コラム
» 2018年07月04日 11時00分 公開

「コシヒカリ」はカタカナなのに、「あきたこまち」はひらがなを使う理由

実は“命名ルール”があった。

[ねとらぼ]

 コシヒカリ、ササニシキ、あきたこまちなど、有名ブランド米の名前にはよくひらがな、カタカナ表記が使われていますが、実はこれには、かつて存在した“お米の命名ルール”が影響しているのだとか。

 今回は、そんなお米の雑学をご紹介します。

解説

 日本では明治時代から、国主導のもと米の品種改良が行われていましたが、戦後、都道府県もまた品種改良を手掛けるように。国、都道府県どちらが育成したものなのか区別できるように、1950年以降、新しい品種ができると以下のようなルールに基づいて名前が付けられようになったそうです。

  • 国が開発した品種:名前に「カタカナ」を使う
  • 都道府県が開発した品種:名前に「ひらがなか漢字」を使う

 このルールが維持されていた約40年のあいだに誕生したのが、コシヒカリ、ササニシキ、あきたこまちといったブランド米。現在は自由に名前が付けられるようになりましたが、「お米の名前」というと、これらの品種名が頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

 ちなみに、この“命名自由化”が行われた背景について、山形県庄内総合支庁によるセミナー内では「お相撲さんみたいな品種名が多くなってきてカタカナが使いにくくなり、制度改正が求められたから」と説明されています。

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する