ニュース
» 2018年02月05日 20時00分 公開

「e5489」「仮乗降場」「側面よし」――奥深すぎる“テツ語”満載『テツ語辞典』はいかにして作られたか テツな著者2人に聞いた(1/2 ページ)

『カレチ』作者でも知られる池田邦彦さんと鉄道フォトライターの栗原景さんに裏話を聞きました。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]
テツ語辞典表紙 「テツ語辞典」(誠文堂新光社刊 A5判/216ページ 1400円)

 乗り鉄、撮り鉄、模型鉄……鉄道ファン用語を900語盛り込んだ「テツ語辞典」(誠文堂新光社)が発売されました。

 「テツ」の世界は、乗るのが好きな人、撮るのが好きな人、きっぷやグッズを集めるのが好きな人、模型を作ったり、飾ったり、走らせたりするのが好きな人、歴史や技術を掘り下げるのが好きな人などなど、それは多種多様。そんな広ーい世界なだけに、ファンの間で通じる隠語や業界用語がたくさんあります。

 ファンの間だけで通じる隠語もあります。また、聞いたことがあったり、普通に使っていたりもするけれど、その由来は謎な用語もあります。この想像しただけでも奥深すぎるテツ語の世界を分かりやすくまとめたのが本書です。鉄道の歴史に名を残した人、鉄道のできごと、知っておきたい形式などの基礎用語から、「やわやわ」のような業界用語、「湘南顔」のようにファンが作った造語までを幅広く取り上げています。

 著者は『カレチ』(2009年〜2013年まで講談社「モーニング」で不定期連載)で知られる漫画家の池田邦彦さんと、旅と鉄道を中心に活躍するフォトライターの栗原景さん。自他ともに認める「テツ」なお2人は、この幅広い世界をどうまとめたのでしょう。本書「テツ語辞典」に込めた思いを聞きました。

「よくぞここまで描き込んでくれた」と思わず見惚れてしまうイラストは必見

 イラストを担当した池田邦彦さんは、『カレチ』のほか、『甲組の徹』『グランドステーション』と、JRの前身である国有鉄道(国鉄)職員を主人公にした作品が有名です。正確ながら風情のあるイラストタッチが大好きなファンは多いはず。本書でも特に、往年の機関車などの「よくぞここまで描き込んでくれた」と思わず見惚れてしまう圧巻のイラストが必見です。

ビックボーイのイラスト 機関車のイラストは圧巻

── 今回、一番気に入っているイラストは?

 「デッキ」という項目のものです。昔の汽車旅の雰囲気をよく出せました。まさに自画自賛ですが(笑)。

デッキのイラスト 昭和の汽車旅の風情がよく出ています

―― どのイラストが、描いてて楽しかったですか?

 「点と線」のイラストでしょうか。今回は2カ月ぐらい次から次へと描いたのですが、煮詰まってくると、だんだんこういう馬鹿馬鹿しい絵が描きたくなります。

点と線のイラスト 「点と線」 編集長の顔も点と線!

 ちなみに松本清張の推理小説『点と線』が掲載された雑誌「旅」の当時の編集長は戸塚文子さんだったはずなので、イラストが男性なのはおかしいのですが。まあこれは、ノベルズ版を出した光文社の編集長ということで(笑)。

 ……などと、どの絵も、もちろんですが考証をしております。

―― 描くのに苦労したイラストはありますか?

 似顔絵ですね。何度描いてもうまく描けないことがあります。その中ではこれはうまく描けた方でしょうか。

田中角栄氏のイラスト 田中角栄氏のイラスト 似てる!

―― 「テツ語辞典」の見どころは

 本書は鉄道用語辞典ではなく、「テツ語辞典」です。ですから、読んで、見て楽しいのがイチバンと考えました。あまりに細かすぎず、そうはいっても車両の描写が不正確にならないよう気を遣いました。こだわりということについては、まあ、私の仕事はこだわってナンボですので。

―― この本の依頼を受けたとき、まずどう感じましたか?

 ありそうでなかった楽しい企画だと思いました。うまいところを突いてきたなと。

―― 今回のタッグで、池田さんから見た(共著の)栗原さんのすごかったところを教えてください

 こもって漫画を描いてばかりの私と違い、バリバリな乗り鉄の栗原さんは、鉄道の現状や実際の旅に役立つ情報のをたくさん持っているのがスゴイですね。

―― あえて付けるならば、池田さんは「**鉄」と自称していますか?

 自称はしていませんが今風の分類で言えば模型鉄でしょうね。

巻頭ページ イラストには車両への深ーい愛を感じます

―― ではその「模型鉄」の方に、「これからも続けていく/楽しんでいく」ためのひとことアドバイスをください!

 趣味は「自分のためのもの」ですから、他人からほめてもらえるかとか、いくらで売れるかとか、そういうことはあまり気にせずにおおらかに楽しみましょう。

 これは、趣味を半ば仕事にしてしまった人間の切実な思いでございます(笑)。

「あ」の解説 青ガエルや青大将もかわいい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」