恐竜と重装備の動物が戦ったらどっちが勝つのか 「Beast Battle Simulator」で試したらカオスしかなかった

限られた予算内で動物を集めて戦う、チャレンジモードのゲーム性がけっこうアツい。

» 2017年08月26日 13時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 動物や恐竜が入り乱れて戦うPC向けシミュレーター「Beast Battle Simulator」が、Steamの早期アクセスに登場しました(定価980円、執筆時セール価格882円)。なぜか動物たちが搭載された大砲やガトリングガンをぶっ放す、トレーラーのカオスっぷりにハートをつかまれたので、早速購入して遊んでみました。

※残酷な表現があるので、苦手なかたはご注意ください。


ALT 動物vs恐竜、ファイッ!

 基本的にゲームではなく、自動で戦う動物たちを眺めるソフト。「サンドボックスモード」では、12種類のフィールドを選び動物たちを自由に配置できます。まずは収録されている動物22種類と、恐竜10種類でチームを分けて戦わせてみました。結果は、個々のポテンシャルに優れる恐竜チームの勝利。動物チームは大半が草食ですし、仕方ないですね。


動物チーム ライオンやゾウ、ダチョウやイヌなど、大小22種類がそろう動物チーム

恐竜チーム 対する恐竜チームは、ティラノサウルスを筆頭に戦闘力に秀でる10種類。なお、配置数に制限はなさそうでしたが、試しにゾウをたくさん置いてみたところ、600頭あたりでソフトが強制終了したので、PCのスペックに制限されると思われます

激突 開戦するなり、侵略されていく動物たち。数だけじゃ勝てないか……

 しかしトレーラーにもあるように、動物たちに重火器を積んで武装することもできます。そこで、先ほど負けた動物チームに、火炎放射器や大砲などを与え武装させてみました。さらに前線には固定砲台まで設置。動物と恐竜の間に砲弾が飛び交う壮絶なカオスバトルの末、動物チームに軍配が上がりました。まあ、そこまですればねえ……。


武装 1匹につき3つまでの武器を装備可能。動物チームに圧倒的なハンディキャップを与えてみました

銃撃 無数の火線が恐竜を襲う

乱戦 乱戦の末に動物チームが勝利。自由にもほどがある

1対多 試しに完全武装のティラノサウルスへロバ85頭を仕向けてみたら、数の暴力でロバが勝ちました

 バトルシミュレーターとはいえ、ちょっと殺伐としすぎでは……と思ったら、フィールドのなかに3種類のサッカー場が。これらを選ぶとルールが変わり、3点先取のサッカーで平和的に競うことになります。試してみると、連携などまるで考えずボールに集まる動物たち。もみあううちに死傷者が出て、全然平和的になりませんでした。


キックオフ むしろバスケのジャンプボールのようなキックオフ

タックル AIがサッカーをよく知らないようで、動物たちはひたすらボールへ殺到。結局乱闘めいた試合になってしまいました

 「ブタの群れに武器を与えてティラノサウルスを撃破」「草食動物だけで肉食動物を倒す」といった30種類のお題に挑む、ゲーム性のある「チャレンジモード」も用意されています。定められた予算の範囲内で陣容を整えなければならないので、一点豪華主義で強い動物を用意するか、数で押すかといったやりくりが楽しい。


ブタ対T-REX 18匹のブタで1頭のティラノサウルスに挑むシナリオ。このままではまず勝てないので、限られた予算で武器を買って強化します

砲撃 撃ち〜かた〜始め〜!

逆襲 ティラノサウルスの逆襲。ぎゃあああ

勝利 最後に生き残った1匹のブタが、火炎放射でティラノサウルスを炎上させ勝利

 ただ動物たちを配置して戦況を眺めるだけではすぐに飽きそうなところですが、チャレンジモードはけっこう歯ごたえがあり、しばらく楽しめそうです。お題によっては動物1体を操作することも可能で、TPS(三人称視点のシューティング)のように遊ぶこともできます。ときには肉体が欠損するなど表現が刺激的で、人を選ぶ作品ではありますが、何をやっても大体シュールな絵面が見られるので個人的には好きです。


対ペンギン ツンドラでの対ペンギン軍団戦。ステゴサウルスに火炎放射器を積み、自分で操作して戦ってみました

ステゴザウルス ヒャッハーしようと思ったら、氷に足をとられうまく操作できず大苦戦。ペンギンあなどりがたし


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評