深さ3200メートルの海底で発見 「レキシントン」はこんなすごい船だったキャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ(1/2 ページ)

最初は空母ではなく「巡洋戦艦」でした。

» 2018年03月28日 09時45分 公開
[長浜和也ねとらぼ]

 先日、「沈んだ軍艦を探させたら世界一」のすごい人、ポール・アレン氏(マイクロソフトの共同創業者)が太平洋戦争で沈んだ米海軍空母「レキシントン(CV-2)」を発見しました(関連記事)

 「1925年に進水し、第二次世界大戦中(1942年5月)に珊瑚海で旧日本海軍と戦って沈没した」とサラリと説明されたレキシントンですが、いやぁこれがどうして、かなりすごい船だったのをご存じでしょうか。今回はレキシントンの歴史、その数奇な運命をじっくり深追いしてみましょう。

ポール・アレン レキシントン 軍艦 海底で発見 サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ下を航行するレキシントン。その船体の美しさから「レディ・レックス」と呼ばれ、全米が愛した空母だった

最初は空母ではなく「巡洋戦艦」だった

 レキシントンは、1921年に「巡洋戦艦」として建造が始まります。巡洋戦艦という艦種は読んで字のごとく「戦艦のように火力が強力で、しかも巡洋艦のように速い」いいとこ取りの軍艦として、第一次世界大戦のころに流行します。

 ただし「装甲も巡洋艦並み」という場合が多く、第一次世界大戦で最も有名な「ジュトランド沖海戦(最近はユトランドと呼ぶようですが、おじさんたちにとってはジュトランドの方が硝煙立ち込める海戦らしくて好き)」では、装甲が薄い英海軍の巡洋戦艦がたくさん轟沈したために、「んー、巡洋戦艦って使えないかも〜」みたいなムードにもなりつつありました。

 とはいえ、このブームに乗っかった米海軍と日本海軍は巡洋戦艦を含む大規模な建艦計画(米海軍は「ダニエルズ・プラン」、日本海軍は「八八艦隊」)を発動します。この計画で建造したのが“巡洋戦艦”レキシントン級の「レキシントン」と「サラトガ」でした。同じく日本では巡洋戦艦として天城型の「天城」と「赤城」を1920年に起工します。この4隻、いや天城は関東大震災で“亡くなって”しまいますので、正確にはこの3隻は、それぞれ似た数奇な運命をたどります。

ポール・アレン レキシントン 軍艦 海底で発見 最初は巡洋戦艦として設計されたレキシントン
ポール・アレン レキシントン 軍艦 海底で発見 その後、空母として設計し直されたレキシントン
ポール・アレン レキシントン 軍艦 海底で発見 国際通信社のボートウォーゲーム「アイアンボトムサウンド III」では、巡洋戦艦として完成した「レキシントン」と「赤城」がソロモン海で戦う「歴史のIF」を体験できる

 1922年に「戦艦と巡洋戦艦と空母の数を減らしましょう!」と米英日伊仏で約束した「ワシントン軍縮条約」によって、これらは巡洋戦艦から(新しい種類で、大きな艦がまだなかった)「空母」に生まれ変わります。

 日本の赤城(と、天城の代わりに空母に生まれ変わることになった「加賀」)は技巧と工夫を凝らした職人技的な「発着艦が同時にできる三段飛行甲板」という複雑な艦型を編み出したのに対し、レキシントン級は「デカい船体に、デカい飛行甲板を1枚ドーン」というシンプルな艦型を採用しました。

 完成後、赤城の三段飛行甲板は中段と下段がほぼ使い物にならず、後の近代化改装で結局「デカい飛行甲板を1枚ドーン」型に変更しますが、レキシントン級は使用実績が良好で、最後まで基本的な姿はそのままでした。この当たり、何か日本と米国の製造業とも似ているな、などと思いましたが本稿には関係ありません。

 レキシントン級の先見性は「艦首の形」にも出ていました。当時の空母は、艦首と飛行甲板は分かれているのが普通。ところがレキシントン級の艦首は、艦首と飛行甲板をくっつけて一体化した「エンクローズド・バウ」を採用しています。実質的に艦首を大きくすることで、波の高い荒天の海でも耐えられるようにしたこの方式は、現代の多くの空母が採用するものです。海上自衛隊の護衛艦「いずも」もそうです。ただこの形は、甲板と船体を一体化することで艦内の密閉度が高くなる問題もありました。

ポール・アレン レキシントン 軍艦 海底で発見 建造中のレキシントン。エンクローズド・バウの特徴がよく分かる

 ともあれ、1927年12月14日に就役したレキシントンは、当時の米海軍で最も大きく、かつ、優雅な船体に巨大な煙突という他にはない組み合わせによって、「レディ・レックス」という愛称で、サラトガ(こちらの愛称は「サラ」)とともに人気のある軍艦となりました。

写真:Naval History and Heritage Command

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  8. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  9. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」