コラム
» 2018年06月26日 11時30分 公開

「ゲームにハマって、プレイ中以外でも画面が頭に浮かぶ現象」の名前、知ってる?

“あの名作”なら仕方がない。

[ねとらぼ]

 ゲームに熱中したことがあるなら、誰もが一度はしている「プレイしていないときも、ゲーム画面が頭に浮かんでしまう」という体験。

 実はこの現象には、中毒性の高い“あの名作”を使った名称が使われています。



「ゲームにハマって、プレイ中以外でも画面が頭に浮かんでくる現象」の名前

 何時間もゲームに熱中した後、目をつぶっていたらその画面が見えてきたり、夢に出てきたりする現象の名前は「Tetris effect(テトリス効果)」。「(テトリスをプレイするときのように)現実世界の建物を動かそうとしてしまう」という例も知られていますが、心当たりがある人も多いかもしれません。



 認知科学の領域では研究も行われており、例えば「脳の損傷により、過去にプレイした人が思い出せない人でも、テトリスの視覚的なイメージが浮かぶ」などの報告がなされています。

 また、「テトリスをプレイすることで、PTSDに伴うフラッシュバックが軽減される」という研究も。この理由については「イメージを構成するには脳を使う必要があるが、その能力は有限。テトリス効果とフラッシュバックで、イメージを作り出す脳のリソースが競合する」などと説明されています。


テトリス効果を扱った研究。被験者にテトリスをプレイしてもらって、睡眠開始時にその視覚的なイメージが浮かぶかどうかを調べたもの


テトリスを使って、フラッシュバックを抑える研究

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声