コラム
» 2018年04月15日 11時30分 公開

読める、読めるぞ……!?  古文書研究入門

古文書系男子が日の目を浴びる日が来る。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 突然ですが、この文章はどんな書物から取ってきたものか分かりますか?

 「漢字だし中国の文献でしょ」と思った方は残念。これは中国の文献のものではありません。

 実はこれ、『万葉集』にある歌なんです。


昔の日本は全部漢字

 中学校の歴史の授業を思い出してください。かな文字が発達したのは、平安時代に中国へ遣唐使を送らなくなって、「国風文化」が花開いた時期でした。

 それ以前の時代にはかな文字はなく、日本語も漢字を使って表されていたということです。



 ある時点で突然かな文字ができたわけではなく、「漢字が長い時間をかけてだんだんと変化していって、ついにかな文字になった」という捉え方がより近いです。この変化の途中、奈良時代ごろの書物に使われている、「日本語の音に漢字をあてはめた」ような文字のことを「万葉仮名」と呼んでいます。

 『古事記』や『日本書紀』のほか、最初に紹介した『万葉集』の歌にも、もちろん万葉仮名が使われています。

 先ほどの文章の読み方を見てみると、日本語に漢字を当て字していったよう、という説明が分かっていただけると思います。



上代特殊仮名遣

 これが、定説とされている読み方になります。

 ところで、ここで終わっていいんでしょうか。例えば、「古代の人たちは、本当にこの読み方をしていたの?」と疑い始めてみると、一気に話が広がります。

 例えば、文章の後ろのほうの「富己呂倍騰(ほころへば)」という部分は、「倍」という字を「へ」と読んでいますね。

 古代の文献の読み方は、平安時代以降の語彙や文法に照らして推測されます。そこから、「へ」と読みそうな漢字を探すと、「弊・背・蔽・杯・陛・陪・謎」など、ほかにもたくさん出てきます。

 実は、これらの「へ」と読む漢字には厳密な使い分けがあるとされています。どういうことかというと、後の時代にとっては同じ「へ」でも、奈良時代の万葉仮名では含まれる単語によって2種類のグループの漢字を使い分けていた、ということが分かっているのです。



 なぜこうした使い分けがあるのか。これははっきりとは解明されていませんが、本来の音の違いを表していたという説が有力です。

 つまり、もともとは甲類と乙類は違う読み方をしていたけど、それが似ていたので後々混同されるようになり、どちらにも同じ「へ」になってしまった、というものです。



 では、「へ(he)」でなかったら何と読んでいたのか。古代の人が話した音声は残っていないので、正直な話をすれば分からないところで、さまざまな説があります。

 研究の手法としては、由来になった朝鮮・中国の漢字の読みや、周辺に採用されている言葉・文法から推測していくのが主になります。「hei」なのか、「huei」なのか。「he」に近い何かである可能性が高いのは確かなんです……!


まとめ

 こうした使い分けは、「へ」のほかにも「み」「き」など十数個の仮名にみられます。橋本進吉という有名な学者が指摘・分類して分かったもので、「上代特殊仮名遣(じょうだいとくしゅかなづかい)」と呼んでいます。

 この上代特殊仮名遣のほかにも、奈良時代以前の日本語にはいまだ解明されていない要素がたくさんあります。母音が「あ・い・う・え・お」だけではなかった可能性とか。あるいは、先ほど紹介した漢字「倍」を、なんと「ほ」に当てているらしい例があるとか!

 興味を持った方は、参考文献から探したりして調べてみてください。こうした日本語のルーツに関する小話も、古文漢文の勉強のブレイクにいかがでしょうか。

参考文献

山口明穂・鈴木英夫・坂梨隆三・月本雅幸『日本語の歴史』東京大学出版会、1997

馬淵和夫『日本文法新書 上代のことば』至文堂、1968

佐竹昭広・山田英雄・工藤力男・大谷雅夫・山崎福之 校注『原文 万葉集(上)』岩波書店、2015

大野晋『上代假名遣の研究』岩波書店、1953


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」