コラム
» 2018年06月02日 12時00分 公開

「問題はない!! 15mまでなら!!!」 烈海王の水上走り、どうすればできる?【刃牙】

似たようなことは中国で行われているようだが……?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 『グラップラー刃牙』の烈海王は中国拳法の達人。その鍛え上げられた身体で、あるときは10tの釣り鐘をたたき割り、あるときは数mの黒曜石を素手だけで完全な球にたたき上げる。ちなみにネットスラングの「私は一向に構わんッッッ!」は彼のセリフである。

 そんな烈海王にこんなエピソードがある。

 死刑囚ドイルとの戦闘中、何やかんやあって気を失った烈海王は、戦っていたはずのドイルに警護されていた。目がさめるとそこには瀕死のドイルが仁王立ち。烈海王はドイルを治療するため、背中に担いで全速力で道場に連れ帰った……。


大きい川のイメージ

 問題はこの中のワンシーンで、ドイルを担いだ烈海王は道中の川を前にして、「問題はない!! 15mまでなら!!!」と川の上を走ったのである! 彼いわく、片足が沈み切る前にもう片足を出すことを繰り返すことで水上を移動できるという。いやそうだろうけどさ。

 烈海王の水上走りでは何が起きているのか?


水の上を走るということ

 「水の上を走る」という行為は、実際に中国に存在する。「水上漂」といい、板を縄でつなげたものを水に浮かべ、その上を走るらしい。


動画が取得できませんでした
YouTube「Weibo Official Channel」より

 これは新記録が出たときの映像で、このときは水上を実に125mも走ることができたという。



 原理としては烈海王のそれと同じだろう。板が沈み切る前に次の板に乗ってしまえば、沈むことなく前へ進むことができる。ただし、板が沈むのが遅いからできるのであって、普通に足が水に沈む時間で同じことができるとは凡人には到底思えない。しかも背中には格闘家の男を背負っているのだ。

 さすがに烈海王も難しいことは理解していたのだろう。走り出す前に「15mまでなら(できる)」と限定付きで宣言している。謙虚(?)な姿勢だ。

 この15mというのは、恐らく脚が沈みきって次の一歩が踏み出せなくなる限界なのだろう。体重が増えている分より沈みやすくなるので、それを加味しての15mという予想だと思われる。


水上を走るコツ(と思われる)

 なるべく脚が沈まないようにするには、足裏で水面をなるべく垂直に蹴って沈みに抵抗する必要がある。一方で、距離を稼ぐためには水平方向の推進力も要る。水上を走るには2つのバランスが重要になるだろう。

 烈海王はどのように走っていたのか。作中の描写から、彼は川幅を10mと目算し、そこから700〜800踏みで渡れると予測した。10mを750歩で進むなら歩幅は13cm。……13cm!?

 烈海王は身長176cm、体重106kg。作中ではもも上げのごとく脚を高く上げながら走っていたが、それにしても13cmは身長に比べて短すぎないか。

 水の上を走ったことがないので分からないが、水面は地面に比べて蹴ったときの衝撃が吸収されるので、垂直方向に蹴る力が想像以上に必要なのだろう。より垂直に蹴るため、もも上げのような運動になって歩幅が狭くなる。

 水の上を走るためには、走るスピードだけでなく、それ以上に水面を垂直に力強く蹴るパワーと技術が要る

 ……ここまで書いてきて、ちょっとあることに気付いてしまった。水の上を走らなきゃダメか?


烈海王の能力、そして判断力

 要するに幅10mの川を渡ることができれば、手段は何でもいいのだ。例えば走り幅跳びの世界記録はマイク・パウエルの8m95cmで、(着地のことを抜きにすれば)10mにかなり迫る。超人的な能力をもつ烈海王なら、というか水の上を走るキック力の持ち主なら、助走をつけて跳んでしまったほうがいい気がする。



 ただ、いろいろな出来事を経て、背中には瀕死の男を抱えた中での判断であり、冷静な判断が行えなかった事情は察する。あとこれはただの想像だが、瞬時に走れる限界の距離を見積もれたということは、水の上を走るのが得意で日頃からやっていたのだろう。たぶん。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」