コラム
» 2017年12月13日 16時00分 公開

ソシャゲのメンテナンスはなぜ起こる? 「定期」「臨時」「緊急」の違いを解説する

緊急メンテ……ああ、胃が痛くなる……。

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 「12:00から17:00までメンテナンスを行います。その間ゲームをプレイすることはできません。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします」

 という表示とともに落ちるアプリ。

 「今遊びたいのに!」

 と思う人も多いと思いますが、これはユーザーがゲームをずっと遊ぶために必要な作業でもあるのです。今回は、そのメンテナンスがなぜ行われているのかについてお話したいと思います。

緊急メンテナンス後などに運営側から配られることでおなじみ「詫び石」

メンテナンスを「水道管の清掃」でたとえてみる

 メンテナンスは大きく分けて3種類あります。1つは「定期メンテナンス」、もう1つは「臨時メンテナンス」、そして最後に「緊急メンテナンス」となります。

 サーバやネットワークの細かい話をしても分かりづらいと思いますので、ここからはそれぞれのメンテナンスについて、「水道管の清掃」にたとえて説明していきましょう。

定期メンテナンス

 こちらはその名の通り、定期的な整備を行うためのものです。水道管の清掃タイムのようなもので、「水道をきれいにしますがその間は使えなくなります、ごめんなさい」というやつですね。

 なぜ止めるのかというと「水を出している人がいる状態だと水道管の掃除ができない」からです。中には、止めずに定期メンテナンスを行うゲームもありますが、これは「水道管が2本あって、片方ずつ掃除をしている」と考えてください。

 また「定期的に洗剤を流すようにしているので、そもそもわざわざ掃除タイムを設けなくてもいい」みたいな作りにしている場合もあります。

臨時メンテナンス

 これは定期メンテナンス以外で、事前に告知して行うものです。水道管の例でいうと、

  • 毎月1日に掃除をします=定期メンテナンス
  • 今月はなんだか水道の通りが良くないので、15日にもう一回掃除をします=臨時メンテナンス

 となります。他にも、「毎月の定期掃除でなんだか悪くなっている水道管が見つかった。定期掃除の時間内では終わらないので、後日あらためて水道管を交換しよう」などという場合は臨時メンテナンスとして行ったりしますね。

ゲームを遊び続けるためにメンテはとても大事なのです

 この「定期メンテ」「臨時メンテ」までは特に問題なく、ユーザーの皆さんにも受け入れていただけるかと思います。しかし、ここからはそうは行きません。

緊急メンテナンス

 こちらはトラブル対応のためのメンテナンスです。トラブルが発生してから「すいません、今つながりません! これから大急ぎで直します!」というやつですね。考えるだけで胃が痛くなります。

 水道管のたとえでいうと「水道管が破裂して水が出なくなった」という状態です。当たり前ですが、どこの水道管が破裂したのか調べてからそこの水道管を交換し、ちゃんと水が出ることを確認しないといけません。さらに「交換したはいいけれど濁った水が出た!」とならないようにしないといけません。

 よく「緊急メンテが終わったと思ったらまた緊急メンテが始まった」という事態が発生しますが、これは往々にしてこの「確認不足」から発生するものだったりします。もちろん確認不足は直す側が悪い場合も多いのですが、「2階で水が出ないって言うから直したら今度は3階から水が出ないっていわれた」みたいな二次トラブルが発生したりすることもあるのです。

 この修理に必要な水道管が近所ならば良いのですが、最近はクラウドだのなんだのといって海外のよく分からないところから水を引いていたりするので、海外のよく分からない場所で水道管が直るのを待たなければいけないこともあるのです。




 このようなさまざまな事情もあり、直す側としてはとても胃が痛くなる案件です。止まっている間ユーザーはプレイできないのはもちろん、その間ガチャも回らないと考えると、その分の売り上げも止まってしまいます。後からユーザーにお詫びの石を配ります。さらにもうけが減ります。踏んだり蹴ったりです。

メンテ中は売り上げも立たなくなってしまう

 また、水道管を修理している間は忙しいので、ユーザーに「今ここが壊れています、いつごろ直る予定です」という説明がしにくいという問題があります。待っているユーザーに状況を説明できないのはとてもつらいのですが、どうしても直す方が優先になってしまいます。

 本来は「いつ直る? それお客さんに言ってくるね!」とユーザーに定期的にきちんと説明してくれる代理人がいれば理想的なのですが、なかなかそうはいきません。ここは今後、各ソーシャルゲーム会社が工夫し、改善していかなければいけないところだと思っています。

 もちろん、こんな臨時メンテナンスが起こらないように日々メンテナンスをしている人は頑張っています。どうか、どうか温かい目で見てあげてください……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  7. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい
  10. /nl/articles/2208/12/news106.jpg スイカを土に埋めた34日後…… スイカが腐るまでを観察する動画がじんわり怖いけど興味深い

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい