ニュース
» 2017年12月15日 16時53分 公開

VRアシスタントキャラに「女性を性的対象に」と指摘 Baiduが取り下げ

VR空間でユーザーと会話をしたり、映画を勧めたりする機能を持っていました。

[ねとらぼ]

 中国の検索大手Baiduが、セクシーなVR(仮想現実)アシスタントキャラクターを取り下げ、謝罪したと報じられています

Baidu VR アシスタント 問題になったキャラクター「Vivi」

 このキャラクターは「Vivi」という名前で、胸元の開いたシャツを着た、長い髪の女性として描かれています。同社の動画サービスiQiyiが販売するVRゴーグルに内蔵された「AIガールフレンド」として3月に発表されました。VR空間内でユーザーと会話したり、音声コマンドに従ってコンテンツを再生したり、映画をおすすめしたりといった機能を備えます。

Baidu VR アシスタント VRゴーグル紹介動画に登場するVivi

 Wall Street Journalは、中国のWebサイトにViviは「セクシーなダンスができる」という書き込みがあること、10月のアップデートでViviが置かれる場所が仮想のオフィスになったこと、レビューサイトに「仮想空間でユーザーがViViの胸に触れる画像」が投稿されていることを伝え、Baiduに「このような描写は、職場で女性を性的な対象にする見方を奨励するのではないか」と問い合わせたと記しています。

Baidu VR アシスタント VR空間のVivi(VRゴーグル紹介動画より)

 この問い合わせのあと、BaiduはViviをオフラインに。同紙に対して、現バージョンのViviはβテストでユーザーの評価を集めるためにデザインされたと説明し、「メディアが指摘した問題には気づいています。当該の製品は修正のためにオフラインにしました。ご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声