コラム
» 2018年04月27日 11時00分 公開

欧米人のミドルネームはどうやって付けている?

日本にはない風習。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 外国の人名は日本人にとって非常に分かりづらいことが多いですね。西洋だと姓名の順が逆になっていたり、やたらと長かったり、途中にただの通称が挟まれて呼ばれていたり……。

 競技クイズの世界では「東洋人はフルネームを、それ以外はファミリーネーム(名字)を答えられれば正解」というルールになっていることが多いですが、問題を作ったりしていると「この人はどこからどこまでがファミリーネームなのか」とよく悩まされます。

 身近な外国人名の謎の代表格として、「欧米の人名についているミドルネーム」があると思います。

 そもそも西洋人の名前は、ざっくりといえば「ファーストネーム・ミドルネーム・ファミリーネーム」の順になっており、「拓司・編集長・伊沢」みたいな感じになっています。あれは一体、どういう仕組みなのでしょうか。


カトリックの慣習・モーツァルトの例

 ミドルネームは、もともとキリスト教のカトリックにおける洗礼に関係するものです。時代や地域、宗派などによってさまざまなルールがあるようですが、基本的に誕生日と関連がある偉大な聖人や、信心深い親戚・知人の名前をとって付けられます

 例えば、作曲家モーツァルトは、よく「ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト」が本名として紹介されていますが、これは本来の洗礼名を少し変形したものです。洗礼名はこちらです。(画像参照)


「ウォルフガングス」がファーストネームにあたるというのが通説です

 カトリックでは生まれたばかりの赤ちゃんに洗礼を施す慣例があります。モーツァルトも、生まれてすぐに洗礼名を授かりましたので、本来はこれが本名と言うべきかもしれません。

 ところで、有名な「アマデウス」という名前は、洗礼名に含まれていません。一体どこから来ているのでしょうか。

 実は、「アマデウス」は洗礼名の中にあるギリシャ語由来の「テオフィルス」をラテン語に言い換えたもので、後になって同様の意味だと知ったモーツァルト本人が、語呂の良い通称として使ったようです。


宗派による違い

 「カトリック」の洗礼名の例としてモーツァルトを紹介しました。洗礼名が長かったり、本名に洗礼名の一部が挟まるなどしてミドルネームとなることが多いようですが、パターンはさまざまで、一概にはいえないようです。

 それだけでなく、プロテスタントや正教会といった別の宗派では、同じキリスト教であっても慣習が異なります。実は「欧米人」というまとめ方はかなり大ざっぱなんです。

 例えば、正教会ではカトリックの洗礼名と同様に「聖名(せいな)」を授かるのに対し、プロテスタントではふつう「洗礼名」は付けず、本名で洗礼を受けて入信します。


現代の慣習・ケネディの例

 こうしたキリスト教の慣習が残ってミドルネームがついている人もいれば、宗教と関係なくミドルネームがついている人もいます。

 例えば、かつてのアメリカ大統領のジョン・F・ケネディの“F”は「フィッツジェラルド」の略で、ケネディの母、ローズ・フィッツジェラルドの名字に由来します。

2018年4月27日11時53分 追記:記事初出時、「ジョン・F・ケネディはプロテスタントなので洗礼名はないはずですが」との表記がありましたが、ケネディはカトリックであり、誤った記述でした。お詫びして訂正いたします。

 ケネディの家系を図にするとこのような具合です。



 また、ジョン・F・ケネディの弟、ロバート・F・ケネディの“F”は、母方の祖父ジョン・フランシス・フィッツジェラルドの「フランシス」です。

 このように、宗教と関係なくミドルネームが付けられる例が、現代では多くなっています。

 ミドルネームを付ける理由を調べましたが、「父方・母方の両方の名字を留めたい」「ミドルネームがあることで同姓同名の人物と区別しやすくなる」などさまざまで、これといった決まりはないようです。こうしたことを気にしない家系は、父母どちらかの名字のみを継ぎ、ミドルネームを付けていないこともあります。


おわりに

 ミドルネームは、もともとは宗教との関わりが深かったものの、現代ではその色は薄れてきているようです。

 その他にも、ハンガリー人の名前が日本人と同じ「姓・名」の順だったり、レベッカ→ベッキーなど多くの短縮形があったり……と、個々の事例ごとにややこしいことになっています。

 やはり名前はその人の個性。簡単にくくることはできませんね……。

参考文献

聖光学院管弦楽団|コラム(278)モーツァルトとアマデウス

西川尚生『作曲家◎人と作品 モーツァルト』音楽之友社、2005

ジェームズ・M・バーンズ著、下島連訳『ジョン・ケネディ −その生いたちと政治的横顔ー』日本外政学会、1960


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」