「宇宙文明が存在する数」は計算できる? 「ドレイク方程式」を解説してみる

人類がどこまで頑張れるか。

» 2018年02月18日 12時00分 公開
[てんもんたまごねとらぼ]

 SFの名作映画には、「スター・ウォーズ」「アバター」「E.T.」など宇宙文明や地球外生命体が登場するものが少なくありません。SFの世界ではさも当たり前のように存在している宇宙文明ですが、現実にはどれほどの数が存在しているのでしょうか?


宇宙文明はいくつ? 今回考えるのは、あくまで「人類と電波で交信できる」宇宙文明

「ドレイク方程式」とは?

 「地球以外に文明はあるだろうか? その文明に出会えるだろうか?」という問いに対して、初めて科学面から考察したのはコッコーニとモリソンによる1959年の論文でした。

 意外と最近に思われるかもしれませんが、これは人類にとって、電波天文学が発展したことで初めて「電波を使って地球外の宇宙文明と交信する」試みが可能になったからです。

 そして実際にこの試みに乗り出したのが電波天文学者のドレイク。彼はアメリカ国立電波天文台の26メートルもあるパラボラアンテナを借りて、実際に「宇宙文明から発せられた電波」を探す観測計画「オズマ計画」を敢行しました。

 ドレイクが「オズマ計画」を実行するにあたって提案したのが、銀河系内の宇宙文明の数を算出する「ドレイク方程式」だったのです。


ドレイク方程式を読み解く

 まずはドレイク方程式を眺めてみましょう。長いので数式が苦手な人にはややこしいものに見えるかもしれません。でも落ち着いて見るとかけ算とわり算を組み合わせただけの式ですので、紅茶でも飲みながらのんびり眺めてみてくださいね。


ドレイク方程式 この長い式にはどんな意味があるのかじっくり考えてみよう

N=Ns×R×fp×ne×fl×fi×fc×L÷Lg

N=銀河系内で電波で交信する文明を持つ惑星の数

Ns=銀河系の恒星の数

R=文明を持つ生命を生み出す条件を満たす恒星の割合

fp=その恒星が惑星系を持つ割合

ne=その惑星系で生命を生む環境がある惑星の数

fl=その惑星上で生命が誕生する確率

fi=生命を持つ惑星の中で知的生命が誕生する割合

fc=知的生命が宇宙に強い電波を出すようになる確率

L=その文明が存続する期間(つまり文明の寿命)

Lg=銀河系の寿命



実際の確率は?

 では実際にどんな数値が入っていくのか少しずつ見ていきましょう!

Ns=銀河系の恒星の数=1000億

 「星の数ほど」とはいいますが、私たちの太陽が位置する天の川銀河系内の恒星の数は約1000億個程度。ちなみにヒトの小脳内の神経細胞数と同じくらいです。

R=文明を持つ生命を生み出す条件を満たす恒星の割合=0.1

 銀河系の星は、あたたかな日差しを与えてくれる太陽のような恒星ばかりではありません。実際には、暗く冷たくなってしまった褐色矮星や恒星の燃料である水素をほぼ使い果たしてしまった白色矮星なども数多く含まれています。

fp=その恒星が惑星系を持つ割合=0.1

ne=その惑星系で生命を生む環境がある惑星の数=1

 惑星で生命体が発生する可能性がある領域は「ハビタブルゾーン」と呼ばれています。これは液体の水が維持できる恒星からの距離で定義されています。

fl=その惑星上で生命が誕生する確率=1(?)

fi=生命を持つ惑星の中で知的生命が誕生する割合=1(?)

fc=知的生命が宇宙に強い電波を出すようになる確率=1(?)

 このあたりになるともはや正確な数値をあてはめることはできません。かなり楽観的に1としています。

L=その文明が存続する期間(つまり文明の寿命)

 これこそさっぱりわからず、推測することもできません。ここではLのままにしておきます。

Lg=銀河系の寿命=100億年

 何を銀河系の寿命とするかも難しいところですが、天の川銀河は50億年後くらいにはアンドロメダ銀河と衝突する可能性があることがわかっています。


 さて、楽観的な推定値も含まれますがこれらの値をあてはめて計算すると、

N=銀河系内で電波で交信する文明を持つ惑星の数  =0.1L =0.1×文明の寿命

 となります。


宇宙文明の数は人類にかかっている?

 文明の寿命に関しては知る由もありません。われわれが唯一知る宇宙文明である人類すら、電波天文学に着手してから100年程度しか経っていないのです。

 仮にL=1万年とすると宇宙文明の数は1000個ほどとなりますが、はたして人類はこの先1万年以上も繁栄を維持することができるでしょうか?

 「宇宙文明の数」と「その宇宙文明と交信できるかどうか」は、ある意味で「私たち人類の文明がどこまで長く頑張れるか」にかかっているともいえるのかもしれませんね。


電波天文台 いつか出会える日は来るだろうか

主要参考文献

『シリーズ現代の天文学 人類の住む宇宙』 岡村定矩他編


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」