コラム
» 2017年12月19日 11時00分 公開

「夏目漱石の千円札」はどこへ消えた? 古くなった紙幣はどうなるのか

意外なリサイクル先が。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 先日、久しぶりに夏目漱石が描かれた千円札を見つけました。久しぶりにとはいっても、筆者が物心ついたときには既に野口英世ばかりだったので、もともと漱石さんにお目にかかる機会は少なかったのですが。

 お札のデザインが変わると、新札が流通し、旧札は私たちの周りから消えていきます。前回は2004年11月に新デザインのお札が発行開始されました。

 もちろん、政府が新札に統一しようと働きかけるわけですが、それまで使っていた旧札はどこに消えてゆくのでしょうか

紙幣の一生

 紙幣が印刷されてから消えるまでの動きをたどってみましょう。

 日本の紙幣は「日本銀行券」と呼ばれますが、これらを印刷しているのは日本銀行(日銀)ではなく「国立印刷局」です。

altテキスト お札にはちゃんと「国立印刷局製造」と書いてあります 国立印刷局Webサイトより

 日銀は、国立印刷局で印刷された紙幣を引き取り、景気などの動向に応じて必要な紙幣の量を判断します。そのうえで、各地方に置かれた日銀の支店の窓口で、銀行などの金融機関と紙幣をやりとりします。

 各支店の総元締め的な役割を果たしているのが、日銀の「発券局」という部署。東京・日本橋や埼玉・戸田にセンターを持っていて、支店との連絡や、金融機関とのやりとりをしています。

 こうして日銀から市中の金融機関に出た紙幣は、ATMや銀行窓口などを通じて私たちのもとへやってきては、また別の人やお店へと流れていきます。

古いお札を日銀で処分

 上の図に金融機関から日銀への矢印があるように、金融機関は紙幣を定期的に日銀へ持ち込んでいます。つまり、市場に出た紙幣はいつか日銀に戻ってきます。ここで、古くなった紙幣は廃棄されます。

 日銀が行う、偽札がないかや汚れ・破れの程度、枚数のチェックを「鑑査」といい、流通に適するものだけを再び金融機関に払い出します。使えない紙幣は細かく裁断され、トイレットペーパーなどにリサイクルされたり、燃やされたりしています。

紙幣の監査には「銀行券自動監査機」が使われる 日本銀行岡山支店Webサイトより
本当の偽札はもっと精巧で紛らわしいので、日銀で働く前に1年以上にわたって、偽札を見分ける訓練をするそうです

 ちなみに、知っている方も多いかと思いますが、汚れたり破れたりした紙幣は、ある程度原型をとどめていれば交換してもらえます。3分の2以上残っていれば全額、5分の2以上3分の2未満であれば額面の半額の価値を認められます。それ以下の場合は、残念ながら紙幣としての価値はなくなり、交換してもらうことはできません。

 旧札から新札への切り替えの時期には、この鑑査を通じて旧札を回収し、新札に交換しています。紙幣の寿命は、千円札や五千円札が1〜2年、一万円札が4〜5年といわれているので、そのくらいで新札と旧札がおおよそ入れ替わることになります。

 一方で、日本はタンス預金が多く、特に一万円札の入れ替えは滞りがちです。流通経路にはだんだん出にくくなりますが、家庭に眠ったまま交換されないものが少なくないそうです。前回は2004年11月から新札の流通が始まりましたが、翌年2005年の8月時点で、一万円札の切り替え率は55%にとどまりました。




 身近なものだからこそ、紙幣のことは意外と知らないものです。偽造防止技術なども調べてみるととても面白いですよ。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  2. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  3. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  4. /nl/articles/2205/15/news003.jpg “お手”を覚えた子柴犬、披露してみると…… まさかの新技に「進化したお手」「かわいすぎる」の声
  5. /nl/articles/2204/25/news111.jpg 華原朋美、怒り爆発の騒動から初家族ショット “ファンへの非礼”謝罪した夫の姿に「3人揃って良かった」
  6. /nl/articles/2205/15/news039.jpg 生駒里奈、乃木坂46のライブにサプライズ出演し「激アツ」「号泣」「最強」と反響 制服姿で同期メンバーへの感謝メッセージも
  7. /nl/articles/2205/15/news006.jpg タイハクオウムが足をダンダンして荒ぶるワケは…… ママの足の間に入ってご満悦な姿が面白かわいい
  8. /nl/articles/2205/14/news071.jpg ありえない立体「ペンローズの三角形」が粘土で制作される 切れ目無しでの再現に「うおぉぉぉ」「脳がバグる」
  9. /nl/articles/2205/13/news168.jpg ルービックキューブは「2次元」にすると分かりやすい……? 画期的な動画が「天才的発想」「すごいことをしていることだけ分かった」と話題
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」