ニュース
» 2018年02月22日 16時19分 公開

クリップ、誕生100年で初めて「軽く開けるように」改良 なぜこのタイミング? 「固いのが不便という自覚なかった」

固定概念を覆す、世界初の改良――開発したプラスに取材した。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「なぜ今まで気付かなかったんだ」「盲点だった」――誕生から100年以上たつ文房具「ダブルクリップ」から、世界で初めて“開く力を軽減した新機構”が登場し、ネットで驚きの声を集めている。3月1日にプラスが発売する新商品「エアかる」だ。なぜ固定概念を打ち壊す構造が開発できたのか、プラス広報部に取材した。

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス 「エアかる」

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス ダブルクリップ出典:米国特許商標庁(特許番号US1139627)

 ダブルクリップは銀のレバーを使って「てこの原理」で本体のクリップを開き、書類を挟む文房具。アメリカ人のルイス・エドウイン・バルツレーさんが発明し、1915年に米国で特許登録して以降、日本を含めて世界で広く製造販売されてきた。

 一方で「開くのに力が必要」「加減を間違えてパチンと弾け飛ぶときがある」など、“開くときの固さ”という難点を抱えていた。持ち手の形などちょっとしたマイナーチェンジは繰り返されてきたが、基本的な構造はほとんど変わらず“固さ”もそのままになっていた。

 しかしプラスの「エアかる」では、従来品に比べて開く力を最大約50%削減(※)しながら、挟む力はそのままという構造の開発に成功。本体のクリップ部分に突起を作り、支点の位置を作用点(挟む部分)に近づけ、さらにレバーをより長くして力点(手を置く位置)と支点の距離を長くし、「てこの原理」がより効果的に働くように。軽い力でクリップが開けるようになった。

※「エアかる」の各サイズで省力率は異なり、大は50%、中は40%、小は30%となる。

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラスエアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス 従来のダブルクリップ構造と「エアかる」の構造の比較(左)。グリップ部分もフラットになった

 プラスでもダブルクリップ製品は60年前から販売していたが、特に「開くときの固さ」に着目した商品は開発してこなかった。しかも「エアかる」は着想から発売までわずか1年と短く、開発が無理難題だったわけではなさそうだ。どうしてこのタイミングで「開くときの固さ」を改良することになったのか。プラス広報部は次のように話す。

 「現在、一般のオフィスでは書類の保管スペースが減少しており、書類を長期ではなく一時的に保管する傾向にシフトしてきています。それに伴い手軽に書類をまとめるダブルクリップの需要が拡大していたので、従来のダブルクリップに何かご不便、ご不満はないかあらためてユーザー調査を行ったところ、クリップを開く時の固さと指の痛さに対してのご不満がありました。そうした不満を解決できる製品を開発したいというところがきっかけとなりました」

 クリップの固さについて長年気付けなかったのはなぜなのか。

 「これまで特にお客様からクレームをいただくこともなかったため、不便だという自覚がありませんでした。もともと従来のダブルクリップが『手軽に挟んでまとめて手軽に外せる』機能として完成度が高かったため、そうした利便性が『固い』という潜在的な不満よりも勝っていたのだと思います。だからこそ他社製も含め、100年以上その形状が大きく変わることなく多くの方に利用されてきたと考えております」

 その知名度や汎用性の裏側で、業界でも消費者でも不便さが常識になっていたダブルクリップの固さ。自社調査をきっかけにそこをうまくすくい取ったプラスには、「既存の考えにとらわれていた」「握力が弱いのでこれは普通にうれしい」とネットで感心や称賛の声が寄せられている。

 「エアかる」は全国の文具店、量販店、ネット通販等で販売予定。サイズは大・中・小の3タイプ、各10個入りで希望小売価格は大450円、中350円、小300円(いずれも税別)となっている。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい