コラム
» 2018年05月20日 11時00分 公開

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」 (3/3)

[辰井裕紀,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

20-24歳は1978年ごろと比べて横ばい

 まずは20-24歳から。最新2016年の年収(名目賃金)は258万4000円。実質賃金は258万6587円です。統計でいちばん古い1978年では、年収は170万3000円。これを実質賃金に直すと255万3223円。ほんの少しだけ2016年の方が多いです。

 ただ、その前年2015年の年収は252万5000円(実質賃金も同じ)で、1978年のものより低くなっています。これを見ると、20〜24歳での比較では、ほぼ横ばいと言っていいようです。


若者の○○離れ 名目賃金のトップは1997年で282万2000円、物価を勘案した実質賃金のピークはバブル最後期1991年の295万4400円。そのバブル期〜90年代と比べるとかなり減っている

35-39歳で、後れを取りはじめる……

 しかし、そろそろ賃金が増えてほしい35-39歳で比較すると、現代の世知辛さが浮き彫りになります。2016年の35-39歳は名目賃金が432万8000円、実質賃金は433万2332円とほぼ変わりません。

 対して1979年の35-39歳は名目賃金こそ313万4000円ですが、実質賃金は453万5455円2016年の方が20万円ほど少ないのです。その前後の年も同様に、昔の実質賃金が現在のそれをやや上回っています。


若者の○○離れ 給料が上がらず、実質賃金は下がった。さらに90年代との差は歴然

 いまの企業では、昇給の伸びを抑えようとする流れが多く出てきています。もしかしたら、いまの20-24歳が35-39歳になるころには、年収はもっと下降線をたどっているのかも知れません。


逃げ切れる世代? 55-59歳の実質賃金は……

 そして最後は55-59歳の年収を見てみましょう。

 2016年の名目賃金は493万6000円。実質賃金で見ても494万0941円です。これに対して、1978年の名目賃金は273万8000円、実質賃金は410万4948円。55-59歳では逆に2016年の方が80万円以上も上回るという結果に。

 昇給を下げる動きに飲み込まれずに定年を迎えられる、いわゆる「逃げ切れる世代」ということなのでしょうか。東京工業大学准教授の西田亮介氏によると、「年長世代の退職金を作るために若い世代の昇給が抑えられている」と言います。


若者の○○離れ 年配世代は80万円以上上がっている

国民年金保険料は100円、大学授業料は3万6000円だった!

 若者が得られるお金は昔とほぼ変わっていない一方で、若者が支払わなければいけないお金は増えています。非正規社員が増え、払うべき人が多くなっている国民年金保険料。1978年度は2730円でしたが、2017年度は1万6490円と、約6倍にも上がっています。

 実は1966年の12月まで、35歳未満は保険料が100円でした。当時と2017年の消費者物価指数の差を考えても3.91倍なので、いまの391円にしか当たらないことになります。

 さらには大学授業料も国立大学が1975年度の3万6000円から、現在は53万5800円に。私立大学も同年度の18万2677円から、2014年度の水準で86万4384円にまで跳ね上がっています。これでは奨学金の支払いなども大変です(※1)。

※1:1975年当時と2017年の消費者物価指数の差は1.86倍ほど




 「若者の○○離れ」という言葉は、単に若者がそれらから離れている事実のみを指す場合もあるので、一概に使用するのが悪いということではありません。ですがこの言葉が、消費しない若者を“皮肉って”使われる場合、「それにお金を使わないのは、若者の意識が低いわけではなく、必然なのです」と訴えたいところです。

 それと同時に中高年世代の「大卒初任給が非常に安かった(1970年の場合、実質賃金で12万6700円ほど)」「家族を育てる負担が大きかった」などの言い分も聞き、世代間の対話を深めていくことが理想的と言えるのかもしれません。


辰井裕紀


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.