コラム
» 2018年02月02日 11時00分 公開

なぜ「ビタミンB」にはやたら数字がつくのか?

「ビタミンB1」「B2」「B3」「B5」……(なお「B4」はない)。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 みなさんは栄養にどれくらい気を付けているでしょうか。筆者はラーメン、牛丼、パスタに落ち着いてしまいがちです。

 野菜や果物、お魚をとらないと不足しがちなのがビタミン。一口にビタミンといっても、「ビタミンB1」「ビタミンC」など、アルファベットや数字がついてさまざまな種類に分かれています。

 それにしても、ややこしいのは使われないアルファベットがあったり、ビタミンBにだけ数字がついたりすること。どういった経緯で、こうした分類がされてきたのでしょうか。

ビタミンの発見

 最初に「ビタミン」という言葉を使ったのはカシミール・フンクという化学者。

 フンクは米ぬかに脚気(かっけ)を予防する物質が含まれていると考え、1911年に成分を抽出して「Vitamine」と名付けました。脚気とは、ビタミンB1の不足によって糖質がエネルギーに変えられなくなり、神経などに障害が起こる病気です。

日本では、玄米を精米して白米を食べることが一般化した明治時代から脚気が増えました

 フンクが見つけた物質は、後に「ビタミンB1」と名付けられますが、当時はまだビタミンの研究が進んでおらず、「ビタミン」という言葉がビタミンB1を指していました。

最初に見つかったのに「ビタミンB」?

 ビタミンB1はビタミンの中で最初に見つかったのに、なぜ「ビタミンA」と呼ばれないのでしょうか。アルファベット順でいったら「ビタミンA → ビタミンB → ビタミンC → ……」となるはずです。

 ここには、アメリカのマッカラムという人物が関わっています。彼はフンクの発見から数年後、乳製品を使った実験で、ネズミの成長に必要な2種類の物質を抽出しました。このとき、脂溶性(油にとけやすい)の物質を「脂溶性A」、すでにフンクが見つけていた水溶性の物質を「水溶性B」と名付けたのです。

 先に発見されていたものを「水溶性A」と命名しなかった理由は、はっきりしません。自分が見つけた物質の重要性を強調したかったのかもしれません。

名称の変化

 さらにその後、レモンから壊血病を予防する物質を発見したジャック・ドラモンドという人物は、これを「ビタミンC」とし、「脂溶性A」を「ビタミンA」、「水溶性B」を「ビタミンB」としました。以降、健康を維持するのに必要な物質が、「ビタミンD」などのように空いているアルファベットを使って命名されていきました。

 ちなみに、ドラモンドはこのとき、フンクが名付けた「Vitamine」からeを取って「Vitamin」としました。このスペルは、今でも使われています。

ビタミンBに数字がつくのはなぜ?

 先ほど、乳製品から見つかった「脂溶性A」「水溶性B」がそれぞれ「ビタミンA」「ビタミンB」になった、という話をしました。

 しかし、さらに研究が進むと、「ビタミンB」がさまざまな物質の集合であることが判明。例えば、「ビタミンG」と名付けられていたものがビタミンBに含まれていることが分かり、1927年、名前が「ビタミンB2」に改められました。

 以降、物質のはたらきを調査しているうちに、似た物質が「ビタミンB」群に組み入れられ、数字が付けられていきました。現在はビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6、B7(ビオチン)、B9(葉酸)、B12が分類されています。

 「B4」などが欠番で、数字が飛び飛びになっているのは、後で「ビタミンとは全然違う」と分かった物質が除外されていったからです。

 ビタミンには「摂らないと健康に問題があるが、たくさん必要なわけではない」という特徴があります。たくさん摂取する物質よりも分析、研究が困難になりやすいことから、このような複雑な分類が生まれてしまったのかもしれません。

 名称を覚えるのは大変ですが、各ビタミンは先人たちの苦労の末に発見されたもの。その成果を、バランスの良い食生活につなげたいものです。

参考文献

日本ビタミン学会編『ビタミン総合事典』朝倉書店、2010

公益財団法人 ビタミン・バイオファクター協会


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」