ニュース
» 2018年04月17日 10時30分 公開

また海底で発見 軽巡「ヘレナ」の武勲と黒歴史、軽巡洋艦なのになぜこんなに「でかかった」のかキャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ(1/2 ページ)

米海軍の那珂ちゃん。

[長浜和也,ねとらぼ]

 ポール・アレンさんがまたやってくれました。先日紹介した米軽巡洋艦「ジュノー」(関連記事)に続いて、米海軍の軽巡洋艦「ヘレナ(CL-50)」を2018年3月末にソロモン諸島北部にあるニュージョージア島沖の水深860メートルの海底で発見しました。

ポールアレン ヘレナ 発見 セントルイス級2番艦として1939年に就役したヘレナ。この写真は真珠湾攻撃で受けた損傷を修理した後の姿

 アレン氏の調査チームは、調査船「R/V Petrel」の機材で撮影した57秒の動画と10枚の静止画を公開しています。この動画をじっくり見ると、船尾舷側に「50」の文字を確認できます(25秒付近)。ヘレナの艦番号は「CL-50」。米海軍50番目の軽巡洋艦を意味します。また公開された静止画では、ヘレナの主砲である「15.5センチ三連装砲塔」が砲身も含めてほぼ完全な姿で残っており、さらに後部射撃指揮装置の銘板や射撃方位盤の支柱(推測ながら、内部配置も見えているかも)、20ミリエリコン対空機銃、マストなどの装備も確認できます。

Wreckage of USS Helena Discovered in New Georgia Sound, South Pacifi(YouTube / Vulcan Inc.)
ポールアレン ヘレナ 発見 ヘレナ後部射撃指揮装置の銘板
ポールアレン ヘレナ 発見 後部射撃方位盤支柱
ポールアレン ヘレナ 発見 右舷後部に設置された20ミリエリコン対空機銃
ポールアレン ヘレナ 発見 マスト基部
ポールアレン ヘレナ 発見 舷側に記した艦番号「50」を読み取れる

ヘレナは軽巡洋艦なのに、なぜ重巡洋艦クラスまで「でかかった」のか

 日本で軽巡洋艦というと、煙突が3本または4本ある、見た目ちょっと古めの「5500トン型」をイメージするかもしれません。この5500トンとは船の重さを表します。正しくは「常備排水量」といいます。ところがヘレナは、重さ、正しくは基準排水量が1万トンもありました。日本でいうところの重巡洋艦クラスの重さ。まぁでかいということですね。でも、なぜ軽巡洋艦なのにこんなにでかかったのか。これには「ロンドン海軍軍縮条約」が関わっています。

 ロンドン海軍軍縮条約とは、超ざっくりと説明すると「脇役の巡洋艦や駆逐艦、潜水艦の持てる“量”を、それぞれの国ごとに決めます!」という約束です。「隻数」ではなくて、「重さの総量」なのですね。ちなみに、主役の戦艦や空母についてはその前の「ワシントン海軍軍縮条約」(関連記事)で決めていました。

 なお、ワシントン海軍軍縮条約では巡洋艦の重さについても「基準排水量で1万トン以内だよ!」と決まっておりました。ロンドン海軍軍縮条約ではさらに主砲の大きさも、「主砲が20センチ(8インチ)までならば重巡洋艦ね」「15.5センチ(6.1インチ)までならば軽巡洋艦ね」と定めた上で、それぞれで「国ごとに持てる重さの総量」が決められたのでした。

ポールアレン ヘレナ 発見 後部の15.5センチ4番主砲と5番主砲。雷撃で沈んだので上部構造物は大きく損傷しておらず、三連装の砲身がきれいに残っていた
ポールアレン ヘレナ 発見 前部主砲塔を背後から。こちらも砲塔測距儀カバーが残っていた

 しかしその時点で米海軍と日本海軍は、既に持っていた重巡洋艦だけでロンドン海軍軍縮条約で定まった上限に達していました。これは困ります。そこで彼らは、しばらく新しい船を作る予定のない軽巡洋艦の枠に目を付けたのでした。「主砲が口径15.5センチまでならば、基準排水量1万トンあっても軽巡洋艦だよな。そうだよな」。そういう抜け穴探し的解釈で米海軍は1万トンの船体に15.2センチ主砲を15門“も”乗せたブルックリン級7隻と、準同型艦のセントルイス級2隻を建造します。ヘレナはセントルイス級の2番艦として1939年9月に就役しました。

 同様に日本海軍で登場したのが「最上型(もがみがた)」の4隻です(関連記事)。こちらも基準排水量1万1200トンの船体に15.5センチ主砲を15門載せていました。ただ、最上型はロンドン海軍軍縮条約が無効になった時点で大きな20.3センチ主砲10門に交換しますが、ヘレナをはじめとするブルックリン級とセントルイス級の9隻は15.2センチ主砲のまま第二次世界大戦に突入します。

 15.2センチ主砲は口径が小さいために、射程と装甲貫徹力は20センチクラス主砲の重巡洋艦に劣ります。しかし門数が多く、発射速度が速いことから、時間当たりの砲弾投射重量が多く、また備えている装甲が重巡より厚かったことから、実質は重巡並みの能力を持っていました。

 蛇足ですが、太平洋戦争で起きた海戦を調べて米海軍の参加兵力に「重巡2、軽巡3」とあったとしても、実質的は「重巡5」に相当することになります。戦力比較では注意が必要ですね(ただしアトランタ級軽巡洋艦は別ですが)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」