ニュース
» 2018年02月02日 16時10分 公開

アニメ会社のタツノコプロ、フルデジタル作画のワークフローを無償公開 限界を迎えつつある現状改善に一石

めちゃくちゃ詳しく書かれてる。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アニメーションスタジオのタツノコプロは2月1日、フルデジタル作画を念頭にしたワークフローをサイト上で無償公開しました。


 国内のアニメ制作において彩色、背景、撮影などの作業はデジタルで行われることが多いものの、アニメーターによる作画作業は従来の紙と鉛筆によるものが主流です。そんな中、タツノコプロはデジタル作画を推し進めており、今回公開されたのは、社内用に作成されていたマニュアルをデジタル化に関心を寄せる外部のスタジオやクリエイターに向けて編集したもの。

 PDFで公開されたマニュアルは80ページ以上に及び、2017年に放送されたテレビアニメ「まけるな!! あくのぐんだん!」でも使用された実践的な内容。タツノコプロでは2016年からアニメ制作ツール「TVPaint」を取り入れた制作を取り入れており、その操作方法や設定が詳細に解説されています。また、ツールの説明にとどまらず、社内サーバにおけるファイルの管理方法や、作業データの受け渡し手順などについてもまとめられています。

 フローを見ていくと、時間短縮や負担軽減のため、クリエイター自らがGoogleスプレッドシートに制作状況を記入し、本来制作状況の管理を担う制作進行を介さずにカットデータの受け渡しをするといった、デジタルならでは工程も確認できます。

※ただしラッシュ後に行うリテイク作業以降は、必ず制作進行を介して受け渡しを行っているとのこと。

 タツノコプロはデジタル化を、「アニメーター、特に動画マンの厳しい労働環境や、演出・作画監督の負担の増加、仕上げ・撮影への締 切間近での短納期作業集中など、限界を迎えつつある現在のワークフローの改善の足がかり」として進めていると説明。

 今回公開されたマニュアルはあくまで「まけるな!! あくのぐんだん!」用に調整されたもののため、他の作品制作にそのまま適応することはできないものの、「会社だけでなくアニメーターや制作進行などアニメに関わる人々がデジタル作画へ関心を持っていただけるきっかけになれれば」としています。

アニメ会社のタツノコプロ、フルデジタル作画のワークフローを無償公開 限界を迎えつつある現状改善に一石 デジタル作画で作られた「まけるな!! あくのぐんだん!」(画像はYouTubeより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」