ニュース
» 2017年10月10日 17時45分 公開

写真のために枝をポキッ! 景勝地での度重なるマナー違反にプロカメラマン「もっと謙虚な気持ちで」

私有地で用を足すなど考えられないマナー違反が続々。

[Kikka,ねとらぼ]

 間もなく始まる紅葉シーズンを前に、「構図のために草花を傷つける」「私有地で用を足す」など景勝地における撮影マナーがネット上で議論されています。彼岸花の群生で有名な九品寺と、全国各地の絶景写真を撮影するプロカメラマンを取材しました。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 わに塚の桜と富士山

 スマートフォンの普及や中高年層のカメラブームなどで、景勝地には多くの人が訪れるようになりました。なかでも人気があるのが草花が群生するスポットでの撮影です。人気のシーズンともなると、全国各地から多くの人が訪れる他、早朝より多くの人が列を作ります。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 寺坂棚の彼岸花

 そんななか持ち上がったのが、撮影者によるマナー違反についての話題です。例えば彼岸花の群生で知られる神奈川県鎌倉市の九品寺では、「咲く寸前で無残に踏み荒らされた花」「マナーの悪いカメラマンが自分の構図に合わない花を折ってるのを見かけた」「故意に倒したのではないか・・・と思えるような倒され方」などの声が上がっており、土地の所有者や近隣住民に迷惑を掛けているケースがあるとのこと。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

撮影場所は私有地、「ルールを守って拝んでいただきたい」

 ねとらぼ編集部では、カメラマンによる撮影の影響やそのマナーの実態について九品寺にお話を伺いました。

――撮影者のマナーについて、ネット上で話題となっています。

九品寺そうなのですか。しかし、マナー問題については今年だけのことではなくて、数年前から困っています。

――撮影ブームのきっかけはあったのでしょうか。

九品寺御朱印ブームやカメラブーム盛り上がってから、グループで撮影にいらしたりする方が増えた印象です。また最近鎌倉三十三観音霊場がテレビで取り上げられたので、そこからまた増えていますね。

――具体的にはどんなマナー違反があるのでしょうか。

九品寺撮影に夢中になって植え込みに足を踏み入れてしまう方、そのまま奥の方まで行ってしまう方、お墓にまで足を踏み入れてしまう方、本当にいろいろな方がいらっしゃいます。例えばうちのお寺には一般参拝者用のお手洗いがないのですが、敷地内で用を足してしまう方がいらっしゃいます。あくまでも私有地なのですが、個人の家ではないから良いだろう、お寺なんだから良いだろうと思われる方がいらっしゃるようです。

――撮影モラル以前の部分のような気もしますね……。

九品寺そうですね。中には近隣のアパートの敷地で用を足した方もいて、住民の方とトラブルになったこともあります。

――一番困っているのはどんなことでしょうか。

九品寺檀家さんに迷惑が掛かってしまうことですね。本堂の前に座り込んでしまって、檀家さんがお参りできないといったことが度々起きています。うちは観光寺ではなくて、檀家寺ですから、そのあたりの区別はつけていただきたいです。

――撮影者の中には、「敷地所有者に事前に許可を取るべき」という人と、「無用な連絡は差し控えるべき」という人がいるようですが、どちらが良いのでしょうか。

九品寺最近は旅行会社やカメラ教室の方など、事前に連絡をくださるケースも増えてきました。団体(大勢)で見える場合には、事前に連絡を入れてもらったり、現地で一声かけていただけたりするとありがたいですね。

――その他、撮影者はどんなことを注意すれば良いでしょうか。

九品寺基本的にはお花が豊富なお寺ですから、たくさんの方に愛でていただくことはうれしく思っています。ただ、芝生の中には入らないということ、三脚を立てる位置や立て方には注意するということをお願いしたいです。また土日に関しては一般の参拝客の方もいらっしゃいますので、配慮していただきたいです。そして撮影だけでなく、お参りもしていっていただけるとうれしく思います。


 九品寺では目に余る場合は声がけを行っているとのことですが、中には注意を聞き入れてくれない人もいるとのことでした。

梅の木を折ったり、景色を楽しむカップルにブチ切れる中高年カメラマン

 続いてお話を伺ったのは、ねとらぼでも活躍するプロカメラマンのRyo Tajimaさんです。Ryoさんは国営ひたち海浜公園のネモフィラあしかがフラワーパークの藤など、全国各地に赴き、季節の花々や風景を撮影を行っています。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 寺坂棚田の彼岸花

――撮影者のマナーがネット上で議論されていますが、プロの目から見て、近年の撮影マナーなどはいかがでしょうか。

Ryoさん:本当に残念なことですが、年々悪くなってきています。特に中高年の方のマナーの悪さが目立っていると思います。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 濃溝の滝。撮影者の中には規制線を越える者もいるという

――中高年の方ですか。

Ryo全ての方がそうではありませんが、年配の方の「自分が、自分が」という感じやマナー違反の多さはいただけません。例えば「わに塚の桜」(山梨県韮崎市)という撮影スポットに行ったときには、桜の前を通った地元の人に中高年のカメラマンが「撮ってんだから、前くんなよ!」と怒号を飛ばしているのを見たことがあります。その他にも「龍の口竹灯篭」では、灯籠を鑑賞していた若いカップルに年配のカメラマンが「立ち止まるな!」とブチ切れていました。こうした人たちは自分たちの立場を履き違えていると思います。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 地元の住民とカメラマンとの通行トラブルがあったというわに塚の桜

巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 夜も美しい顔を見せる

巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

――自分の立場、というのはどういうことでしょうか。

Ryoカメラマンの中には「写真を撮っている人が優先される」と思い込んでいる人がいます。しかし、僕はそうは思いません。僕自身は楽しんでいる人が一番優先されるべきで、カメラマンたる自分たちは一番下の立場だと考えています。楽しんでいる人たちの合間で撮らせていただいているというか。もっと謙虚な気持ちでいなくてはいけないと思うんです。

――Ryoさんが見た中でもっともひどいな、と感じた出来事はありますか。

Ryo静岡県の岩本山公園でのお話ですが、僕の目の前にいた年配の男性カメラマンが梅の木の枝をポキッと折ったことですね。

――そんな人、本当にいるんですか。

Ryoごく少数ながらいます。カメラマンは撮影の構図をものすごく大切にしているのですが、自然のものを撮るとなればどうしても「これさえなければなぁ」ということが絶対に出てきます。しかしそれはみんな心の中にとどめておくものであって、実行するのは絶対に許されない行為です。キレイな風景を撮るために、カメラマンが景色を壊してしまっては元も子もありません。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 山中湖花の都公園のコスモス

――どうしてこのようなマナー違反が増えてきてしまったのでしょうか。

Ryo僕がカメラを始めた6〜7年前は、まだデジタル一眼レフがそこまで普及しておらず、カメラ本体の値段も高かったので、一般受けする趣味とまでは言えませんでした。しかし、近年カメラ本体の価格がだんだん下がってきたことなどから、定年退職をした層の人たちがカメラを趣味とし始めました。そのころからカメラ人口が増えはじめ、それと並行してカメラマンのマナーが悪くなってきたという印象です。

――カメラのマナーとは具体的にはどんなことを指すのでしょうか。

Ryoカメラでは一般の方に対するマナーとカメラマン同士のマナーが存在します。一般の方に対してはとにかく迷惑を掛けないことです。例えば通路の狭い場所で三脚を目いっぱい広げる、通行のじゃまになるような場所ではそもそも三脚を使用しないなどです。あとは現地のルールに従うことも大切です。水族館などではさまざまな理由からフラッシュ撮影を禁止しているところがありますので、そういった場所ではフラッシュを使用しないというような基本的なことです。ただ初心者の方でオート設定にしていたために意図せずフラッシュが光ってしまったというようなことはあり得ると思いますので、そういったときには次回から気をつけようと思っていただけると良いと思います。周りから見ても初心者の方だなというのは分かりますので。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 国営ひたち海浜公園のコスモス畑

――カメラマン同士のマナーという点についてはいかがでしょうか。

Ryoこれは非常に複雑です。先ほど話題にあがっていた「カメラの前を通る」も一般の方だと何も問題ないのですが、カメラマンが通ってしまうと空気がピリッとします。また例えば「ホタルの撮影」の場合にはどんなささいな光でも撮影の邪魔になってしまうので、ファインダーの光をつけない、補助光を使わない、などかなり厳しいルールが存在し、ハードルの高い撮影テーマとして知られています。また割り込みに関してのトラブルはとても多いです。

――具体的にはどんなトラブルなのでしょうか。

Ryo朝からずっと並んで確保した場所に「ここ空いてるでしょ?」「入れますよね」などといって、イベントの少し前に割り込んで来る人がいるんです。例えば花火大会等の場合、三脚を使って撮影を行うわけですが、ちょっとでも三脚が動けば、何時間も掛けて考えた構図が台無しになってしまうんです。それなのに三脚がずれるようなことをするのはマナー違反ですし、場所を確保したいならやはり早朝から並ぶべきです。その他にも場所を確保してから持ち場を離れていると、三脚が倒されていたり、三脚自体を盗まれたりということもあります。何十万円もする三脚を使う人は場所取りには安い三脚、本番では高価な三脚など使い分けもしています。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 鴻巣のコスモス畑

巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

――先ほど「朝から並ぶ」といった話もありましたが、1枚の写真を撮るのにどのくらいの時間をかけるのでしょうか。

Ryoケースバイケースですが、朝日とともにお花などを撮りたいのなら、夜中からその場所で待つこともありますし、天の川の撮影なら夕方ごろから現地で準備をはじめます。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

――現在カメラを趣味にしている人、これから始めようとしている人にマナーに関するアドバイスをお願いします。

Ryoまずカメラマンは一般の方からすれば邪魔以外の何物でもないということを覚えておいていただきたいです。そして撮影に行く前には、ネットなどで場所の特性やトイレの位置などを確認した上で、その場所ならではのマナーなどを書いてくれているサイトを探すと良いと思います。初心者のうちはルールなんて分かりませんし、僕自信も気付かぬうちにマナー違反をしてしまった経験があります。それらはやはり無知が原因なので、自分で調べたり、カメラを趣味にしている人に相談してみるのは有効です。「カメラが普及するにつれてマナーが悪くなった」といわれがちなので、一人ひとりが意識して、マナーの向上に務めていくことができると良いなと思います。


巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝 巾着田の彼岸花

巾着田 寺坂棚田 鴻巣 濃溝の滝

画像提供:Ryo Tajimaさん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」