コラム
» 2017年09月03日 11時30分 公開

「長門は俺の嫁」は日本語として間違っているのか?

二次元でも三次元でも。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 長門は俺の嫁――

 数年前、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が放映されていた際に、ヒロインの1人である長門有希を愛するファンたちが競って使った表現だ。

 現在でも、かつてほどではないが、様々な二次元のキャラクターに対して「俺の嫁」という表現が使われている。

 しかし、これは誤用だ、とする意見がある。

 「嫁」とはそもそも、息子の配偶者(妻)を意味する言葉で、「婿(むこ)」の対義語である。家制度のもとで、外部から家に入ってくる女性というのが本来の意味であり、それは「女」+「家」という漢字の成り立ちを見ても分かるだろう。

 つまり、彼ら(彼女ら)が長門有希を自身の妻として「俺の嫁」と呼ぶのは間違っている、という考えだ。

 もちろん彼らに息子がいて、その妻として長門有希を迎えたい、という意味であれば正しい使い方だが、そのように使っている人はおそらくいなかったであろう。

正しい表現は?

 ではどのように言えば良いのか。「長門は俺の妻」? なんだか堅苦しいし、軽やかさに欠ける。彼らは時に一夫多妻制を採るので、ひとりの女性に対して重々しい表現は使いたくないという理由もあるのかもしれない。

 この葛藤を感じていたのは二次元好きだけではなく、三次元に生きる男たちも、「妻」以外の自身の妻を指す言葉を欲していた。

 そこで使われるようになったのが、本来息子の妻を指す「嫁」であり、本来他人の妻を指す「奥さん」であったのだ。

 現在では広辞苑をはじめ、多くの辞書で「嫁」の「自身の妻」という用法が採用されるようになった。こうして彼らは、名実ともに「俺の嫁」は「正しい日本語」であると主張できるようになったのである。


 余談だが、「俺の嫁」と検索すると「俺の嫁が可愛い」という投稿型サイトが1番上にヒットした。中をのぞいてみると、リア充が自身の妻や彼女を自慢し、ノロケるというものであった。

「俺の嫁」のGoogle検索結果

 思わず中身を読みふけってしまい衝撃を受けたが、これは夫への憎しみを投稿するWebサイト「だんなDEATH NOTE」に対する、制作者の「なんだかなー」という思いから開設されたとのこと。まさにインターネットの光と闇を見た思いである。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」