コラム
» 2018年03月23日 11時00分 公開

「ゴキブリの初速は自然界最強」ってマジ……ッッッ!?

速さ=恐怖

[QuizKnock,ねとらぼ]

 漫画『刃牙』シリーズの主人公・範馬刃牙(はんま・ばき)は、自然に敬意を払いながら強さを求める格闘家である。

 その敬意はゴキブリに対しても向く。彼はゴキブリの動きから、瞬時に時速270キロに達する走行技術「ゴキブリダッシュ」を生み出した。彼いわく「ゴキブリは唯一無二の、最高速度でスタートできる稀有な存在」で「人間のサイズに直すと新幹線並みの速さ」であるという。

地上最速の初速を持つ生物……(『範馬刃牙』26巻)

 確かに、時速0キロから一気にトップスピードに至る、というのは人間には到底できない所業。刃牙がゴキブリを師匠と呼ぶのもうなずける。

 ……いや、うなずけるか? というかこの話、マジ? ゴキブリ師匠が本当に自然界最強の“初速”を持っているのか調べてみた

裏街道新幹線ごきぶり

 ゴキブリの脚の速さは誰もが知る通りだと思う。調べてみると、体長約40ミリのワモンゴキブリは、1秒間で体長の約50倍の距離を走れるという。100メートル走の世界記録(9秒58)を持つウサイン・ボルトは身長196センチだから、1秒で走れる距離は身長の5.3倍。単純な計算だが、やはりゴキブリはめちゃくちゃ速いといえそうだ。

 さて、人間サイズのゴキブリの速さはどのくらいなのか計算してみよう。ワモンゴキブリの体長が160センチになった場合、体長の50倍は80mだ。秒速80mは時速288キロなので、確かに新幹線の最高速度並みとなる(東海道新幹線のN700系の営業最高速度は、時速285キロ)。

 このゴキブリの速さの秘密を、刃牙は「中身が筋肉でなく、液体であること」と分析し、肉体を液体にするイメージでゴキブリダッシュを実現した。

単純計算ですが、ゴキブリが人間サイズになると恐ろしい事態に
さらに、そのゴキブリを人間がまねしようとすると不思議な発想に(『範馬刃牙』26巻)

 正直何を言っているのかよく分からないが、実際のところ、ゴキブリがこんなに速く走れるのはなぜなのか。

 その理由はゴキブリの脚の構造にあるという。6本ある脚のうち、常に3本の脚が地面につくように走るため、身体が非常に安定するのだ。一方で羽は退化していて飛行能力は低く、まさに地上を移動することに特化した進化をたどってきたといえる。

 さらに、その反応速度も逃げ足を加速させている。ゴキブリの神経回路は効率的に張り巡らされており、外敵を察知してから即座に行動に移すことができるという。「逃げなきゃ!」と思った瞬間に動き出し、1秒後には自分の身体50個分の距離を移動している……。どうりで捕まえられないわけである。

上には上がいる

 単純な速度でいえば、ゴキブリ師匠は「最強」とはいえない。トンボは10センチに満たない身体で時速5〜60キロで飛ぶというし、ハヤブサは時速350キロという猛スピードで敵を襲う。

 トップスピードではこれらに負けてしまうが、ゴキブリのすさまじさはやはり「地上で」「いきなり最高速度で」走り出せるところだ。「初速が地上最高」という部分はウソにはならないであろう。

 ゴキブリの初速の速さは、脚の構造と神経回路の発達によるものだった。ということは、身体の構造が違う人間にはまねできないのではないか。

 わざわざ調べなくても頭に浮かびそうな疑問だが、そんなことはお構いなしとばかりに独自研究を行い、液体の発想でゴキブリのスピードを自分のモノにした刃牙はすごい。その鍛錬のもようを本気で描いた作者・板垣先生もすごい。

(C)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」