「ワニはサメを捕食できる」 米大学の研究チームが発表

水中版「エイリアンvsプレデター」?

» 2017年10月19日 10時00分 公開
[たけしな竜美ねとらぼ]

 米カンザス州立大学の魚類研究者であるJames Nifong氏と研究チームは、「大西洋の湾岸周辺に生息するワニは、小さなサメやアカエイを捕食している」と発表しました。この論文は「頂点捕食者同士である、ワニがサメを捕食する」ということに関する、初めての研究発表なのだといいます。

ワニ サメ ワニがサメを食べる様子(写真:合衆国魚類野生生物局)

 この研究によれば、アメリカ南東部にあたるジョージア州のジョージア海岸からフロリダ半島周辺の沿岸において、サメを捕食するワニが観測できたそうです。

 ワニは淡水に、サメは海水に生きる生物ですが、なぜそのようなことが起きるのでしょうか。Nifong氏によれば、多くのサメが淡水でも生息可能で、実はワニも条件付きながら海水域での活動が可能なのだといいます。

 ワニは塩腺(体液中の余剰な塩分を排出する分泌腺)を持っていませんが、海水と淡水が混じった汽水域(きすいいき)ならば、真水を探して摂取することで一定時間ながら活動が可能となります。その証拠としては、川が海へと注ぎ込む河口付近に住むワニにGPSを付けて行動を記録したところ、汽水域と淡水域を行き来しているデータが数多く検出されたのです。

ワニ サメ アメリカアリゲーター。別名ミシシッピワニ(Wikimedia Commonsより)
ワニ サメ 淡水にも生息可能な、危険なサメとして知られるオオメジロザメ(Wikimedia Commonsより)

 またワニは日和見的捕食者であり、環境次第で食べるものが変わります。これはワニが自分の口に収まる獲物なら何でも食べてしまう、ということで、すなわちワニの前に手頃な大きさのサメがいれば、公開された写真のように食べられてしまう可能性があるのです。

 その逆もまたしかりで、実際には身体の大きさが問題なのだといいます。仮にサメがワニより大きければ、ワニの方が食べられてしまう可能性が高いそうです。

 Nifong氏によれば、この研究結果は淡水の河川システムと食物連鎖を調査する大きな研究プロジェクトの一環として、ワニの食性を調査した際に発見されたものとのことです。

たけしな竜美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」