コラム
» 2018年04月14日 12時00分 公開

読むのがつらくなる「ダメな文章」の特徴とは? マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」(1/3 ページ)

数々のダメ文に出会ってきた筆者が解説。

[植田麦ねとらぼ]

 大学教員の筆者が、学生のレポートを読みまくる中で発見した「ダメな文章の書き方」……いわゆる「ダメ文講座」をこれまで2度にわたってお届けしてきました。

ダメ文講座(第1回)のポイント

  • 読点を使わない、変なところに打つ
  • 文をねじれさせる
  • 並列関係を混乱させる

第1回を読む

ダメ文講座(第2回)のポイント

  • 1つの文に複数の意味がある「多義文」
  • 「こと」ばかり繰り返す「ことこと煮込んだ文」
  • 読み手を疲れさせる「頭でっかちな修飾」

第2回を読む

 前回までの記事では主に単体のダメ文、すなわち「なぜ、その文がダメなのか」を分析しました。今回は「文」に加えて、文単位だとそんなにダメではないのに、その文がまとまると「全体的にダメ」になるパターン、複合的なダメ文についても考えてみます。

植田麦

明治大学政治経済学部准教授。研究の専門は古代を中心とした日本文学と日本語学。



「こと」「的」以外にもある! 〜省いたほうがいい「という」表現〜

 前回の記事では、「文中に『こと』『的』が多いと、読みづらくなったり内容を理解しづらくなる」例についての話をしました。特に、文章を書き慣れていないひとは「こと」を使いがちです。この「こと」以外で、あまり文章を書き慣れていないひとの頻用する表現が、「〜という」です。

 サンプルをみてみましょう。

最近、女性の社会進出と未婚率がリンクしているという意見をよく耳にする。そのため、総務省の統計局というところの公開しているデータをみることにした。


 なんというか、間が抜けているように感じられます。これを例えば、

昨今、女性の社会進出と未婚率の関連性についての議論が多く行われている。私はその関連性を確認するために、総務省統計局の公開しているデータを確認することにした。


 とすれば、なんとなくかっちりした、レポートっぽい文章になります。なお、ここでは慣用表現を改めたり、和語を漢語にしたり、論理の飛躍を補う等の加工もしています。

 この「〜という」は、メールやショートメッセージのやりとりくらいならばそんなに目くじらを立てることもない表現ですし、それ以外のケースでも最低限の使用ならば問題もないのですが、公的な書類やレポート・論文などでは、多用を避けたほうがよいものです。

 私事ですが、わたしが最初に論文らしきものを書き始めたときに、師匠からポツリと「植田くんの文章は、『という』が多すぎる」と言われたことがあります。さらに、「『〜という』が多いと、文章が締まらない」とも言われました。みてもらった論文(もどき)を読み直して、「〜という」をどうしたら省けるか、と考えたものです。

 文中にある「〜という」をそのまま省くことができればいいのですが、そうもいかないケースも多々あります。その場合は、文の前後を置き換えるなどの操作をすると、うまくいくかもしれません。サンプルとして、以下の例を挙げます。

飲食業は多く、職場としてはブラックだという印象をもたれがちである。

→ 印象として、「飲食業はブラックだ」と考えられがちである。


 ここでは、「〜という」の直後にある「印象」を前に持ってくることで、「〜という」の省略をはかりました。

ダメ文のポイント

  • 「〜という」を多用する


この文章を読みたくない! 〜読み手の意欲を減退させる文章〜

 ここまでは、「文」の単位でダメ文をみてきました。ここからは「文」の集まり、「文章」の単位でダメな表現をみていきましょう。いわば「ダメ文章」です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」