ニュース
» 2017年12月24日 11時00分 公開

「仏教徒がクリスマスをお祝いする口実」は作れるのか

クリパ行きたい。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 子どもはサンタクロースからのプレゼント、大きくなったら恋人や家族との時間に心を弾ませるクリスマス。多くの人にとっては毎年恒例の「冬の風物詩」となっていますが、元来はキリスト教に由来する行事です。仏教など別の宗教を信仰している家庭では祝いにくいのでは?

 とはいえ、カレンダーに最初から「クリスマス」の5文字が印刷されているような時代です。「世間がクリスマスムードのなか、仲間に加われないのはさすがに寂しい」と感じる人もいるかもしれません。今回は「本家クリスマスの代わりに楽しめる“仏教版クリスマス”は不可能なのか」考えてみました。

そもそもクリスマスって何のお祝い?

 仏教版クリスマスの可能性について考える前に、まずはキリスト教のクリスマスをおさらい。

 クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生のこと)を祝う行事。要するに、キリストの誕生日……と言い切りたいところですが、キリストが降誕した日は新約聖書に記されておらず、正確な誕生日は分からないようです。

 ですが、宗教行事としてクリスマスをお祝いする文化は、欧米を中心とするキリスト教圏の各国で、それぞれ独自に育まれていきました。日本でも戦前にはすでに、サンタクロースが子どもにプレゼントを渡す習慣が浸透していたようです。

一口に「クリスマス料理」といっても、ブッシュ・ド・ノエルはフランス発祥だし、シュトーレンはドイツやオランダの料理

仏教で祝う誕生日はいつ?

 さて、本題に移りましょう。キリスト教のクリスマスに相当する仏教の出来事はあるのでしょうか。

 キリスト教がキリストによって生まれたように、仏教にも釈迦(しゃか)という開祖がいます。釈迦の誕生日もキリスト同様、はっきりしたことは分かりませんが、その誕生を祝う「灌仏会」(かんぶつえ、「花祭り」ともいう)という仏教行事が存在します。

 灌仏会では、花で飾られた誕生仏(生誕直後の釈迦を彫った仏像。右手を天に、左手を地に指している)に甘茶をかけたり、甘茶を飲んだりして釈迦の誕生を祝います。

 日付が決まっている点もクリスマスと同じ。旧暦の4月8日に準じますが、日本では現行暦(グレゴリオ暦)の4月8日に行われることが多くなっています。

 「仏教版クリスマスは灌仏会」といえそうですが……まったく解決できていない致命的な問題が1つあります。それは「灌仏会を祝ったところで、やっぱり皆一緒にクリスマスを楽しむことはできない」ということ。4月じゃなくて、12月に盛り上がれないとダメなんです!

クリスマス付近の仏教イベントを探せ

 クリスマス付近に、仏教関連の出来事はないのでしょうか

 調べてみたところ、12月24日クリスマス・イヴ(グレゴリオ暦)に、沢庵宗彭(たくあんそうほう)が生まれています。漬物の「たくあん」の由来になった人物ですが、優れた僧としても著名で、歴史上重要な紫衣事件にもキーパーソンとして関わっています

※紫衣事件:江戸時代初期、後水尾天皇が僧侶に紫衣(僧や尼の尊さを表すものとされていた)の着用許可を出したことから、朝廷と幕府が対立。沢庵は朝廷に味方し、流罪に処された

 仏教界の偉人である沢庵和尚の誕生日を祝えば、世間のクリスマスムードに違和感なく溶け込めるはずです。ケーキと七面鳥にたくあんを添えて、皆と一緒に祝えばいい……のかな?




追記(2017年12月25日11時10分)

 記事公開後、読者の方から「12月25日はもともと『ミトラ教におけるミトラ神の誕生日で、それが後にキリスト教に取り入れられたものだ』というコメントをいただきました。

 さらにミトラから「マイトレーヤ」(慈悲深い者)という言葉ができ、これは仏教に取り入れられて「弥勒(菩薩)」になったとのこと。つまり、ミトラと弥勒菩薩は起源を同じくする神様だということですね。

 この考え方からすると、12月25日は弥勒菩薩の誕生日とも言うことができそうです。これなら仏教徒の皆さまも、安心してお祝いできますね。情報提供ありがとうございました!

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」