「泣いて許してもらおうと思っているのか」の言葉が辛い…… 学校や仕事場でよく泣いてしまう悩みについての漫画に反響

泣いてしまい余計に怒られ泣くのループがさらに辛い。

» 2018年04月27日 07時00分 公開
[宮原れいねとらぼ]

 イラストや漫画を描いているam(@rrrucon)さんがTwitterに投稿した、社会生活での「泣くことについて」のエッセイ漫画がさまざまな反響を呼んでいます



 amさんの悩みは、いろんな場面・高い頻度で泣いてしまうこと。音楽に共感したり感動して涙するようなことから、悲しかったり辛かったりすることでも泣くことが多く、後者は仕事場などで大きな悩みの種となっています。

 「いい年して泣くな」「泣いて許してもらおうと思っているのか」など、叱られた場面では泣くことでさらに怒りやいら立ちを買ってしまい、amさんも「泣くことで相手を不快にさせる」「自分が恥ずかしい」と、泣きたくないと常に思っているものの、我慢しようとすればするほど涙が出てしまうそうです。


泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 泣きたくないのに泣いてしまうことに悩みます……

 そんな中、「涙腺切除」について調べるなどしているときに、Q&Aサイトで同じ悩みを相談している人を見つけます。しかし、回答の中で多くの同意を得ていたのは「泣いてる場合じゃない」「みんながんばってる」「涙腺取っても言動は変わらない」といった内容でした。論点のずれを含んだ世間の声に、相談や打ち明けたりすることが怖くなったamさん。

 泣くのを「我慢すればいいだけのこと」と感じている人からすれば、泣いてしまう人は「その我慢ができない弱い人たち」と思われているという、認識の違いを思い知らされたのでした。


泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 「もう大人なんだから我慢が必要」という意見がベストアンサーに選ばれている現実

 漫画のまとめでは、怒られているときの泣いている側の頭の中は「ミスした自分が情けない」「次はここを見直して気をつけよう」など、自身のふがいなさと反省の念に押しつぶされ、その負の感情を涙として体外に吐き出すことで自分を保っていることを説明。またそのことが周りに迷惑だと自分でも思うなど、当人は己の過失にも気づいているとしています。

 そこで泣くことをとがめられるとさらにストレスによる悪循環に陥ってしまうので、泣いていることに関しては触れず、本来注意する予定だったことのみを叱る・注意する、つまり「勝手に泣かせておく」方が解決が早いと考えを述べています。ただし、泣かれた側がイライラしたりするのは当然で、理解してもらおうとすることも甘えだと思うとし、「こういう理由もあるのだと知っていただけるだけでいいです」と伝えています。


泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 「これからも泣かずに済む方法を模索し続けます」とamさん

 Twitterでは「気持ちものすごくわかります」と共感し「心が少し軽くなった」という声や、「私も全く同じ悩み」「困ることが多い」と、同様に泣いてしまうことで起こる辛い出来事についてのコメントが多く寄せられ話題に。また同時に、反対の立場から「知らなかったことを知れた」「考えをあらためようと思った」などの声も上がり、大きな反響を呼んでいます。

 amさんは後日、集まった声をまとめてさらに漫画を投稿。泣かない人からすぐ泣く人への印象では「責任感や向上心が強い」や「女をみせている」「男なのにみっともない」などの意見があり、すぐに泣いてしまう人からは誰にも相談できずに悩んでいたという声が圧倒的に多かったそうです。


泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 漫画に寄せられた意見まとめ。男性からの共感の声も多かったとのこと

泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 泣かれた側の声、泣けない人の声と、逆の人たちの声も

 最後に、“泣いてしまう人”と“泣かれてしまった経験がある人”の両方の声を拾い、「泣いていることを放置」するのは厳しいが、やめさせようとすると「泣いている側のストレスのはけ口が完全に閉ざされて」しまう現状があることを説明。その上で双方が思いやる行動が大切としつつ、「泣く側がなんとか対策を打つ方が相手のストレスを生まずに済みます」として、寄せられたアドバイスをまとめた一覧を作成しています。


泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 泣かれた側の人が行った対処方法を紹介

泣くことについて 涙もろい 泣き虫 アドバイス Twitter 泣いてしまう人へのたくさんのアドバイス。「HSP」などの体質についても紹介しています

 同ツイートには直接のリプライだけ(引用リツイート除く)でも700近いコメントが寄せられました。その声からも「泣いてしまうこと」で学校や仕事場で困っているという人は少なくないのがわかります。漫画でもあるように感情を殺して無関心になることが一番の解決法とは言えないので、自分のストレスの状況や体質を踏まえて「自分を責めすぎていないか見直す」等を試したり、環境によっては「自分はこういう体質なんだと自己申告しておく」など、挙げられたアドバイスを実行してみるのもいいかもしれません。




画像提供:am(@rrrucon)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」