バーチャルYouTuber800人全員を追う本物の男に聞く、最近のバーチャルYouTuber事情インターネットを守る翼竜(5/5 ページ)

» 2018年03月18日 12時00分 公開
[にゃるらねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5       

にゃるら:たば君は、元はニコニコ動画の文脈からバーチャルYouTuberへ入ったんだよね?

たば:はい。ニコニコの歌ってみたから入ったんですが、入ったきっかけの人たちは炎上したりでもう好きじゃないしもういないので割愛します。

 それからだんだんとゲーム実況やその他のエンタメ動画を見るようになったんです。参入自体は少し遅いですが、毎日8年間ログインして視聴し続けています。その流れでバーチャルYouTuberも全て追おうと。

にゃるら:たば君が目をつける方が男だらけというのは、やっぱり女の子だと伸びるからですよね。それにゲーム実況界隈って男性地下アイドルの文脈ですから、たば君自体が男性に目をつけやすいってありそうですよね。

たば:なるほど。言われてみれば。

にゃるら:ゲーム実況やボーカロイドのファンとしての文脈から見た、バーチャルYouTuberのブームってどう映っているのか気になります。

たば:基本的にゲーム実況って顔出ししないじゃないですか。もちろん顔出しする人もいるんですけど。顔出ししないことってかなりハンディだといわれてきたんですよ。アメリカとかって顔出しバンバンして人気になるので。

 結局、日本でも成功している人は顔出している方がほとんどなんですけどね。トークに表情や動きが乗せられるので、そういう点で顔出ししない人はハンディ。

 ほかにもゆっくり実況やボイスロイドも人気なんですけど、あれは生声聴きたくない人とかにも人気で。生身の人間のプレイに興味もない視聴者が多くて。

 ゲーム実況の中でも別ジャンルとして存在していて。「生声・ゆっくり・ボイスロイド」で別々の枠があって。僕は全部見るんですが。

にゃるら:ところどころで強キャラ感だしますね。

たば:バーチャルYouTuberは、顔出しを忌避していない人間が表情やポーズを乗せるチャンスじゃないですか。ゆっくりやボイスロイドのファンも取れるんですよ。

 キャラクター性が一個のっているなら見る人も多いんですよ。結構広い分野から視聴者層を取り入れられたんじゃないかなと。

にゃるら:ボーカロイド文化との対比した、たば君のお考えもお聞きしてよろしいですか?

たば:キャラクター性を乗せられるというのがボカロ黎明期と似ていると思っていまして。

 いい曲が書けるんだけど発信力に欠ける、みたいな人たちが、『初音ミク』っていうキャラクターを一枚乗せることで曲に発信力を得ることができたと思うんですよ。

 だからこそいろんなジャンルの鋭利かつくすぶっていたオタクたちが入ってきたんですよ。いまカラオケにボカロ曲はすごい数の曲が登録されているんですけど、ラップや洋楽ポップにジャズもあって何でもあり。

 ボーカロイドって70年代以後の音楽ジャンルをほぼ網羅したという特殊なコンテンツなんですよ。なので老若男女全てのファンを得られた。バーチャルYouTuberも同様に進んでいくと考えております。

 キャラクター性を乗せて発信力を強めるっていう共通点。そこに加えてバーチャルYouTuberは自分の好きなキャラクターを作ってビルドできるので、趣味人が多いし、趣味を乗せやすいんですよね。

 バーチャルYouTuberだからって見た動画で動物や食虫植物や車両技術に詳しくなってしまうこともある。設定をつけられるのが、バーチャルYouTuberのボカロ以上の強みですよね。

 トークしているだけでもいいし、ゲーム実況してもいい。ボカロは歌というくくりがあったので。コンテンツというよりツールとしての側面が強い。

にゃるら:話が長い。

にゃるら:バーチャルYouTuberは、全世代の全ムーブメントがまた入ってこれますよね。昔にインターネットで流行したジャンルがまた帰ってくることもできる。極端な例だとちゆ12歳とか。エンタメを全て網羅できる。ボカロは歌だった。MMDはダンスだった。バーチャルYouTuberは全てだったと。

たば:エロもいけますよね。万楽えねちゃんとか。

にゃるら:またコンプライアンス的に紹介し難い子を持ってきましたね。ねとらぼ的にFC2はアウトです。

たば:もちろん紹介したい方はたくさんいるので、そっちはまたの機会に。ぽんぽことかキランユウとか。というわけで、本日はこのへんで。

にゃるら:ありがとうございました。

にゃるら

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」