ニュース
» 2017年06月05日 17時26分 公開

【画像60枚超】どこもかしこも世界チャンピオンだらけ! レッドブルエアレース2017、会場のパフォーマーを総力取材 BMXにスケボー、JETDECKも

神業のオンパレード。

[Kikka,ねとらぼ]

 6月3日から4日まで千葉県・海浜幕張公園で行われたレッドブル・エアレース千葉2017関連記事)。世界最高峰の飛行技術を競う同大会を、パイロットとともに盛り上げたパフォーマーたちのスゴワザを振り返ります。

新感覚マリンスポーツ・JETDECK

 レースが行われた千葉、幕張の海にハイドロフライト界で最も進化したといわれる新感覚マリンスポーツ「JETDECK」が登場。脚に装着した特殊な装置により水上バイクの水圧で約20メートルの高さまで上昇し、バックフリップやスピン、スラロームなど巧みにトリックを決めていきます。今年は3人の日本人ライダーが登場し、勢いのあるパフォーマンスを見せつけました。


レッドブル・エアレース まるで空を飛んでいるかのようなJETDECK

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

MOTOR PARAGLIDER

 海上にどこからともなく現れたのは、モーターパラグライダー。登場したのはレッドブルアスリートでパラグライダーを使ったアクロバット飛行の第一人者・Pal Takatsさんです。急降下からのトリッキーな急上昇。さらには脚での海面タッチといった人間離れした技を披露し、観客を沸かせました。


レッドブル・エアレース 海面スレスレの飛行で会場を沸かせたモーターパラグライダー

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

エアロバティック飛行

 続いて登場したのは、空を縦横無尽に駆け抜けるエアレース用飛行機。勢いよく急上昇したのちにエンジンをストップさせ、機体を急降下させるという究極のテクニックを披露し、オーディエンスからは悲鳴があがる一幕も。スモークで千葉の頭文字「C」とハートマークを作り上げ、さっそうと飛び去っていきました。


レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース エンジン停止の技

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース ハートを描いてさっそうと飛び立った

Slacklining ショーケース

 ベルト状のラインの上で飛ぶ・跳ねるなど複雑な動きを組み合わせることでトリックを決める「スラックライン」では、女性パフォーマーとキッズパフォーマーが躍動。臆することなく、全力でジャンプを決めたり、バク宙などの高難度技が決まると、会場からは惜しみない拍手が贈られました。


レッドブル・エアレース 細いベルトの上は立つだけでも難しそう

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

BMXとマウンテンバイクが空を飛ぶ、AIR TRICK SHOW


レッドブル・エアレース 大ジャンプが飛び出したAIR TRICK SHOW

 ジャンプ台を自転車で飛ぶことにより、ダイナミックな技を繰り出す「AIR TRICK SHOW」は大盛況。警官帽とワイルドな髭がトレードマークのワダポリスさんが会場を煽るとオーディエンスからは熱い声援が贈られ、選手たちは期待に応える大ジャンプや高難度の技を連発しました。


レッドブル・エアレース 会場を盛り上げたワダポリスさん

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 技が成功すると観客とハイタッチ

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 次々飛び出る神業に来場したお客さんも笑顔

STREET SESSION STAGE

 世界最高峰のブレイク・バトル大会で世界一に輝いたISSEIさん、日本を代表するB-BoyのTAISUKEさんらが神業パフォーマンスを行っていたのは、STREET SESSION STAGE。次々と決まる足技や全身を使ったブレイクダンス(BBOYING)にオーディエンスは大熱狂でした。

 さらに昨年も会場を沸かせたフリースタイル・フットボーラーのTOKURAさんとHIROKIさんも登場。巧みな足さばきでボールをコントロールし、喝采を浴びていました。


レッドブル・エアレース 卓越した技術のブレイクダンスを披露

レッドブル・エアレース HIROKIさん

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース TOKURAさん

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

スケート&MBXショー(ファルケンブース)

 今大会を制した室屋義秀選手をサポートしているファルケンブースでは、バーチスケートボードの世界チャンピオンで、レッドブルアスリートのSandro Dias選手がスペシャルパフォーマンスを披露しました。またBMX界の新星、中村輪夢(りむ)さんやプロライダー高木聖雄さんも完成度の高いパフォーマンスを披露しました。


レッドブル・エアレース 手を降ってくれたSandro Dias選手

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 高木聖雄さん

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

 レース以外でもレッドブルアスリートのスゴワザが光った千葉大会。各アスリートのこれからの活躍に期待です。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた