「かぼちゃの馬車騒動」スルガ銀行員の“ローン偽装”指示LINEを入手  黒幕は計画倒産詐欺師と銀行か(1/3 ページ)

行員が送った不正指示LINEを入手。銀行からとは思えない指示が明らかに。

» 2018年06月27日 12時40分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」の経営破綻問題から明るみに出た「スルガ銀行不正融資問題」。ねとらぼ編集部では関係者を取材し、スルガ銀行の複数の行員がローンの審査を不正に通すために「通帳の改ざんを指示した上で添削」したり、「(実際の内容とは異なる)フリーローンの名目の指示」を行っているLINE画像を入手しました。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクトスルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト スルガ銀行の行員がウソのフリーローンの名目を指示するLINE。ローンの使用用途を行員が考えるという言葉も……(提供:加藤博太郎弁護士)

そもそもどういう問題なのか

 女性専用シェアハウスとして関東を中心に展開していた「かぼちゃの馬車」。土地や資金がなくてもシェアハウスのオーナーになれて、家賃収入を三十年間保証するとうたって出資者を集めた後、運営事業者が経営破綻し、多額のローンを抱えた被害者(シェアハウスオーナー)が生まれています。

 しかし被害に遭ったオーナーの多くは自己資金がほぼ0円の状態。一体どうやって土地代と建物の建築費を用意したのか。ここで出てくるのがスルガ銀行の不正融資です。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 不正融資問題に揺れるスルガ銀行(編集部撮影)

 まず販売代理店がシェアハウスなどの事業企画書を作成してオーナーを勧誘します。ある販売代理店は「月額賃料69万2000円を30年間保証する」として、オーナー(被害者)に土地を6100万円で、建物を3100万円で契約させました。これにより合計9200万円が必要となりますが、自己資金の乏しいオーナーは、銀行から融資を受ける必要が出てきます。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト 今回の騒動“スルガスキーム”を簡略に表した図(編集部作成)

 通常の銀行融資では、「自己資金が融資希望額の数割必要(銀行によってさまざま)」など厳しい審査の条件がありますが、今回の案件では「通帳のコピーを改ざんする」という前代未聞の手口で審査をすり抜けていたことを複数の関係者が指摘しています。

 スルガ銀行は融資の際に、通帳原本ではなく、通帳のコピーを提出させるという珍しい手法を採用しており、これを逆手に取った販売代理店が、画像加工ソフトなどを使って、さもオーナーに自己資金があるかのように見せかけていたのです。

 いうまでもなく、通帳のコピーを改ざんして銀行の融資を受けることは許されませんが、こうした加工は販売代理店がオーナーに無断で行っているケースも多く、問題が大きくなるまで改ざんを知らなかったというオーナーも少なくないようです。


スルガ銀行 スルガスキーム 不正融資 ガヤルド スマートデイズ スマートライフ かぼちゃの馬車 ゴールデンゲイン サクト スルガスキームの一例(編集部作成)

 こうしてスルガ銀行は9200万円の融資を認め、オーナーは月額69万2000円のサブリース(※)収入から月々42万円を返済し、毎月27万2000円の利益が得られる予定でした。ところが、運営会社「スマートデイズ」は経営の悪化を理由に、サブリース契約を一方的に解除。オーナーは得られるはずだった69万2000円の保証を失ったのにもかかわらず、毎月42万円の返済に追われています。

(※)サブリース事業……物件の所有者がサブリース会社(スマートデイズなど)に一括して物件を借り上げてもらう「転貸」のこと。「かぼちゃの馬車」の場合、「30年間定額の家賃を保証する」とうたっていた

 当初はスマートデイズの事業の見通しの甘さが原因と見られていましたが、事態が明るみに出るにつれて、スマートデイズ以外のサブリース物件(スルガ銀行融資)が同様の手口で破綻していることが発覚。シェアハウスの建築・管理を行っていたサクトインベストメントパートナーズ、ゴールデンゲイン、アパート経営を勧めていたガヤルドなどでも同様の被害が確認されています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」