コラム
» 2018年03月07日 11時30分 公開

【検証】緑間真太郎のシュートはなぜ相手の心を折るのか?【黒子のバスケ】

東大生が物理学で計算してみる。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 皆さんは『黒子のバスケ』というマンガをご存じですか? パスが信じられないくらい上手な黒子くんがバスケットボールをする激アツなマンガです。筆者は原作、EXTRA GAME、小説版を全部持っていて愛読しています。

 『黒子のバスケ』は激アツなジャンプ漫画なので、激アツなライバル達が登場します。「キセキの世代」と名付けられた黒子くんの中学時代のチームメイトなのですが、まぁ強い。オンリーワンでナンバーワンの才能を持ったそのライバル5人も魅力的なマンガです。

 そのキセキの世代の中に1人、超高校級では済まない、「マンガみたいな」才能を披露しているキャラクターがいます。それが緑間真太郎


緑間真太郎という男

 ポジションはSG(シューティングガード)で、彼の主な仕事は「遠くからシュートを打つこと」。バスケットボールにはスリーポイントラインより後方からシュートをし、それが決まれば2点ではなく3点を与えるというルールがあります。彼はそれを狙うのが仕事です。

 その狙い方がとんでもないのが緑間真太郎。彼の決めゼリフはこうです。

「誰がそんな手前だと言ったのだよ。俺のシュートレンジはコート全てだ」

 彼はコートの自陣エンドラインからシュートを打ってゴールできるのです。それも邪魔されなければ百発百中。

 彼のシュートにはもう1つ特徴があります。それは「超高弾道」であるということ。正確無比なそのシュートは上空高くに打ち出され、長い滞空時間を経てリングに触れることなく突き刺さるようにゴールに入ります。


リングに触れないシュートの条件

 彼のシュートの秘密を探るべく、少し計算してみました。

 リングにボールが当たらない角度でエンドラインからシュートする、という条件で計算します。エンドラインからゴールリングまではおよそ26.3 m。ゴールリングの直径はボールの直径の約2倍ですのでリングに当たらずにゴールできるシュートの打ち出し角の条件は30度以上です。(正確にはボールの直径が24.5 cm、リングの直径が45 cmなので33度以上)


 打ち出し角30度で26.3 m先のゴールに入れるためには、初速17.3 m/sで打ち出す必要があります。時速にすると62.1 km/h。そのときのボールの高さは3.80 mで、打ってからゴールに届くまで1.8秒かかります。

 さらに、同じ17.3 m/sという初速で打ち出すなら、角度を60度にしてもちょうど26.3 m先のゴールにぴったり入ります。ボールの高さはなんと11.4 m滞空時間は3.0秒です。こちらの方が、より緑間のシュートのイメージに合致しますね。

30度で打ち出したときのボールの軌道
60度で打ち出したときのボールの軌道

まとめ:滞空時間の差が生むもの

 バスケットボールには、攻撃中3秒以上ゴール下の制限区域にいてはならないというルールがあります。つまり、バスケットボールにおいて3秒はとても長い時間だということ。シュートを打ってからこれだけの時間があれば、自分のチームが守備に戻るだけの充分な余裕を確保できます。

 緑間はシュートを打った後すぐに後ろを向いて自陣へ守備に戻ります。自分のシュートは絶対に外れない。相手の攻撃は余裕を持って防ぐ。守備に戻る時間を作り出すために、同じ力で打てるなら緑間はより高弾道のシュートを選択しているのではないかと推察できます。

 相手チームにとって、緑間にシュートを打たれたときの絶望感がお分かりいただけたでしょうか。「絶対に決められる」+「長い滞空時間による守備固め」。これでは相手チームは心を折られてしまっても仕方ないと言えるでしょう。

【追記】3月7日15時16分:画像の誤りがあったため、修正いたしました。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」