コラム
» 2017年11月13日 16時22分 公開

凍らせて2つに折って食べるアレの謎 実はメーカーでも答えが割れる「中央のくびれの存在理由」

あのくびれは、半分に折るためのものじゃない?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「ポッキンアイス」「棒アイス」などと呼ばれており、凍らせてから2つに折って食べるアレ。「中央のくびれはもともと、折るためのものではなかった」といううわさがネット上で話題になっています。

 メーカー各社に取材し、真偽のほどを調査してみたのですが……かえって謎が深まってしまいました。


2つに割るアイスのくびれの正体

 先日、Twitter上でハッシュタグ「#実は最初はそうじゃなかったこと」に投稿が集まり(関連記事)、その中に「棒状の容器中央のくびれを最初に設けたのは、1975年発売の『チューペット』。当初は中身を均等に凍らせるためのものだった」という情報が。

 これによれば、「くびれ=ポッキンと折る場所」という認識は、当時の購入者が「くびれ部分を利用して凍らせてから折る」という食べ方を発見し、それが広まったことで定着。メーカーにとっては想定外なことだったとされています。


2つに割るアイスのくびれの正体 Togetterにもまとめ記事が登場。え、折るための形状じゃなかったの?

 この件について、「チューペット」の製造元に取材したものの、同商品は2009年に生産終了(関連記事)。「分かる人間が社内にいない」とのことで、話を伺うことができませんでした。

 そこで別のメーカー3社に取材したのですが、そのうち2社は「均等に凍らせるためにくびれを入れるという話は聞いたことがない。あの形状は折りやすくする目的」と驚いた様子。凍り方は冷凍庫内の環境にも影響されてしまうため、そもそも容器の形状だけではコントロールしきれないといいます。

 また、山口県の企業・農水フーヅは「くびれは運搬のために入れている。空容器の状態で運ぶ際、ただの棒状だと衝撃でへこんでしまうから。でも、時期は分からないが、いつしか折るために利用する人が現れるようになった」とコメント。ぐぬぬ、「均等に凍らせる」「折りやすくする」「運搬時の形状維持」という3つの説が現れてしまって、どれが正しいのかまったく分からん……。

 ちなみに、このタイプの製品は正確に言うとアイスではなく、清涼飲料水。メーカー各社のWebサイトでは「ポリジュース」「ポリドリンク」「棒ジュース」といった名称が使われており、商品紹介を見ても「そのままでも、凍らせてもおいしく召し上がれます」くらいの記載内容になっています。われわれが一般的だと思っていた食べ方は、本当は「メーカーおすすめのアレンジレシピ」のような位置付けなのかな?


2つに割るアイスのくびれの正体 ポリエチレン製の容器に入った清涼飲料水であることから、農水フーヅは「ポリドリンク」と表現


2つに割るアイスのくびれの正体 ニュアンスは似ていますが、しんこうは「ポリジュース」


2つに割るアイスのくびれの正体 「(凍らせずに)そのままでも美味しいですが、凍らせることによってより一層美味しく」と説明。あくまでも「シャーベット状にするのがおすすめな清涼飲料水」という扱い(光武製菓Webサイトより)

 アイスじゃないのに「ポッキンアイス」「棒アイス」などの呼び名で親しまれ、中央のくびれが採用された理由は諸説あって真偽不明……。今回の調査で分かったのはただ1つ、「身近なところに、めちゃくちゃ謎に満ちた製品が存在した」ということだけでした。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  3. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  9. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」