ニュース
» 2017年11月11日 14時00分 公開

「ゲームやってない奴って話がつまんなくないですか?」 ガチゲーマー芸人「ヤマグチクエスト」のゲームへの異常な愛情(2/4 ページ)

[イッコウ,ねとらぼ]

ゲームをやることは本を読むことと変わらない

―― ゲームは「時間の無駄だ」とか言われがちですが、これについてはどう思います?

ヤマグチ: 例えば、「勉強してなくても、野球頑張ってるんだからいいじゃん」みたいな風潮あるじゃないですか。これ、今やゲームで結果出して金稼いでる人がいる中で“何でゲームだけ下に見られてんのかな”と思います。“スポーツと一緒じゃない?”って。

 他のゲームだってたくさんの大人が寝ずに仕事をして考えて作ってるものじゃないですか。これを見て自分もゲーム作ってみたいと思えるなら、それは全然無駄じゃないと思います。そういう作り手のことを考えたらそこに加わってみたいと思うきっかけになるかもしれないし。

 物語を楽しむという意味で言えば、本を読むのと変わらないと思うんですよ。むしろ想像力を働かせながらじゃないと読めない本に比べれば手軽ですし。親に「ゲームは1日1時間でもっと本を読みなさい」と言われたりしましたけど、それでも負けずにゲームをやり続けて良かったなと思いますね。僕は本も読むんですけど、ゲームのおかげで今も仕事がもらえてるんで。


ヤマグチクエスト ヤマグチクエストさんもプレゼンした「428〜封鎖された渋谷で〜」。群像劇として物語が進行するサウンドノベル(画像は「428〜封鎖された渋谷で〜」公式サイトより)

―― ゲームに関する仕事とかも来てるんですか?

ヤマグチ: むしろそればっかりですね……「実況パワフルプロ野球」のeスポーツ大会の解説とか。もう、お笑い一切無しですよ(笑)。僕はゲームも好きなんですけど、野球も好きなんで。特にオリックスの試合は全部見てます。

―― ゲームが好きすぎてまわりと温度差を感じたり、バカにされたりとかはなかったですか?

ヤマグチ: これはホント、思う所あるんですよ。昔はほぼ蔑称だったオタクという言葉を今はファッションとして使うヤカラが現れたじゃないですか。これはありがたくて、要するにゲームが好きってことが恥ずかしくなくなったんですよ。僕がプレゼンしたときも、そのゲームを知らない人も多かったんですけど、逆に「(プレゼンしてくれて)ありがとうございます」ってSNSで言ってもらえたりもして、やって良かったなって思いました。

 例えば「moon」の話がしたいのに、“「moonって知ってる?」って聞いても絶対知らないだろうな……”って諦めてた人っていたと思うんですよ。そういう“絶対盛り上がらないから”と思って今日まで生きてきた人たちが、僕が「好き」って言ったことによって、他の人達も堂々と「moon」の話をできるようになったみたいです。

 僕の場合はゲームが好きって隠してたんです。ゲームの話ができる友達が周りにいなくて。ポケモンの話になって僕が数値がどうのこうのいっても周りは引いちゃうのが分かるし。ゲームばっかりやってるって、やっぱりバカにされる風潮がありますから。


「マリオランを叩いていた奴らダサくないですか?」

―― 好きな(尊敬する)クリエイターはいますか?

ヤマグチ: 桝田省治(※)さんです。ダントツです。この人のゲームは狙って買うくらい。あとは「moon」とか「チュウリップ」のラブデリック(※)さんラインですね。「Million Onion Hotel」もやりました。

※ 桝田省治:「リンダキューブ」「俺の屍を越えてゆけ」「天外魔境II」などを手掛けたクリエイター。

※ ラブデリック:かつて存在したゲーム会社。「moon」「UFO A day in the life」「L.O.L. 〜LACK OF LOVE〜」を生み出したことで知られる。「チュウリップ」や「Million Onion Hotel」などはラブデリックの主要クリエイターが関わっているため、「ラブデリック系ゲーム」などと呼ばれる。


ヤマグチクエスト 桝田省治さんにサインしてもらったという「俺の屍を越えてゆけ2」

―― 家庭用ゲームがスマホに押されてきてますけど、どう思います?

ヤマグチ: スマホゲーがすごく伸びて家庭用ゲームが縮んでるというよりは、普段家庭用ゲームをやらない層がスマホゲーをやってスマホゲーが拡大してるだけじゃないの? と思います。家庭用ゲームってラジオみたいなもので、昔から愛してる人はずっとプレイするじゃないですか。……でも、ワクワクするCMが昔ほど見れなくなったのは残念ですね。スマホゲーのCMで「○○のSSRもらえる!」みたいなこといわれても全然ピンと来ないです。

―― スマホゲーと家庭用ゲームとの違いは感じますか?

ヤマグチ: すごいライトですよね、肘をついて画面をタップしてる人をよく見ますけど。ストーリーは楽しんでないんだろうなと思います。

―― 「ガチャ」についてはどう思いますか?

ヤマグチ: いいんじゃないですかね。基本無料のものをやってて、有料でガチャを引くかどうかの選択肢があっても。自分では絶対課金しないですけど。

 ……否定はしないですけど、マリオランって最初の3ステージだけ無料で途中から有料ってことで、スゴイ叩かれ方してましたよね。有料ってことに納得できなかったみたいですけど、叩いてる奴らダサいですよね。ダサくないですか?(笑)。叩いてる側が正義ぶってるのが「ダサッ」っと思って。ちょっとは遊べたんだからむしろ喜べと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」