別の相手を狙っているところ

画像 胴体あたりの捕りやすい場所ですが

画像 キャッチに失敗し、ボールがコロコロ

 日本ソフトボール協会によれば、ウインドミル投法は腕を回すときの遠心力で球速をあげられるのが特徴で、女性トッププロでは時速105〜110キロ以上にもなるとのこと。野球に比べるとピッチャーからキャッチャーまでの距離が短く(女性で13.11メートル)、同競技に換算するとその体感速度は160キロを超えるといわれています。

 ちなみに、日本ドッジボール協会が紹介している公式ルールでは、内野片面の面積は縦横ともに10メートルとさらに短くなっており、位置取りによっては数メートル程度の至近距離から相手が投げてくる可能性も考えられます。ボールの大きさなどが違うため、ドッジボールのウインドミル投法がどれくらいの球速になるのかは分かりませんが……うん、取りあえず捕れる気はしないなこれ。


マッハ・キショ松


関連キーワード

野球 | YouTube | 海外


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評