ニュース
» 2017年10月12日 21時20分 公開

米国の交通局がとち狂ったマナー動画「超親切」公開 変身ヒロインが迷惑行為をより迷惑な方法で撃退

なぜか一部日本語。

[コンタケ,ねとらぼ]

 米国の交通系公共事業体であるロサンゼルス郡都市圏交通局が、マナー啓発動画「Super Kind」(「超親切」との表記も)シリーズを3本公開しました。電車やバス車内の迷惑行為を変身ヒロインが撃退するというものなのですが、展開が狂っていたり中途半端に日本語が登場したりと全体的にカオス成分が強め。(意図的に)間違った日本のポップカルチャー理解を感じる……。







 現在公開されているのは、モンスターのきぐるみを着た“迷惑ボーイ”が車内に自転車を持ち込む「ブロッキング」編、食事をする「イーティング」編、荷物を席に置く「ホギング」編の3つ。どれも撃退後にさらなる迷惑を生み出しています。だめじゃん。

 「ブロッキング」編では、謎のビームを発射して自転車を紙吹雪に変えてしまうという大変豪快な方法で解決します。が、その結果車内は紙吹雪まみれに。ひとしきり盛り上がった後、1人でほうきがけをしているシーンが哀愁を誘います。


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 車内に自転車を持ち込む“迷惑ボーイ”発見!


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 なんとかしなくちゃ!


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 変身


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 謎ビーム発射


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 自転車が消滅して紙吹雪に


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 車内は大盛り上がり!


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 1人でお掃除……

 「イーティング」編では、“迷惑ボーイ”が食べているお菓子をカービィのごとく吸い込むのですが、周囲の関係ないものまでどんどん吸い込んでいきます。


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 まるでカービィ

 「ホギング」編が一番ひどく、バス停に着くと同時に席に置かれていた荷物を車外にポイーっと投げ捨てます。もはやただの不法投棄でしかありません。頼むから捕まってくれ。


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 ポイー


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 ただの不法投棄

 動画内では途中に正しいマナーを歌で説明するパートがちゃんとあるのですが、どうにもオチが強すぎていちばん重要なマナー啓発部分が頭から抜け落ちてしまいます。むしろ「迷惑行為をすると『Super Kind』がくるぞ!」的な意味で啓発効果が強そうです。


ロサンゼルス郡都市圏交通局 Super Kind 超親切 正しいマナーを歌と踊りで解説するパート。一応ここがメイン……のはず

関連キーワード

アメリカ | ポップカルチャー | 公共


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」